「ペットロス・ペットロスの正しい知識は回復への鍵」カテゴリーアーカイブ

ペットロスカウンセラー川崎恵Morning Messageに「生きてみたい!」とのお返事

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

インスタで行なっている『ペットロスカウンセラー川崎恵のMorning Message』に、先日、以下のメッセージを投稿しました。

そしたら···
『生きてみようと思います』
ひとことメッセージを頂きました。

最愛の存在が旅立った時、「生きることがこれ程までに苦しいのか」と思い知らされますね。

でもね、大切な存在には生きて欲しいと願うものです。あなたが最愛の子に「生きて!」と願ったように、祈ったように。

そして今···
あなたの最愛の子も、あなたに「生きて!」と願っているはずです。懸命なエールをあなたに送っているはずです。

あなたが生きること
それは···
あなたにしか叶えられない
あの子の願い。

あなたの瞳で
あなたが生きるこの世界を
最愛の子に見せてあげてくださいね。

最後にもうひとつ。
心の片隅に留めおいてください。

最愛の子が旅立った後は、気持ちが前を向きにくいものです。ぐるぐると思考が巡り、正直「どうしたら良いか分からない」そんな状態になるものです。

そんな時は、ひとりで苦しまずに、お電話でお話ししましょう。誰かに話すだけで、少しだけ心がホッとしますから。
電話相談の詳細はこちらです。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロスヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================

【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

    お問い合わせフォーム

    *は必須入力項目となります。
    お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

    お名前 (*)

    メールアドレス (*)

    電話番号 (*)

    お問い合わせ内容 (*)

    メッセージ (*)

     

    ペットロスの方が「生きていても仕方がない」と言った時、家族のとるべき対応とは

    ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
    (詳しいプロフィールはこちらです)

    先日のブログで、ペットロスを優しく癒すヒーリングブック『Letter』を読んでくださったヨークシャテリアモモちゃんのお姉さんからの感想をシェアさせて頂きました。

    その感想の中で、お姉さんは一緒に暮らされるお母様への苦悩について、こんなお話をしてくださいました。

    『元々は元気で明るい母でしたが、モモが旅立ってからは人が変わったように笑わなくなり、気づくと泣いていて、「生きていても仕方がない」との言葉を繰り返してばかり。

    私もそんな母への対応にホトホト疲れてしまい、言いたくもない冷たい言葉を言い放っては自己嫌悪の日々』と。

    実は···
    「私なんて、生きていても仕方がない」との言葉は、最愛の子を見送った後、多くの方が言われるのですが、でも、その言葉を大切なご家族の口から聞いたら、とてもドキッとされると思うのです。

    モモちゃんのお姉さんが、ついつい叱咤激励してしまうのも、お母様を想ってのことであり、仕方のないことなのですが、お姉さんとしても、お母様の気持ちが痛いほど分かるからこそ苦しいのですね。

    今日は、ペットを見送られた方が「生きていても仕方がない」と言われた時、周囲はどのように対応したら良いか動画にまとめました。よろしかったらご参考にしてみてください。

    ペットロスカウンセラー川崎恵

    《ペットロスヒーリングブック”Letter”》
    公式HPはこちら

    《ペットロス継続ケアセッション》
    ◇継続セッションの特徴
    ・毎日のメール相談
    ・1週間1度のzoom相談
    ・オンライン上でのグループ相談会
    ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
    詳細はこちらです。

    《ペットロス 電話相談のご案内》
    辛いときは、いつでもご相談下さいね。
    ご相談の詳細はこちらです。

    電話相談は当日予約も可能です。
    対面相談も行なっています。

    ========================================

    【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
    サービスメニューはコチラ
    ペットロス相談は下記フォームから
    お気軽にお問い合わせください。
    必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
    ========================================

      お問い合わせフォーム

      *は必須入力項目となります。
      お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

      お名前 (*)

      メールアドレス (*)

      電話番号 (*)

      お問い合わせ内容 (*)

      メッセージ (*)

       

       

       

      ペットロス「絶望の中で辛うじて生きている」と感じる時に知ってほしいこと

      ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
      (詳しいプロフィールはこちらです)

      先日の記事「旅立った愛犬からのメッセージを受け取る自信がないママの大きな変化」でご紹介したトイプードルちょこまるのママ、ブログを読んで感想をくれました。

      『ブログを拝見しました。「ちょこまるさんがあの手この手で‥」とのコメントと共に描いたイラスト、私は描いたことを忘れていました。

      ブログの最後に絵を見た時、「えっ?こんなん描いたっけ?」と思いましたし、どのタイミングで描いたのかすら覚えていません

      ただ、この絵を見て思ったことは、今は描かないだろうということです。でも、これを描いた時の自分、今の何倍も苦しくて、しんどくて、それこそ惰性でようやく生きていたんだろなと思います。

      記録することは大事ですね。描いた時の気持ちにハッとさせられます。良い方向に変化している実感が湧き、何とも言えない想いに包まれました。』

      記録をするって大切ですね。
      記憶をしているからこそ、ご自身の変化に気づけますものね。

      今回、ちょこまるのママはご自身が描いたイラストを見返して「今の自分なら、この絵は描かないだろう」と言われました。それは、信じたくても信じることができなかった「ちょこまるとのつながり」を今、ママは実感出来ているからなのだと思います。

      そして、もう1点。
      私はママに伝えました。
      『ママはあの時、”惰性で生きていた”と言うけれど、むしろ”懸命に生きていた”のですよ』と。

      誰でもそうですが、希望に満ちているときは自然とエネルギーが湧き上がります。目の前のことにも果敢にチャレンジできます。

      でも、絶望の中にいるときは、ただ息をしているだけで必死に頑張っている状態なのです。たとえ、周囲にそのように見えなくても、ご自身の内側は必死に頑張っている状態なのです。

      だって「自分では命を絶つことは出来ないから、誰か殺してくれ」とまで思うとき、心身のエネルギーは枯渇していることでしょう。それでも必死にエネルギーをたぐり寄せて生きているのですから、これって、めちゃくちゃ頑張っていますよね?

      だから···
      たとえ今、「生きる意味を見出せず、絶望の中で、辛うじて生きている状態だ」と感じられていても、今のご自身を責めたりしないでくださいね。

      後悔があろうと
      罪悪感があろうと
      頑張って生きているご自身を
      責めることなく
      ときには褒めてあげてください。
      それだけ毎日を必死に生きているのですから。
      ペットロスカウンセラー川崎恵

      《ペットロスオンラインサロン》
      9月から毎週月曜日にZoomを通して
      オンラインサロンを始めます。
      詳細はこちらです。

      《ペットロス継続ケアセッション》
      ◇継続セッションの特徴
      ・毎日のメール相談
      ・1週間1度のzoom相談
      ・オンライン上でのグループ相談会
      ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
      詳細はこちらです。

      《ペットロス 電話相談のご案内》
      辛いときは、いつでもご相談下さいね。
      ご相談の詳細はこちらです。

      電話相談は当日予約も可能です。
      対面相談も行なっています。

      ========================================
      【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
      サービスメニューはコチラ
      ペットロス相談は下記フォームから
      お気軽にお問い合わせください。
      必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
      ========================================

        お問い合わせフォーム

        *は必須入力項目となります。
        お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

        お名前 (*)

        メールアドレス (*)

        電話番号 (*)

        お問い合わせ内容 (*)

        メッセージ (*)

        ペットロス・旅立った愛犬からのメッセージを受け取る自信がないママの大きな変化

        ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
        (詳しいプロフィールはこちらです)

        皆さんは、最愛の子が旅立った後、ご自身の心の変化を振り返ることはされていますか?

        振り返るって
        ときに大変しんどいものですね。

        毎日がただただ苦しく辛い時期は、振り返ることに「何の意味があるのか」と思われるかもしれませんが、実はとても大切なことなのです。

        ペットロス継続ケアセッションを受講くださっている方には月末に1ヶ月を振り返る時間を作って頂いています。その中でも、「ご自身が今、何を感じているか」その1点は、とても大切なポイントとしてみています。

        なぜなら「ペットロスで苦しい」と一言で言っても、そこにある想いは様々だからです。「不安」ひとつ例にとっても、時間の経過と共に「何に不安を覚えているか」その内容は変わります。後悔や罪悪感も同じです。怒りの矛先だって変わります。

        だから、ご自身が「今、何を感じているか」そこをぞんざいに扱わず丁寧に見ることが大切だと思っています。多分、そこを見ずして、ご自身が望んでいるペットロスの回復には近づけないと思うからです。

        例えば···
        先月、トイプードルちょこまるのママにアンケートで以下の質問をしました。

        「この1ヶ月でちょこまるから受け取ったギフトはありますか。そして今後、ご自身の気持ちがどのように変化したら嬉しいですか?」と。

        ママはイラストを添えて
        心の内を教えてくださいました。

        『”ギフト”と聞いて浮かんだイメージは、薪ストーブです。薪ストーブの穏やかな暖かさが、私を覆うガチガチの氷を溶かし始めた感じです。

        そして今後は、ちょこまるの愛と私の愛がしっかりと繋がっている感覚をどんどん得ていきたいと思っています』と。

        可愛いイラストですね。
        ちょこまるが一生懸命に薪ストーブを焚いています。ママを覆う氷もゆっくりと溶けはじめていますね。

        だけど···
        ママはギュって膝を抱えてうずくまっています。私は、そこがとても気になりました。

        確かに、ママからいただくメール内容はセッション当初から比べたら確実に変化しています。本当はこれだけでスゴイこと。でも、ママは「ちょこまるとの一体感」を感じたいのです。そこをペットロスのゴールとしているのならば、現状そこには達していません。

        ママに伺えば···
        ママは頻繁にちょこまるを感じるそうです。

        ただ、ママはそれをちょこまるとは思えない。私にその現象を話してくださる時は必ず「たまたまだと思うけど、こじつけかもしれないけど、偶然が重なったのかもしれないけど、気のせいだと思うけど」との前振りがつきます。

        信じたいのに
        信じられない状態。
        多分、この気持ちが無意識に、イラストに現れたのかな?と思いました。

        なので、ママに魔法の言葉を伝えました。「1ヶ月間、呟き続けてくださいね」との言葉を添えて。

        ママはその言葉を「シンプルだけど、とても良いメッセージ。優しいうえにシックリくる」と気に入ってくださり、心の中で何度も何度も呟いて下さいました。

        1週間後
        こんなメールを下さいました。

        『今日も何度か、影ような虫ような、ぽぽっと見える時もあれば、スーッと飛んで見える時もある、「ちょこる」を目にしした。

        以前は、それこそ「気せい」とか「こじつけ」などと思っていて、先生に、それはちょこるに失礼!と言われても、それでもなぁ‥と疑念で一杯でした。

        それがどうしてか、「お姉ちゃんはにちゃんを信頼してすよー!」「信頼しとるよ!!」と毎日何度も言うようになってから、小さな影なりスーッと動くもなりを見ると、「おっ凄い〜」とストレートに感じるようになりした。フッとする匂いに対しても同じです。

        今、これに疑念を持つと、ちょこるはおろか自分直感でも否定することになるで、それはそれでしんどいなと思いす。疑うことに無理がある感じるようになりました』と。

        描かれるイラストも変わりました。

        とても生き生きしています。
        つい先日までは、以下のような気持ちだったのに···。

        ペットロスへの向き合い方はみな違います。ご相談者様が一番向き合いやすい方法を見つけていくのがペットロスカウンセラーである私の役割と思っています。

        ペットロスは奥が深い。
        でも、全ては愛である。
        そして···
        必ず苦しみの感情に転換点は訪れる。

        ちょこまるのママ、これから更に変化していくことでしょう。ママが一番望んでいる「ちょこまるとの一体感」を確信へと変えていくために、あと2ヶ月共に歩きます。

        もし、最愛の子が旅立った後のペットロスに、どう向き合ったら良いか分からず悩まれているのなら、4ヶ月間一緒に歩きましょう。
        ペットロスカウンセラー川崎恵

        《ペットロスオンラインサロン》
        9月から毎週月曜日にZoomを通して
        オンラインサロンを始めます。
        詳細はこちらです。

        《ペットロス継続ケアセッション》
        ◇継続セッションの特徴
        ・毎日のメール相談
        ・1週間1度のzoom相談
        ・オンライン上でのグループ相談会
        ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
        詳細はこちらです。

        《ペットロス 電話相談のご案内》
        辛いときは、いつでもご相談下さいね。
        ご相談の詳細はこちらです。

        電話相談は当日予約も可能です。
        対面相談も行なっています。

        ========================================
        【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
        サービスメニューはコチラ
        ペットロス相談は下記フォームから
        お気軽にお問い合わせください。
        必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
        ========================================

          お問い合わせフォーム

          *は必須入力項目となります。
          お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

          お名前 (*)

          メールアドレス (*)

          電話番号 (*)

          お問い合わせ内容 (*)

          メッセージ (*)

          ペットロスで湧き上がる「怒り」の感情・間違いがちな対処法について

          ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
          (詳しいプロフィールはこちらです)

          先日公開した動画の中で、私は以下のような想いを吐露しました。

          ペットロスで感じる押し潰されそうな喪失感、後悔、罪悪感、怒りをどうしたら癒すことができるのだろう」と。

          ペットロスというと、深い悲しみや大きな後悔をイメージしますが、実は「怒り」の感情も強く湧きあがります。

          例えば
          担当獣医さんに
          ご家族に
          同僚に
          社会に
          事故であればお相手に
          そして、「自分自身」に怒りを抱きます。

          怒りの矛先が
          他者であっても
          ご自身であっても
          怒りはとても大きなエネルギーです。

          不慮の事故の場合は、「怒り」が唯一の生きるエネルギーになることもあります。それぐらいに大きなエネルギーだからこそ、その向き合い方に戸惑われているご相談者様も多いです。

          もし今···
          抑えきれないほどの「怒り」を感じられているのなら、どうか怒りを「悪」と捉えないでください。

          私たちは「感情を露わに出すことは大人気ない」と考える節があります。だから、無意識的に「怒りを出すまい!出すない!」としてしまうのです。でも、怒りのエネルギーは抑えようとする程に肥大化していきます。

          少し想像してみましょう。
          怒っている子供に「怒っちゃダメ!」と叱ったら、子供はどうすると思いますか?きっと、余計に怒るか、拗ねてしまうかです。

          怒るには理由があるのです。他人がどう思おうと、その方にとっては「訴えたい程の想い」が存在するのです。

          怒ることを制する前に、怒っていることを認め、「怒って良いよ」と伝えてあげてください。それだけで怒りのボルテージは緩まりますから。

          もし今、ご自身が怒りを抱えているのなら、ご自身の怒りを無視しないで「その気持ち、分かるよ。怒っていいよ」と受け止めてあげてください。誰よりもご自身がご自身の味方になってあげてくださいね。

          一番近くにいる「自分自身」に大切な想いを認めてもらえなかったら、それこそ切ないですものね。まずは、どんな感情も認めてあげること。全てはそこからはじめていきましょう。
          ペットロスカウンセラー川崎恵

          《ペットロスオンラインサロン》
          9月から毎週月曜日にZoomを通して
          オンラインサロンを始めます。
          詳細はこちらです。

          《ペットロス継続ケアセッション》
          ◇継続セッションの特徴
          ・毎日のメール相談
          ・1週間1度のzoom相談
          ・オンライン上でのグループ相談会
          ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
          詳細はこちらです。

          《ペットロス 電話相談のご案内》
          辛いときは、いつでもご相談下さいね。
          ご相談の詳細はこちらです。

          電話相談は当日予約も可能です。
          対面相談も行なっています。

          ========================================
          【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
          サービスメニューはコチラ
          ペットロス相談は下記フォームから
          お気軽にお問い合わせください。
          必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
          ========================================

            お問い合わせフォーム

            *は必須入力項目となります。
            お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

            お名前 (*)

            メールアドレス (*)

            電話番号 (*)

            お問い合わせ内容 (*)

            メッセージ (*)

            ペットロス「朝、目覚めることが辛い方へ」

            ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
            (詳しいプロフィールはこちらです)

            お盆明けって
            お休み明けって
            なかなか日常生活に戻れないものですね。

            気持ちも
            身体も
            動かなくて

            朝起きることが
            ものすごくしんどいなぁ···
            そんな風に思うことはありませんか?

            目が覚めても
            愛する子の姿が見えなくて

            いっそのこと
            覚めないでいてくれたら
            どんなに良いだろう···
            そんな風に思うことはありませんか?

            今日は「朝が辛いな」と思われている方に私がインスタグラムで投稿しているメッセージをシェアしますね。


            身体が辛いとき
            心が辛いとき
            鞭を打ってまで
            頑張る必要なんてないです。

            ただひとつ
            ただひとつだけ
            心に留めていただけたら嬉しいです。

            あなたが最愛の子に「生きて!」と願ったように、最愛の子もまたあなたに「今日を生きて!」と願っているはずです🍀
            ペットロスカウンセラー川崎恵

            《ペットロスオンラインサロン》
            9月から毎週月曜日にZoomを通して
            オンラインサロンを始めます。
            詳細はこちらです。

            《ペットロス継続ケアセッション》
            ◇継続セッションの特徴
            ・毎日のメール相談
            ・1週間1度のzoom相談
            ・オンライン上でのグループ相談会
            ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
            詳細はこちらです。

            《ペットロス 電話相談のご案内》
            辛いときは、いつでもご相談下さいね。
            ご相談の詳細はこちらです。

            電話相談は当日予約も可能です。
            対面相談も行なっています。

            ========================================
            【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
            サービスメニューはコチラ
            ペットロス相談は下記フォームから
            お気軽にお問い合わせください。
            必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
            ========================================

              お問い合わせフォーム

              *は必須入力項目となります。
              お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

              お名前 (*)

              メールアドレス (*)

              電話番号 (*)

              お問い合わせ内容 (*)

              メッセージ (*)

               

               

              ペットロス「お盆明けは寂しさが増す」だからこそ心に集中して感じるワーク

              ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
              (詳しいプロフィールはこちらです)

              毎日暑い日が続いていますね。
              そして、もうすぐお盆ですね。お盆が近づくとペットロス相談でも「新盆を迎えられる方」からのご相談が多くなります。

              『お盆にあの子が帰ってくると思うと嬉しいけれど、お盆が明けたら再び手の届かないところに行ってしまう。数日の間で起こる気持ちの落差に自分は耐えられるか心配です』とお話くださる方が多いです。

              ペットロス継続ケアセッションを受講くださっている皆さんも今年新盆を迎えます。なので、今週月曜日のZoom会では、再び受講者皆さんで「感じるワーク」をしました。

              今回は、皆さんに「最愛の子に伝えたい想いを考えておいてください」と宿題を出させていただき、ワークの中で想いを伝えました。

              今回のワークも、皆さん、いろいろなことを感じられたようです。感想をいただいているのでシェアさせて頂きますね。

              シーズーショコラのママ
              『今日のワークはとても心が暖かく、ショコラを感じる事ができました。いつものようにショコラに話しかけながら始めたのですが、思ってたよりも早くにショコラは、存在をアピールしてくれました。

              突然くる涙は、ショコラがすぐそばにいる証拠だと思えるようになりました。

              なので···
              「ショコラ〜急に来たねー」「ショコラ〜今ここにいるねー」と思いながら、手を合わせたので久しぶりにゆっくりジワーッと出てくる涙でした。とてもいい時間でした』

              文鳥ピーちゃんのお姉ちゃん
              『ピーちゃんに何て声をかけよう?と考えて、私が1番伝えたい事、1番聞いて欲しい事は、やっぱり「助けたかったんだよ!」という事でした。

              助けたかったというか「あの時、ピーちゃんの事、見捨てたんじゃないよ!助けたかったんだよ!それだけはわかってね!」と、伝えたいというよりは、訴えたいというか、言い訳みたいな・・・なので、手を合わせるワークの暖かさ、穏やかな感じとは、私のはちょっと違うのかも・・・と思いながら、それでもピーちゃんに届くように願いながら手を合わせました。

              私の中に「私のせいで・・・」という思いが強くあるので、ピーちゃんを感じるのがまだ難しいのかな?と思います。これではピーちゃんに申し訳ない、と思います。ピーちゃんに私の気持ちが届くように、「ありがとう」という気持ちを大切にしていきたい、と思いました』

              トイプードルちょこまるのママ
              『今日に限らず、何かで疲れ、ちょこまるに意識を向ける時間が削られることに、イライラしたり落ち込んだり焦ったりが、特に8月に入ってから増えたように感じます。

              でも、例えこのような状況でも、ワークをしている間だけは、暫しの安息時間でした。表現が難しいですが、深海のようなところにスーッと入っていく感覚です。

              ピーちゃんはママのお肩にちょこんと乗っている、ショコラちゃんはママのお膝、ショコラちゃんは先生のお膝、それは当然だと、寧ろ自然なことと確信しました。

              それなのに、自分はやはり、ちょこまるに対してそう思い切れていないのです。心のどこかで、ちょこまるは私の側以外ないでしょ!当然でしょ!と思える感覚はあるのですが、その感覚を自分で疑うことも当然になっている感じです。

              今日のZoom は、同じ悲しみを経験している方と接することができ、静かで優しい時間を過ごせました』

              皆、ワーク中に様々なことを感じられていますね。

              感じるって、特別なことではありません。特殊な能力も必要ありません。集中して意識を向けることで、誰にでも出来ることです。

              ただ···
              「難しいな」と感じる方もいらっしゃるかと思います。

              安心してくださいね。
              それは「感じること」に慣れていないだけです。私たちは日常の中で「感じる」ということを疎かにしがちです。目の前の出来事を感じ入ることなくスーッと流してしまう。だから、感じることに慣れていない。

              それだけのことです。
              練習すれば誰にでもできることなのです。

              感じること。
              感じたことを肯定していくこと。
              この2つを皆でこれからも練習していきたいと思います。これが出来たら、お盆が明けてしまう寂しさが半減するはずだから。

              さぁ日常の中に取り入れていきましょうね🍀
              ペットロスカウンセラー川崎恵

              《ペットロス継続ケアセッション》
              ◇継続セッションの特徴
              ・毎日のメール相談
              ・1週間1度のzoom相談
              ・オンライン上でのグループ相談会
              ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
              詳細はこちらです。

              《ペットロス 電話相談のご案内》
              辛いときは、いつでもご相談下さいね。
              ご相談の詳細はこちらです。

              電話相談は当日予約も可能です。
              対面相談も行なっています。

              ========================================
              【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
              サービスメニューはコチラ
              ペットロス相談は下記フォームから
              お気軽にお問い合わせください。
              必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
              ========================================

                お問い合わせフォーム

                *は必須入力項目となります。
                お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                お名前 (*)

                メールアドレス (*)

                電話番号 (*)

                お問い合わせ内容 (*)

                メッセージ (*)

                 

                ペットロス電話相談「心を少しでも楽にしたい」とお話くださったママへ

                ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                (詳しいプロフィールはこちらです)

                まめちゃんのママへ

                昨日はお電話をくださり有難うございました。「少しでも心が楽になりたい」と事前アンケートに心の内を書いて下さいましたね。

                最愛のまめちゃんが旅立って、まだ数日。きっと、まめちゃんの姿が見えないことが嘘のようで、気づけば姿を探してしまう···そんな時もあることでしょう。

                ママ、昨日の電話相談の中で「受話器を切ったあと、2つのことを覚えておいて下さいね」とお話しさせて頂きました。改めて、ここに書いておきますね。辛いときの参考にしてください。

                まず、ひとつ目は···
                思いっきり悲しみ、そして、たくさん泣いて下さいね。

                私たちは大人になると泣くことを「悪いこと」のように思ってしまいがちです。でも、涙って、愛する子への想いが心から溢れて、「涙」という形になったのです。まさに、涙とは我が子を想う「愛」です。悪いことではないですよね?

                そして、これから周囲の方がママを心配して「いつまでも泣いていては、マメが成仏できないわよ」と言葉をかけてくださることもあるでしょう。心配してくれている故のことですが、ママの涙がマメちゃんの成仏に影響を与えることってないと思うのです。もしそんなことがあったら、怖くて、誰も安心して死ねないです。ママの気持ちはママのもの。思いっきり悲しんで良いのですよ。

                悲しみを我慢することは、心に大きな負担をかけることになります。ペットロスを長期化させてしまう原因にもなりますので、悲しむ時期には、思いっきり悲しむことに集中して良いのですよ。

                ふたつ目は
                しばらく悲しみが続くことを知っておいて下さいね。

                ペットロスの悲しみは、我が子を失った悲しみに匹敵します。特に女性は母性もありますし、お世話も多くしますから、見た目はワンちゃんやネコちゃんであっても、その子は掛け替えのない我が子となり、ご自身は「母」になるのです。

                我が子を失ったお母さんの悲しみは深いものです。そんな短時間で心がスッキリとする訳がないのです。

                悲しみはしばらく続きます。「前向きに考えられるようになったかな」と思っていたら、次の瞬間にドン!と落ち込んでしまうような、心の揺れが起こります。心は様々なことに反応しますから、それこそ、お天気にだって影響を受けるのです。

                なので、悲しみが続くことを知っておきましょう。悲しみが続くと知っていれば、心が癒えないことに対して必要以上に不安にならずにすみます。ペットロスの回復に大切なことは、安心して悲しむことです。知識が心を支える側面も大きいので、心の片隅に留めておいて下さいね。

                焦らない。
                焦らない。
                ゆっくりいきましょう。

                辛くなったらご連絡くださいね。
                またお話しましょう🍀

                *最後に···
                今回のアドバイスは、マメちゃんのママのお話を伺い、マメちゃんが旅立った時期、そして、ママの現在の状況からアドバイスした内容になります。全ての方に適したアドバイスではありませんので、ご了承くださいませ。
                ペットロスカウンセラー川崎恵

                《ペットロス継続ケアセッション》
                ◇継続セッションの特徴
                ・毎日のメール相談
                ・1週間1度のzoom相談
                ・オンライン上でのグループ相談会
                ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
                詳細はこちらです。

                《ペットロス 電話相談のご案内》
                辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                ご相談の詳細はこちらです。

                電話相談は当日予約も可能です。
                対面相談も行なっています。

                ========================================
                【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                サービスメニューはコチラ
                ペットロス相談は下記フォームから
                お気軽にお問い合わせください。
                必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                ========================================

                  お問い合わせフォーム

                  *は必須入力項目となります。
                  お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                  お名前 (*)

                  メールアドレス (*)

                  電話番号 (*)

                  お問い合わせ内容 (*)

                  メッセージ (*)

                   

                   

                   

                  ペットロス「亡き子を感じられないと思っている?」皆で”感じるワーク会”開催

                  ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                  (詳しいプロフィールはこちらです)

                  先週末はペットロス継続ケアセッションの受講者さんと「みんなで感じるワーク会」をZoomにて開催しました。

                  とっても楽しかったです。
                  と言うか···
                  暖かく感動的でした。

                  私たちは、どうしても···
                  目で見えるものを「ある」とし、見えないものを「ない」と捉えることが多いです。そして、見えないものを見える人は「特別な能力がある人」と捉え、そうでない人を「普通の人」として捉えてしまいがちです。

                  「ある」と「ない」
                  「見える」と「見えない」
                  「特別な人」と「普通の人」

                  それは本当なのか????

                  私たちは、旅立った子が「見えない」から「いない」と捉え、また、ご自身に「特別な能力がない」から「大切な子を感じられない」と思い込んでいるのではないでしょうか。

                  今回のワークは、まず「そういう考え方は取っ払おう」というところから始め、私の声の誘導でイメージを膨らませながら、ゆっくりと手を合わせるワークをしました。

                  みんな、ちゃんと感じられました。

                  トイプードルちょこまるのママは、ワークの間、こんな感じを抱いたそうです。イラストにして下さいました。ママもちょこまるもピッタリ寄り添って、幸せそうですね。ちょこまるのお手手から”ママ、大好き”が伝わってきます。

                  そして、『ちょこまるの匂いまでフワッとするような温かさを感じていました』という感想をくださいました。

                  文鳥ピーちゃんのお姉ちゃんは以下のような感想を下さいました。
                  『「信じる」って大切ですね。「どうせ出来ない・・・」って諦めるのは間違いだな、と思いました。

                  「ピーちゃんと繋がれる、ピーちゃんを感じる」このワークは、確かに他の人には出来ない、私にしか出来ないんですよね。

                  たとえ目には見えなくても、私が忘れない限り、私が思い続ける限り、私の心の中にピーちゃんは居てくれるんですね。絆って、こういう事なんでしょうね。少しずつでも、続けていく事が大事なんですね。「暖かい」っていいな、と思いました』と。

                  おひとり、おひとりが感じた感覚が全てです。ふわっと最愛の子の匂いを感じた。暖かさに包まれた。大切な子と繋がれた。絆を実感できた。そう、それが、その瞬間の真実です。

                  たまたまじゃない。
                  偶然じゃない。
                  自信を持って良いのですよ。

                  皆が心地よい時間を過ごせて、最愛の子との絆を感じられて、私も嬉しかったです。また、みんなでワークしましょうね。
                  ペットロスカウンセラー川崎恵

                  《ペットロス継続ケアセッション》
                  ◇継続セッションの特徴
                  ・毎日のメール相談
                  ・1週間1度のzoom相談
                  ・オンライン上でのグループ相談会
                  ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
                  詳細はこちらです。

                  《ペットロス 電話相談のご案内》
                  辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                  ご相談の詳細はこちらです。

                  電話相談は当日予約も可能です。
                  対面相談も行なっています。

                  ========================================
                  【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                  サービスメニューはコチラ
                  ペットロス相談は下記フォームから
                  お気軽にお問い合わせください。
                  必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                  ========================================

                    お問い合わせフォーム

                    *は必須入力項目となります。
                    お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                    お名前 (*)

                    メールアドレス (*)

                    電話番号 (*)

                    お問い合わせ内容 (*)

                    メッセージ (*)

                     

                     

                    ペットロス相談「ペットロスの苦しみから抜け出せない!どうしたら良い?」

                    ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                    (詳しいプロフィールはこちらです)

                    ペットロス相談の中で「ペットロスから抜け出せない。この苦しみを癒す方法を教えて下さい」とご質問を頂くことが多いです。

                    このご質問にスパッと答えられたら良いのですが、なかなか難しいのが現実です。

                    なぜなら···
                    「これをやったら抜け出せる!」というペットロス克服マニュアルがないからです。むしろ、こんなものがあったら怖いです。

                    例えば···
                    「泣くことを我慢せずに思いっきり泣きましょう!」とアドバイスしても、泣けない方だって大勢いらっしゃいます。泣けないのには泣けない理由があるのです。泣けないくらいに抱えている大きな想いがあるのです。そこを無視して「ただただ泣きましょう」と言っても、それは心にハードな課題を課すだけだけになってしまうのです。

                    例えば···
                    大きな大きな後悔を抱えられている場合、何としても「その後悔だけは克服したい」と思いがちです。もちろん、それが心情なのですが、大きな後悔ほどダイレクトに克服することは非常にエネルギーがいるものです。最愛の子を喪失した後は心も体も疲弊しているからこそ、向き合う順番が非常に大切なのです。

                    ペットロスとは、とても繊細なものです。細やかな心のヒダを壊すような触れ方をしては絶対にいけないものだと私は思っています。

                    ペットロスカウンセラーとして「ペットロスをどうやったら克服できるか」との質問に対しては、まず「その方を知ること」からはじめます。そうでなかったら、答えられないのです。

                    ”その方を知る”とは···
                    「どんな後悔を持っているのか。何が苦しいと感じているのか」そこだけじゃないんです。もっと、その奥が大切なのです。

                    その方の性格や環境はもちろんのこと、幼少期のトラウマが影響していることもありますし、ご両親との関係性に大きなヒントが隠れている時もあります。

                    もっと言えば···
                    その方の得意なことが、ペットロスに向き合う上で大きな助けとなることも多いのです。

                    例えば···
                    「あの子が旅立ってから真っ暗闇のトンネルの中にいるようだ」と言われていた方は、そのトンネルの中の変化を綴ることで、ペットロスからの克服に繋げられました。

                    例えば···
                    今、ペットロス継続ケアコースを受講してくださっているちょこまるのママはイラストを描かれはじめました。ここが大きな変化のポイントになると私は思っています。

                    例えば···
                    文鳥ぴーちゃんのお姉ちゃんは、私からの”問いかけ”にそれは丁寧に向き合ってくださっています。安心して悲しみに向き合う環境と状況に応じた課題への取り組みが、必ず変化に繋がると思っています。

                    「ペットロスを如何に克服するか」
                    悩まれている方の背景も知らずに

                    無責任に答えるわけにはいかないのです。

                    たくさん話をして、いろいろ試行錯誤を繰り返しながら、その方らしい克服方法を見つけていくことが一番良いと思っているからです。

                    まどろっこしいかもしれませんが、そのような方法でよろしかったら、ぜひ一緒にあなたの心に優しい向き合い方を探していきましょう(継続ケアコースの詳細はこちら
                    ペットロスカウンセラー川崎恵

                    《ペットロス継続ケアセッション》
                    ◇継続セッションの特徴
                    ・毎日のメール相談
                    ・1週間1度のzoom相談
                    ・オンライン上でのグループ相談会
                    ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
                    詳細はこちらです。

                    《ペットロス 電話相談のご案内》
                    辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                    ご相談の詳細はこちらです。

                    電話相談は当日予約も可能です。
                    対面相談も行なっています。

                    ========================================
                    【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                    サービスメニューはコチラ
                    ペットロス相談は下記フォームから
                    お気軽にお問い合わせください。
                    必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                    ========================================

                      お問い合わせフォーム

                      *は必須入力項目となります。
                      お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                      お名前 (*)

                      メールアドレス (*)

                      電話番号 (*)

                      お問い合わせ内容 (*)

                      メッセージ (*)