プロフィール

ブログ毎日更新:ペットロスカウンセラー川崎恵のDiary

悲しみを優しさに変えていきたい!

幼少期より動物が身近にいる環境で育ったため、いつしか「動物のために働きたい・動物を愛する人のために働きたい」と思うようになりました。
2005年に日本ペットロス協会にて2年間ペットロスについて学び、その後6年間のボランティア経験を積み、2013年にペットロスカウンセリングサロン・cher ange(シェール・アンジュ)を立ち上げました。

今やペットは、掛け替えのない我が子です。人間の子供と何ら変わりない愛情を注ぐ方が多いです。ただ、人間の子供と違うことは、親が子の看取りをするということ。これほどに苦しいことはありません。

人間の子を亡くした方に寄り添う社会があるように、私はペットロスカウンセラーとして最愛のペットを亡くした方に寄り添う優しい社会を創りたい。

・どんな想いも受け止め続けるカウンセラーでありたい。
・亡き子への想いを安心して語れる場を届けたい。
・悲しみを優しさに変える時間を届けたい。
・ひとりではない安心感を届けたい。
・生きる勇気と希望を届けたい。

それが、「動物のために働きたい、動物を愛する人のために働きたい」とペットロスカウンセラーを志した私の使命であると思っております。

アレン・M・ショーン名誉博士からの推薦

2017年『世界で最も影響力のある獣医師15名』に選出されたアレン・M・ショーン名誉博士から日本で唯一ペットロスカウンセラーとしての推薦状を頂きました。

≪推薦状和訳≫
恵さんは、愛情深く、心優しく、しかも熱い情熱を秘めた方です。そして彼女と私には、共通点があります。動物に対する愛情と、動物にかける情熱です。私自身は、それゆえに獣医師となり、なかでも代替医療の草分けとして知られるようになりました。恵さん自身は、その愛情と情熱ゆえに、早くから日本でペットロスのカウンセリングに取り組まれています。

10年以上ペットロス・カウンセリングに携わるなかで、恵さんは、ペットロスを乗り切るためには、単に飼い主の悲しみを癒すだけでなく、死がすべての終わりではないことに気づいてもらうことが大切だと、思い至ったそうです。死をきっかけとして生をまっとうすることを知ってほしいという思いで、飼い主さんにカウンセリングを行っているそうです。

そのような恵さんのカウンセリング対象は、ペットを亡くした飼い主さんにとどまりません。病気のペット、死に直面しているペットとの関係をより充実させるカウンセリングも、彼女の得意とするところです。愛するペットが死んでしまうことを恐れるのは自然なことですが、恵さんはその恐れに向き合い、限られた命だからこそ一瞬一瞬を存分に生ききるよう、導いてくれます。死は誰にも訪れるものですが、愛、感謝をもって死を受け入れるよう、優しく手をさしのべてくれるのです。

専門的な訓練を積んだペットロスカウンセラーである友人、川崎恵さんのご活躍を、応援しています。彼女は愛情深く、そしてビジョンを持っています。彼女の取組みは、私たちが死生観を変容させ、より充実し、愛情に満ちた生を全うする助けとなります。生きとし生けるものはすべて深いレベルでつながっています 。そのことを分かっている恵さんのカウンセリングは、ペットの死を悲しむ飼い主さんがより大きな愛を知るきっかけとして、悲しみを受け止める助けになります。彼女の取組みは、飼い主さんとペットのみならず、その周囲の方々にもよい影響をもたらすでしょう。ひいては、愛に満ち、健全で、幸せな世界を創造することにもつながると思うのです。
アレン・ショーン

活動の場

ペットロスカウンセリングサロンcher angeでのペットロスカウンセリングの他、2015年よりカウンセリング会社ボイスマルシェにてペットロス専門相談員として参加。
2017年よりAllAboutにて犬ガイドとして参加。

日々、深夜2時まで電話カウンセリングを受け付けており、また対面カウンセリング、ペットロス分かち合い会、ペットロスを学ぶお話会、ラジオ配信などを行っている。

活動報告

・電話、対面にてのペットロスカウンセリング
(毎日朝8時から深夜2時まで受付)

・ペットロスの分かち合い会   毎月29日開催
『想いを分かち合う同事会Nikukyuカフェ』

・ペットの介護を支える方の為の相談会
『我が子を想うママを支えるこころの相談会』

・ペットロス勉強会
『ペットとの毎日がもっとHappyになるお話会』
『ペットロスを知って優しくこころをケアする会』

・動物病院主催 ペットロス講習会
『ペットロスを知ることは必ず救いとなるんだよ』

・終活から祝活(しゅうかつ)へ
祝活メソッドお話会
『ペットとの幸せ実感値を上げていく体感お話会』

・パン教室 愛犬と飼い主さん向けパン教室
『ワンコもママも喜ぶパン教室』

・撮影会
『幸せをカタチに!ペットと家族写真を撮ろう』

ペットロスカウンセラーになったきっかけ

現在のようにエキゾチックアニマルを専門に診てくれる病院がない時代に、大切にしていたリスが命の終わりを迎えようとしていました。

今のようにインターネットで簡単に情報を集めることができない中、やっとの思いでたどり着いた病院で「今度飼うときは、犬か猫にしなさい」と一言だけ言われ、ゲージからリスを手にとってもくれず、診察を終えられたことがありました。

その時、「獣医さんは、人の心は救わないんだ…」と思いました。そして、私は「動物を愛する人のために働きたい」と思いました。

動物と動物を愛する人のために働きたい!

動物愛護センターが今ほど市民に開かれていない時代にボランティアをしたいと問い合わせたところ、断られたことがありました。その経験が「人間の身勝手な行動で命を絶たれる動物達に私は何ができるだろう」と考えるきっかけを与えてくれました。

私は、命を捨てる人に啓蒙活動をするよりも、愛するペットを亡くされた方の心のケアをすることが、動物たちに明るい未来を作れるのではないか…と考え、「動物たちのために働きたい」と思うようになりました。

====================================================
カウンセリングのご依頼、執筆・登壇のご依頼は以下の問い合わせフォームよりよろしくお願いします。
みなさまからのご連絡、お待ちしております。
====================================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)