川崎恵 のすべての投稿

こころに優しいペットロス講座『子供のペットロス・適切な対応とは』

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

先日、ヒーリングブック『Letter』に感想を寄せてくれた柴犬マメちゃんのお母さんへのお返事で、子供たちがペットロスになった時、周囲の大人やご家族がどのように対応したら良いかお伝えしました。

子供にとってペットの死とは、初めての死別経験にあたることが多いです。そして、子供の年齢にもよりますが、子供にとってペットとは単なる動物ではなく、兄弟のように、友達のように心を交わす「特別な存在」であることが多いです。

だからこそ、その存在を失った時の心のケアはとても重要なのです。ご家族や周囲の大人の方には、丁寧に優しく、そして根気よく子供たちに向き合ってあげて頂きたいと思います。

子供がペットロスになった時の対応について、動画にまとめました。もし良かったら、ご参考にして下さい。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

 

 

子供のペットロス/柴犬の旅立ち、ペットロスになった小学5年の女の子にお母さんが贈った『 Letter』

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

ペットロス・ヒーリングブック『 Letter』をご購入くださった柴犬マメちゃんのお母さんから『 Letter』の感想を頂きました。

マメちゃんのお母さんは、この『 Letter』を小学5年生の娘さんにプレゼントにされたそうです。実は、娘さんはマメちゃんが旅立ってから喪失感が大きすぎ、学校に行けなくなってしまったとのこと。

姉弟のように成長してきたからこそ、娘さんが受けた心の衝撃はご両親の想像をはるかに超えたものだったそうです。

お母さんのご了解の元、お送りいただいた感想を動画にてシェアさせて頂きました。そして、子供がペットロスになった時の家族の対応」についてもお伝えしています

この対応は「子供たち」に限定したものではなく、最愛の存在を見送った時、多くの方に実践して頂きたいものです。

もし今、悲しみの渦中にいらっしゃるなら、ご自身がペットロスに向き合うスタンスとしてお役立て頂けたらと思います。よろしければ、動画を覗いてみてくださいね。

ただ···
ただ···
動画撮影には慣れておらず、めちゃくちゃ噛んでしまいました💦全身カチコチ、もっと気持ちを楽にして臨まないと皆も疲れちゃうよね···と反省しきりです。

懲りずにアップしていくので、お付き合い頂けたら嬉しいです。また、『 Letter』の感想も皆さん、ぜひお聞かせくださいね🍀
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

 

 

ペットロスのゴールは人それぞれ「最期の日に後悔を持っていたママの変化」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今、4ヶ月のペットロス継続ケアセッションで最終局面に入られている方が多いです。先日、シーズーのショコラママがメールでこんなお話をしてくれました。シェアさせて頂きます。

『今日の夕方、くるみちゃんの保護団体の人が書類持ってきてくれました。その時にくるみちゃんを見て「今までで1番可愛い!
もう怯えた顔してないし、表情がすごくよくなった、ありがとう」と言ってくれました。すごく嬉しかったです。くるみちゃんは、我が家にきてから毎日表情が変わるので、とても楽しいです!

ショコラが私の胸の中にすっぽり入って見守ってくれてるので、すごく安心できます。ほんとに私が幸せだと、ショコラも幸せで、喜んでるなーと感じます。

ショコラが胸の中にいて、くるみちゃんが腕の中にいて、私はとても幸せな人生です。

先日『Letter』を読む前、ショコラに「久しぶりに会いたいよ。夢に出てきてよ」と頼みました。

そしたら···
「ちゃんと胸の中にいるやろー。ちゃんとショコラ型にすっぽり入ってるからいつも会ってるんやで!」と言われたように感じました。これが、私の問いかけに対してのショコラからの答えだと心から思いました。』と。

ショコラママは、継続ケアセッション中にくるみちゃんという保護犬を家族に迎えました。

実は、ママから継続セッションが始まってすぐに「保護犬を迎えたいけど、どう思いますか?」とのご相談を頂きました。きっと、ママとしては、私に「いいと思いますよ」と背中を押してもらいたい気持ちもあったと思うのです。でも、私は「今はそのタイミングではないように思います」と答えました。

それから暫くして、ママは何かに突き動かされるようにボランティアに出かけるようになりました。そして、いくつかのボランティアをした後、保護団体がレスキューした犬の預かりボランティアをすることになったのです。

ママが初めて預かりボランティアしたのがトイプードルのくるみちゃんです。くるみちゃんとの生活が始まり、暫くした頃、ママはくるみちゃんを家族に迎えようかと考え始めました。

「くるみちゃんを家族に迎えること、どう思いますか?」とママに相談された時、私はこんな話をしました。「くるみちゃんをショコラと比べてしまうかもしれない。余計に苦しく感じることもあるかもしれない。その覚悟も含めて、迎えますか?」と。

ママは深く考えて、考えて、くるみちゃんを家族に迎えました。いまのママ、ショコラとくるみちゃんを全く比べたりしないんです。本当に2匹をそれぞれを愛しています。

継続セッションの中でママとは毎日メールを交換し、毎週Zoomで話しをしてきました。そして、ママの変化を目の当たりにさせてもいました。この4ヶ月の日々はとても濃密で、本当に4ヶ月だったのだろうか?と思うほど多くの物語がありました。

ペットロスのゴールって、人それそれです。その人が望むゴールであれば、どんな形であっても良いと思っています。

ただ···
これは完全に私のエゴなのですが、やっぱりご縁あって共に数ヶ月を歩む方には「笑顔になって欲しい」と思ってしまいます。

でも、ホント、今回ママも書いて下さっていますが、ペットロスを経験したあと向き合うことで「幸せに思うようになった」と言ってくださる方が多いです。

私のエゴです。
でも、ペットロスのゴールを「幸せ」という言葉が自然に出るところまで、向き合って、向き合って、たどり着きたい。

ショコラママも大きな大きな後悔を抱いてました。泣いて、泣いて、泣いて、初めてZoomでお話したときは、ずっと下を向かれてお顔が見えない状態でした。真っ暗な部屋で電気もつけられず、ただただ夕日を眺めていました。そこからのスタートでした。

そのママが「私は幸せな人生を歩んでいる」と言えるようになった。ムフフ···って嬉しそうに笑う。ショコラとくるみちゃんを「愛しくてたまらない」と自慢してくれるようになった。「ショコラは私の守り神で、いつでも一緒にいてくれる。導いてくれている」と確信を持って言えるようになった。「後悔が私に大切なことを教えてくれた」と抱いていた後悔にすら感謝をされるようになった。

ママのこんな姿を見せてもらえて、私は幸せです。私こそ幸せです。頑張って向き合い続けてくてたママに感謝でしかないです。

ペットロス、それは苦しいです。でも、どうか諦めないで欲しいと思います。決して、1回や2回のセッションで気持ちを軽くしますなんて言いません。なぜなら、「後悔」ひとつとっても、時間の経過と共に内容が変わって湧き上がるからです。

私は最低でも4ヶ月の時間を頂いています。苦しみの渦中にいらっしゃる方には4ヶ月って、めちゃくちゃ長く感じると思うのです。でも、それでも「今は見えない世界を見てみたい、旅立った我が子と絆を深めてこれからを生きていきたい。ペットロスを苦しみだけで終えたくない」と思われる方がいらっしゃったら、一緒に4ヶ月を歩みましょう。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

 

 

ペットロスに向き合うとね、見えなかった世界が見えてくるんです

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日の記事、なんて怪しいタイトルなのでしょう···。でも、本当の話、ペットロスに向き合うと、愛する子を見送った当初では見えなかった世界が見えてくるのです。

ペットロス継続ケアセッションを受けてくださったいる、トイプードルちょこまるのママが先日、こんなメールを下さいました。

『最近、この数ヶ月を振り返ることが多いです。

セッションを始める前、私にとっては「ちょこまると共にある確信を得ること」「後悔や自責に少しでも穏やかな解釈ができるようになること」がこのセッションを受ける上での目標でした。この時は、これが精一杯望む到達点で、”せめてこうなれたら”とアンケートに答えた様に思います。

いま、私はその時の自分に、「それは通過点、もっと先があるよ」と教えてあげたいです。それこそメモリアルフォルダーが完成したり、イラストを描き終えた先には、今よりさらに強くて温かい世界が待っているはずですから。

最近ようやく、ケビン・アンちゃんのママが言われた「100点ではなく300点の世界」この言葉の意味が理解できるようになりました。(ケビンのママの言葉はこちらの記事)』と。

3ヶ月前のちょこまるのママは、絶望の只中で「ちょこまると共にある確信を持ちたい」と願っていました。きっと、ちょこまるの姿が見えなくなり、とても怖かったのでしょうね。不安だったのでしょうね。常に「ちょこまる、お姉ちゃんにしっかりくっ付いて!」と言われていました。「離れないで、しっかり!しっかり!くっ付いていてね!」と繰り返されていました。

あれから3ヶ月、ママは本当に変わりました。お顔の表情も、毎日送ってくださるメールの言葉も、とてもとても柔らかくなりました。何よりも「ちょこまると共にある」との確信を得たのでしょうね。『「くっ付いて!」と言わなくても、当たり前のように寄り添っている、それが私たちの自然な形』と言えるようになりました。

また、当時は意味すら分からなかったペットロスの先輩の言葉が「あぁ、こういうことなんだ」とご自身の体験を通して腑に落とすことができました。

見えなかった世界が見えるようになるとは、そういうこと。見る視点が全く変わるということです。

旅立ちに対する捉え方が変わってくれば、必然的に生き方が変わるのです。生きるモチベーションが変わってくるのです。見える世界が変わるのは自然なことです。

ペットロスって、こういうこと。決して苦しみだけではないのです。最愛の子の旅立ちのあと、ママがより良く生きられるようになるために「ペットロスの日々」があるのです。

そうは言っても、苦しみの渦中にいらっしゃる方には「ちょこまるのママは特別な人」と思われるかもしれませんね。

でも···
特別なんかじゃないのですよ。

ちょこまるのママだって、ほんの数ヶ月前まで「自分では命を絶てないから誰か殺してくれ」と思われていたのです。泣いて泣いて苦しまれていました。

みんな、一緒
みんな一緒なのです。

ということは···
みな、最愛の子が旅立った後の気持ちに丁寧に接することで、見えなかった世界が見えるようになるのです。

ペットロスは苦しいから「早く乗り越えたい、解放されたい」と思いがちです。でも、ペットロスカウンセラーとして声を大にして言いたいのです。向き合うことで想像もつかなかった大きな「愛」を我が子から受け取れます。だから、急いで乗り越えようとしなくて良いのですよ···と。

悩むからこそ、たどり着ける想いがあるのです。ご自身に問いかけるからこそ、見えてくる世界があるのです。それこそが最愛の子からのギフトであり、ペットロスの日々の過ごし方だと私は思います。

たとえ大きな後悔があっても
苦しい程の罪悪感があっても
諦めずに丁寧に向き合えば
必ず見えなかった世界が見えるようになります。

あの子たちは苦しみだけを残しません。苦しみだけしか感じられないときは、苦しみだけを見ているのです。見方をを変えていきましょう。もしよかったら4ヶ月一緒に歩みましょう。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

ペットロスを癒す本『Letter』感想:心が、体が、手が震えて涙が止まらない

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

昨日、発売を開始しましたヒーリングブック『Letter』に早速、感想をお送り頂きましたのでシェアさせて頂きます。

シーズーショコラママからです。
『Letter、大切に大切に読ませていただきました。心が、体が、手が震えて、涙が止まりませんでした。

とてもとても暖かく、優しく、心に染みる絵本。川崎さんの想いが溢れていて、とてもとても心に染み入りました。ほんとにありがとうございます。

ショコラの事を思い、くるみちゃんの事を思い、優しい涙があふれました。これ以上の言葉は見つかりません。こんなステキなステキな絵本を届けてくださってありがとうございました。

ショコラを、くるみちゃんを想う、大切な時間をありがとうございました。ショコラへの手紙はゆっくりと考えて投稿したいと思っています。』と。

ショコラママ、有難うございます。こちらこそ、こんなにも温かな感想を頂いて、心が震えました。そして、純粋に「Letterという物語を創って良かった」と思いました。

「絵本」というものを初めて創り、私的には私の心にフィットする作品になったと確信しているけれど、でも、正直なところ「この作品が私以外の誰かの心にフィットするかは不安だったな」とショコラママの感想を読んでホッとしたからこそ、私がとても不安に思っていたことに気づきました。だから、ママの感想が心の底から嬉しかったです。

ショコラママにとって、『Letter』が4ヶ月前に旅立ったショコラと、そして、いま目の前にいる愛しいくるみちゃんをより大切に想う時間となったのなら、本当に良かったです。本当に本当に良かった!

ママ、ママの想いを聞かせてくれてありがとうございます。ショコラへのお手紙、お待ちしていますね🍀
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

ペットロスを優しく癒すヒーリングブック『Letter』の読み方

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

ヒーリングブック『Letter』をご購入くださった皆様、有難うございます。

『Letter』はWEB絵本です。WEBではありますが、ページをめくれる感覚もしっかりと味わっていただきたく、システム化しています。

簡単ではありますが、ご購入いただいた『Letter』の読み方を簡単にご説明させていただきます。

①『Letter』専用のHPを開きます。
ページはこちらです。

②『Letter』HPのトップ画像右上に「ご購入した絵本を読む」というボタンがありますので、こちらをクリックしてください。

③「ご購入した絵本を読む」をクリックしていただくと、ご登録のメールアドレス、パスワードをご入力いただくページに進みます。ページ下部にありますので、そちらにご入力くださいませ。メールアドレスとパスワードは、ご購入後にメールにてご連絡しております。

④『Letter』は物語のバックに音楽が流れます。とても優しいメロディーですが、オンオフはこちらのページで選択頂けます。

⑤ページのめくり方は、ページを先に進めるときは、ページ右端をしっかりとタップしてください。ページを戻すときは、ページ左端をしっかりとタップしてください。PCで閲覧いただく際は、キーボードの「←・→」でもページを操作できます。
ページ右端にあるスピーカーマークでも音楽のオンオフが機能します。

⑥オススメの読み方
物語を最後まで読まれたあと、ログアウトするまで音楽は流れています。目をつむり、その音楽に身を委ねて、ゆっくりと聴いてみてください。『Letter』を通して、我が子との優しい想いを感じていただけたら嬉しいです。

『Letter』は読まれるたびに心に響くメッセージが変わってくるかと思います。「今日はどんなメッセージが届くのか」楽しみながら触れてみてくださいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵
========================================

【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

 

 

ペットロスを癒すヒーリングブック『Letter』公式ホームページ公開しました!

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

本日、発売のヒーリングブック『Letter』の公式ホームページがオープンになりました。

こちらです。

よろしければ覗いてみてくださいね。
ペットロスカウンセラー川崎恵

ペットロスを優しく癒すヒーリングブック『Letter』発売直前の想いに心が···

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

とうとう!
とうとう!
本日、ヒーリングブック『Letter』が発売となります。15時頃に『Letter』専用のHPがオープンします。今日の午後、改めてこちらのブログでURLをご案内させて頂きます。

今、めちゃくちゃ緊張しています。ドキドキしています。いろんなことを考えています。ホントに···。ホントに···。

数年前、本を出すことがひとつの夢で、それが「出せる!」ってなったとき、詐欺的なことにあったりしてね、そのあとに愛犬ショコラが急に旅立ってしまって、でも、ショコラが旅立つ前に偶然にも「ペットロスカウンセラーとして、もっともっと頑張るよ」なんて話していたから、そのことが結構影響していて、今日まで来たな···とか。

あぁ、この1年間、何度も何度も物語を書き直し、無印のスケッチブックにプリントアウトしたストーリーを貼り付けて、イメージブックを作ったな···とか。大きなハプニングもあったな···とか。

でもね、本当に、たくさんの方のお力を借りて完成したんです。キュンとするほど可愛いイラストを描いてくれた大和田先生、とってもとっても素敵な曲を作ってくださったKASUMIさん、何度も何度も私のわがままに付き合い修正を繰り返してくれたデザインの奥井さんにシステムの林さん。そして、構成にアドバイスをくれた里佳さん、細かな心のケアをずっとしてくれたMITOさん。そもそも素敵なチームにご縁をくれたYOSHIさん。みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

それでも今、システムがきちんと作動して、『Letter』の世界を皆さんに届けられるか、私がこのあとに企画している読者の方へのプレゼントをきちんとフォローできるか、考えたら、とても不安。不安でしかない。

だけど···
皆の力を借りて、ずっと実現したいと思っていた世界を『Letter』という絵本で叶えることが出来たから、ここからは、私が『Letter』を大切に育て、共に成長したいと思っています。

あぁ〜、つらつらと想いを綴っていたら、こんなに長くなってしまいました。読んでくださって、ありがとうございます。それでは、今日の午後、改めて『Letter』専用のHPアドレスをこのブログにて掲載します。

では、また午後に🍀
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》

◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

 

 

ペットロスカウンセラーがペットの命と向き合い、心を癒すために作ったヒーリングブック発売

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

すでにご案内しておりますヒーリングブック『Letter』が9月16日に販売開始となります。とっても優しい絵本に仕上がりました。

ペットロスカウンセラーとしてずっと思っていました。「ペットロス」という言葉は多くの方に認知されつつあるのですが、残念ながらペットロスの方に寄り添う優しい社会はまだ出来上がっていません。

だから、どうしても愛する子を失った方は孤独を感じることが多くなってしまいます。これって、本当に苦しいことですね。

では、どうすればその苦しみを弱めることができるのだろう?何があれば救いとなるのだろう?

私は、愛する存在を失った心には「支え」が必要だと思っています。どんな形であっても何かひとつでも心の支えがあれば、心は極限の状態から救われます。

そして、その救いを求めているのは、実は私も同じです。どれだけペットロスの知識があっても、何度最愛の子を失う経験をしても、別れの苦しみは慣れるものではないからです。

今、私の目の前に愛する子がいます。この子を失うであろう日を想像すれば、やっぱり恐怖でしかありません。なので、今回制作したヒーリングブック『Letter』は、いつの日か必ず愛する子と別れるであろう未来のわたしを救うつもりで臨みました。

自らの心に何度も何度も問い続けて。
どうしたら心が和らぐのか?
これなら気持ちがホッとするのか?
これなら呼吸がしやすくなるのか?
これなら少しの希望を見いだせるのか?
これなら私は生きていけるか?と。

絶望一色になっている未来のわたしに一点の曇りもない優しい世界を見せてあげたい。その一心で作りました。

また、この作品には多くの方のお力をお借りしています。その方々のお陰で優しい『Letter』という世界が誕生しました。

はばかりなく堂々と言います。
私にとって『Letter』は
自信作です!

最愛の子を見送った方だけでなく、今この瞬間、愛する子と共に暮らされている方にも是非触れて頂きたいです。

きっと、きっと···
愛する子と出会ったことへの感謝、いま共にあることへの感謝で心がフワッとあたたかくなるのではないかな···と思っています。

本当はもっと軽やかに紹介したいのに、『Letter』への想いが大きすぎて、なんだか重くなってしまいました💦

『Letter』はダックスフンドのダッくんと小さな女の子メイちゃんの物語です。どこまでも優しい世界が広がっています。どうか安心して『Letter』の世界に触れてみてくださいね。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》

◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)

ペットロスに向き合ったパパママへ「我が子とギフトのキャッチボールをしよう」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日のブログをこの内容で書こうか、3日間悩みました。でも、書くことにしました。もしよかったら、お付き合いください。

ことの発端は、先日「ペットロスカウンセラーがペットロスになって4年越しにもらった考えもしないギフト」という、なんとも長いタイトルのブログを書きまして、その後、継続セッションを受けてくださっているシーズーショコラママから、こんなメールを貰ったんです。

『川崎さんのブログ読みました。

誰をも恨む事なく、これは川崎さんのショコラからのほんとに大切なギフトなんですね

私とはまた違う苦しみがあったお別れで。それでも今、前を向いて生きている。それが最大のギフトなんだろうなーって、読みながら思いました』と。

ママからのメッセージを読んで、ふと、こんなイメージが浮かんだんです。

キャッチボール。
ギフトのキャッチボール。

私はママにこんなお返事をしました。

『ブログを読んでくださり、有難うございました。私、啓子さんのメールを読んで気づきました。

啓子さんのショコラも、私のショコラも私たちが前を向いて生きれるよう、日々たくさんのギフトをくれていますね。

私たちがあの子達のギフトを受け取って、そして、前向きに生きること、それが「私たちにできるあの子たちへのギフト返しなんだ」と私は啓子さんのメールから気づきました。

私たちが我が子のギフトに喜んでいるように、2匹のショコラも私たちが笑顔で前を向いている姿を見て、私たちからのギフト返しを喜んでくれているでしょうね』と。

なぜ、この内容をブログに掲載するか迷ったかというと、私のブログを読んで下さっている方の中には我が子との別れに悲しみ、決して前を向ける状態にない方が多くいらっしゃるからです。

きっと、絶望の中にいらっしゃる方にとって、「前向き」なんて言葉は息苦しさを感じるでしょうし、「前向きに生きることがギフト返し」なんてフレーズはご自身を責めてしまう要因になってしまうかも··と思ったからです。

でも、私は、ブログに掲載することにしました。それは、私のブログを読んでくださる方は「ペットロスの渦中にいらっしゃる方」だけでなく、「共にペットロスに向き合い、亡き子との関係性を築くために歩いた方々」がいらっしゃるからです。

私は、頑張って頑張ってペットロスに向き合った方達にエールを贈りたい!と思いました。また、ショコラママが昨日、以下のメールを送って下さって、ママの変化に改めて私は感動し、ママに「3ヶ月、頑張ったね」の想いと共に、なんか「有難う」も伝えたくなって、この内容をブログにアップすることにしました。

ショコラママからのメール↓
『昨日の川崎さんからのメール、仕事の休憩中に読んで、ウルウルしました。

ギフトのキャッチボール、心にスーッと入ってきました!とても温かい言葉です。そして、これを私も川崎さんもしているのだと思うと心がジーンとしました。

ショコラからのギフトを受け取り、それを大切に大切に感じて、笑顔で生きる。それが今度はショコラへのギフトとなって、ショコラに贈られ、ショコラが受け取ってくれて、虹になったり、雲になったり、風になったりして、存在アピールしてくれる。そんなキャッチボール、とてもステキだなと思いました。

「ショコラ、見てるよね?聞いてるよね?ショコラ、ありがとう!ショコラ、一緒に生きて行こうね!ショコラからのギフトを受け取ってお母さんは、笑顔で生きてるよ!ショコラも嬉しい?」って、たくさんたくさんお話してから仕事にむかっています!ショコラと一緒に!』と。

ショコラママ、そして、今までご縁をいただき共にペットロスに向き合ったママパパ達、これからも最愛の我が子とギフトのキャッチボールしていきましょうね。皆さんなら出来ますからね。

我が子との絆、ますます深めていきましょう。これからもずっと応援していますね🍀
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》

◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)