ペットロス相談「飼い主として最低な自分に優しくなんて出来ない!」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

昨日のペットロス相談の中でブログ記事へのご質問がありました。ご了解を得て、シェアさせて頂きますね。

『先生のブログに、”自分を褒めてあげましょう”と書いてありました。でも、私は、あの子に酷い最期を迎えさせてしまいました。最期の最後になぜ···と思っています。悔やんでも悔やみきれません。でも、全ては私のミスから始まったもの。だから私は、私があの子を殺してしまった···と思っています。そんな私なので、自分自身に”よくやっているね”と労ってあげるなんて決してできないのです』と。

昨日のブログ記事で私は「ご自身を褒めてあげましょう」と綴りました。ご相談内容は、様々な後悔からご自身を褒めることができない!というものでした。(昨日の記事はこちら

ご相談下さったサチさんは、必死に頑張って毎日を生きられています。サチさんには、たくさんの褒めポイント(ご自身を褒めて欲しい箇所)をお伝えしましたが、多分、まだ、後悔や罪悪感が大きく、その褒めポイントを認めることができないのです。

サチさんには、いま大切にして頂きたい視点をお伝えしました。

それは···
褒められない自分を認めてあげること
(認めることの大切さはここで綴っています)

でも···
多くの方が真逆な捉え方をして、余計に辛くなられています。こんな感じです↓

自分を褒めるなんて出来ない!
だって私は酷い飼い主だから。
あの子にあんなこともした
こんな辛い想いもさせた
私が飼い主だからあの子は不幸になった。
こんな私を褒めて良い訳がない!!

大切なことは
責めることではありません。

褒めることが出来ないと認めることが重要なのです。

「今は出来ないんだよね」とご自身を認めてあげたら良いのです。

きっと···
現時点では出来ないことって
沢山あると思うのです。

例えば
現実を受け入れること
笑うこと
元気になること
いつも通りの生活を送ること
散歩道を歩くこと
外に出ること
写真を見ること
日用品を片付けること
ご自身や他者を許すこと

いいんですよ、出来なくて。
それは「今」出来ないだけのことですから。「今は出来ないんだよね」と認めてあげたら良いのです。

責めないこと
責めないこと

「今は無理なんだよね」と優しくご自身を認めてあげましょう。

追伸(?)
新しい動画を作成しました。でも、なんと動画を撮り終えた後、自分がセーターを表裏逆に着ていることに気づきました💧明日、もう一度撮り直します。近日中に公開しますね。同じセーターを着ます「このセーターかぁ、おバカね···」と笑ってください。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《2月のペットロス分かち合い会 残席4名様
日時
2月27日(水)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)