相葉くん主演「僕とシッポと神楽坂」から旅立ったペットの想いに触れる

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

昨日の相葉くんのドラマ『僕とシッポと神楽坂』は、考えさせられる部分が多い、深い内容でした。

命のこと、命に向き合う気持ちを、綺麗事だけじゃない、リアルな視点で描いているドラマだと思います。

昨日はこんなセリフがありました。
最愛のワンちゃんを手術後に亡くされたお母さんの言葉です。

『私はひどい飼い主です。いろんな病院に連れ回して、あの子を苦しめた。かわいそうなことをしました』と。

そのお母さんに対して、相葉くん演じるコオ先生は言われます。

『そんなことありません。たとえ、どんなに僅かな望みでも信じる。愛する者のためなら何だってする。それが家族です。グリちゃんは、あなたと家族なれて幸せだったと思います』と。

ペットロス相談でも「私はひどい飼い主です」とお話し下さる方が多いです。

助けることができず、苦しめただけだった···と。

でも、私は思うのです。
ペットたちは「理解している」と。
お母さんの「なんとしてでも助けたい!」との想い、そのために必死に頑張っている姿。それら全てをペット達はしっかりと理解している、そう思うのです。

少し想像してみてください。
たとえば···
あなたの命が助かる確率は非常に少なくて、でも、ご家族は「なんとしてでも助けたい!」と必死になり、診てくれる病院を探しています。

良い噂を聞けば、どんなに遠くてもその病院へ行き、たくさんの検査をし、苦い薬も飲まなくてはなりません。

容易いことではありません。

でも結果的に
あなたは旅立つことになりました。

あなたを見送ったご家族は、ひたすらご自身を責めています。
「自分たちは酷い家族だ。助かる確率なんて非常に少なかったのに、生きて欲しくて、元気になって欲しくて、死んでしまうなんて考えられなくて、自分たちのエゴを貫き通してしまった。最低最悪の家族だ」と。

そのご家族の言葉を聞いて、あなたはどう思いますか?

「その通り!
あなた達は最低最悪よ」

そう思いますか?

あなたなら、どんな風に思いますか?
この世に残してきた家族に、何て声をかけますか?

少し想いを馳せてみてください。
旅立った子の想いに触れられるかもしれません🍀

ペットロスカウンセラー川崎恵

《花冠づくり&ランチ会(ミニカードセッション付き)》
日時 11月6日(火)

時間 11:15〜15:00
会場 KITTE丸の内5階「菜な」
   川崎の名前で個室を予約しています。
   直接お席にお越しくださいませ。
費用 10,000円

花冠材料費+ミニカードセッション+ランチ2,580円込み)

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/contact

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
今だけセッション終了後、メールにてフォローセッションをさせていただきます。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)