ペットロスカウンセラーとして一番大切にしている想い

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日はものすごく個人的なお話です。

昨日、親友に「ペットロスカウンセラーとして一番大切にしている想いって何?」と聞かれて、つらつらと答えている時に、私にとっての本質が改めて言葉になったな···と思う体験をしました。

私が一番大切にしている想い。
それは···
死ほど愛を教えてくれるものはない』との想いです。

少し強すぎる言葉に感じられるかもしれません。

どう考えても「最愛の存在の死」ほど絶望的なものはないですものね。「愛」なんて改めて教えてくれなくていいから、愛する子にはそばにいて欲しいですものね。

今は心にスッと入らない言葉でも、もしよかったら、心の端の端に留めておいて頂けたら嬉しいです。

最愛の子の死は様々なことを教えてくれます。
それは後悔や罪悪感も含めてです。

後悔や罪悪感って、一見ものすごく嫌なものですが、でも、捉え方を変えたら我が子が命をかけて教えてくれたことでもあります。愛する我が子だからこそ教えられる教訓が、後悔や罪悪感には隠れています。

また、失うまでは「あること」が当たり前に思っていたものが、実はものすごく尊いものであると教えてくれます。例えば、「命」や「時間」がまさにそうですね。

間違いなく無限ではないことを知っていても、実感値として、なかなか「有限である」とは捉えられない。

でも、あの子たちは教えてくれます。
命の大切さ、時間の大切さを。
そして、信じること、愛することを教えてくれます。

死して改めて「生きることの本質」を教えてくれます。

ペット達との別れは、身を裂かれるほどの辛さですが、でも、そこでの学びは、人生を変容させる程に大きなものです。

彼らは、自らの人生の最期に「究極の愛」を残してくれています。その究極の愛を受け取っていく過程が、私は「ペットロス」であると捉えています。

たとえ今、出口の見えない絶望の中にいらっしゃっても、我が子からの究極の愛をご自身が携えていることを覚えていて下さったら嬉しいです。

なぜなら···
亡き子からの愛を意識できた時、亡き子と共にあるご自身を感じることができるからです🍀

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
本日もご予約いただけます
ご相談の詳細はこちらです。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)