ペットロス「とにかく辛すぎて、苦しみから解放されたい」と願ったママの3ヶ月後の言葉

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

昨日のブログでも少しお話しましたが、昨日は猫のチュンママであるマキさんとメモリアルフォルダーセッションの振り返りセッションでした。

「3ヶ月という月日が長かったのか、短かったのか、分からないね」と言いながら、それでも人はこんなにも変化するのかと私はとても嬉しく、感動しました。

メモリアルフォルダーセッションにお申し込み下さる方の理由は皆それぞれです。

例えば···
・亡き子と一体感を感じたい
・継続して心の内を聴いて欲しい
・生きる勇気が欲しい
・辛い時に支えとなるものが欲しい
・亡き子を感じたい

マキさんはセッションを申し込まれた理由をこんな風にお話して下さいました。

「チュンが旅立ち、とにかく苦しかった。

絶望と後悔と罪悪感がものすごく強くて、生きる意味なんてどこにも見つけられませんでした。

家から出ることが出来なくなり、誰とも話すことが出来なくなって、話したいとも思わなくなって、でも、チュンに会えないことが寂しくて、孤独で、こんな想いを抱えながら生きていくことが耐えられないと思った。

だから、とにかく解放されたかったんです。この言葉にできない苦しみから解放されたい!と心から思ったんです」と。

そのマキさんが、3ヶ月後に言われた言葉
それは···

『私が生きていること全てがチュンからのギフト』

私はマキさんとこの3ヶ月間に100通以上のメールを交わして話してきたけれど、愛という言葉、ギフトという言葉に違和感を持ち、チュンの死を認められなかったマキさんが「いま、私が生きていること自体がチュンからのギフト」と言われるとは、本当に本当に言葉にできない程に感動しました。

マキさん、チュンが旅立ってから人間らしくなれたんですって。

霊感も何もないし、ほかの皆みたいに目に見える形や耳で聞こえる形ではチュンからメッセージはこないけれど、でも、日常生活の何気ない中にチュンの想いが込められているように感じて、「あぁ〜私は幸せだと思う」と穏やかに、清々しく話されるマキさんが、私はとても眩しかったです。

マキさんにたくさんのお話を伺いました。
ひとりのママが辿った「愛を知るペットロスの話」をまたお話させて頂きますね。

最愛の子が旅立った後のペットロスは本当に苦しいけれど、私は「我が子からの愛を知る時間」であると心から思っています。

我が子からの愛をこれからも受け取って、今後の人生を亡き子と共に歩みたいと思っている方を私は全身全霊でサポートさせて頂きたいと思います。

*メモリアルフォルダーセッションの詳細はこちらです。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス相談について》
辛い時は、お一人で頑張らずに
いつでもご相談ください。
悲しみ、後悔、罪悪感でギュッとなった心を
少しでも緩めるお話をしましょう。

電話相談、対面相談の詳細はこちらす。

ご予約はお問い合わせより、ご希望の日時を第3候補までお教えください。

なお、入力していただくメールアドレス、電話番号お間違いないようにお願い致します。

《今後の開催予定イベント》
9月22日
うちの子カフェ
うちの子と今日を100倍幸せにしていく為のお話会

9月29日
ペットロス 分かち合い会Nikukyuカフェ
ペットロスの悲しみを癒す分かち合い会

10月2日
名古屋 ペットロス分かち合い会Nikukyuカフェ

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)