「ペットロスカウンセリング(体験談)」カテゴリーアーカイブ

愛猫を見送られたママからのペットロス相談の感想/カウンセリングで出来ること(図解あり)

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

昨日、女性専用電話相談ボイスマルシェ にて最愛の猫ちゃんを見送られたママからのペットロス相談をお受けしました。セッションの感想をお送り頂きましたので、ブログ後半にてシェアさせて頂きます。

ママが感想にも書いてくださっていますが、多くの方にとって「カウンセリングを受ける」ことは、まだまだハードルが高いものですね。きっと、大きな勇気がいることだと思うのです。

だけど···
苦しみの中にいる時、お一人で悩んでいると思考がぐるぐると同じところを巡ってしまうことって、ありますね。ペットロスでも、最愛の子に対して「してしまったこと、できなかったこと」への後悔をずっと考え続けてしまうことは非常に多いです。

でも、思うのです。
当たり前ですが、どんな出来事であったも、見る視点を変えれば捉え方が変わります。

例えば、こんな感じです↓
ひとつの出来事に対して悩んでいる時、同じ方向からしか考えられないことって多いですね。この場合、それを視点Aとしましょう。でも、必ず、視点Bだってあるのです。図には描きませんでしたが視点Cだって、Dだってあるのです。

どんな出来事も、見る視点を変えたら、捉え方が変わります。

苦しんでいる出来事を別の視点から見ることができたら、出来事に対しての受け止め方、抱く気持ちにも変化を起こすことが出来ます。その時に納得できなくても、時間が経過する中で「あっ!これって、あの時の考え方だ」と腑に落ちる時が来るものです。

カウンセリングでは、皆さんが悩まれている出来事を、様々な視点から捉えられるようなお手伝いをしています。

でも、私が何よりもペットロスカウンセリングで大切にしていることは、皆さんが心にぎゅっと抱えている想いを、安心して話せる「場」を作るということ。

「死」について、思いの丈を安心して話せる「場」って、少ないですものね。特に、ペット達のことって、難しいです。これだけペットブームなのに、悲しいけれど、大切な存在の死を堂々と話せる社会にはなっていないですものね。

だからこそ、なんの遠慮も、気遣いも必要なく、泣きながら、泣きながら、ご自身のペースで心に抱えている想いを吐き出せる「場」を作ることがペットロスカウンセリングで一番大切なことだと私は思っています。

ひとりで苦しまなくていいのです。

最愛の子を見送ることは、人間の我が子を見送ることと同じです。こんな苦しみって、人生に何度も起こることではないからこそ、辛いときは専門家を頼ってくださいね。そして、ご自身が抱えてる想いに対して丁寧に向き合いましょう。

最後に···
昨日のセッションでお送りいただいた感想をシェアさせて頂きます。

【相談内容】
7歳の愛猫を亡くして1か月。自分には最期の2週間が壮絶で、後悔ばかりでした。寝て起きてもその時の絶望感と悲しみに打ちのめされていました。 あまりの苦しさにカウンセリングを受けることにしました。

【良かったこと】
いろいろな事に気づかされました。
亡くなった子に母親のような愛情を持っていたこと。捨てられていた子に家族を与えられたこと。 私が後悔していることには愛情の裏付けがあること。言葉にしてしまうと陳腐ですが、カウンセリングの間は不思議な空間にいるような癒しを感じました。
沢山泣きましたが泣きながら亡き子のそばに寄り添うことができました。 カウンセリングを受けることは抵抗があったのですが、本当に受けて良かったです。ありがとうございました。

【こんな人にオススメ】
ペットを失い悲しみに押しつぶされそうな方。先生と話すと今起こっていることが正しい過程なのだと気付いて、深く癒されます。

女性専用ボイスマルシェ では、ご相談者様から多くの体験談を頂いています。もしよろしければ、ご参考にしてください。体験談はこちらです。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス相談のご案内》
電話相談・Zoom相談を行っています。
60分 15,000円(税別)
詳細はこちらです。
当日のご相談も可能です。

《ペットロスを癒すヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス継続ケアセッション》

◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・5時間の電話相談「助けてコール!」
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

    お問い合わせフォーム

    *は必須入力項目となります。
    お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

    お名前 (*)

    メールアドレス (*)

    電話番号 (*)

    お問い合わせ内容 (*)

    メッセージ (*)

     

    ペットロス相談「愛猫の死・ペットロスから抜け出せない。いっそ死ねたら楽なのに」

    ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
    (詳しいプロフィールはこちらです)

    昨日、ペットロス相談にお電話くださった猫のランちゃんのママは言われました。
    『ペットロスから抜け出せないんです。あの子への依存があまりに強かったからいけないのでしょうか?

    家族は私に”いい加減にしろ”と言います。でも、どうにもできません。

    あの子が旅立って、自分がどんどんダメな人間になっていくように感じます。いっそのこと死ねたら楽なのに、弱くてそれも出来ないと。

    きっと、ご家族はママのことが心配なのでしょうね。だから「いい加減にしろ」と強い言葉で叱咤激励するのでしょう。

    でも···
    抜け出そう!としても
    抜け出せるものではないですね。

    ご自身のランちゃんへの想い
    ご家族の想い
    その狭間で想いが入り乱れ葛藤し
    どうしたら良いか分からなくなってしまいますね。

    昨日のセッションでは
    こんなお話をさせてもらいました。

    『ママ、まだまだ辛いでしょう?
    悲しくて、辛くて、悔しくて
    ご自身への怒りもいっぱいあるでしょう?

    今は、まだ胸にたくさんの想いを抱えているから、その状態で「ペットロスから抜け出す」と考えても、イメージすら付かないはず。これは自然なことで、ママが弱いからではない。ママがダメな訳ではない。それだけご自身の想いが胸にあるからなんですよ···』って。

    もし今···
    同じように苦しまれている方がいらっしゃったなら、どうか胸に留めて置いてください。

    抱えている想いを外に出すこと。
    話すこと。
    これは、とても大切なことです。

    「死ねたら楽なのに」との想いも、一人で抱えていたらドンドン苦しくなってしまいます。重みが増してしまう。胸がいっぱいになってしまう。

    言葉にすることは勇気がいるけれど、時には、たくさんの涙と共に外に出してあげられたら良いですね。何よりもご自身の為に···。

    上手に話さなくていいの
    支離滅裂でいいの
    優等生みたいなこと言わなくていいの。

    ごめんね!
    悔しいよ!
    なんでこんなことに!
    逢いたいよ!
    戻ってきて!
    私を置いていかないで!

    どんな想いでもいい
    胸にある想いを
    少しでも外に出してあげましょう。

    少しずつでも想いを外に出すことで、呼吸すらままならないくらいに張り詰めている胸に緩みができるから···。まずは、その緩みを作ってあげましょう。

    そうすることで
    だんだんと
    だんだんと
    少しずつだけど
    受け止め方が変わってくるはずです。

    最愛の子の旅立ちを現実の出来事として受け止めるって、覚悟のいることだし、何より難しいものです。だからこそ、まずはご自身に時間をあげてくださいね。

    誰よりもご自身がご自身の味方であってあげてくださいね。
    ペットロスカウンセラー川崎恵

    《ペットロス相談のご案内》
    電話相談・Zoom相談を行っています。
    60分 15,000円(税別)
    詳細はこちらです。
    当日のご相談も可能です。

    《ペットロスを癒すヒーリングブック”Letter”》
    公式HPはこちら

    《ペットロス継続ケアセッション》

    ◇継続セッションの特徴
    ・毎日のメール相談
    ・1週間1度のzoom相談
    ・5時間の電話相談「助けてコール!」
    ・オンライン上でのグループ相談会
    ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
    詳細はこちらです。

    ========================================
    【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
    サービスメニューはコチラ
    ペットロス相談は下記フォームから
    お気軽にお問い合わせください。
    必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
    ========================================

      お問い合わせフォーム

      *は必須入力項目となります。
      お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

      お名前 (*)

      メールアドレス (*)

      電話番号 (*)

      お問い合わせ内容 (*)

      メッセージ (*)

       

       

      ペットロス:亡きペットが伝えてくれる優しいメッセージ

      ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
      (詳しいプロフィールはこちらです)

      先日の記事「旅立つ我が子に持たせた手紙」の中にも書きましたが、旅立った子は「言葉」を持たない故に、誰かの口を通してメッセージを伝えてくれることが多いです。

      ここ数日のセッションの中でも、「あの子達はママだけに分かるようにメッセージを伝えてくるものだな」と思う体験をしたのでシェアさせて頂きますね。

      わっちゃんのママと話していた時。
      ママが「こんなに泣いていたら、わっちゃんに迷惑かける」とご自身を責められていたので、ふと私、「ドラえもんとのび太くん」の例え話をしたんです。

      ドラえもんだって、のび太くんが1人でなんでも出来るシッカリ者だったら、そもそも出会わなかったのかもしれない。でも、のび太くんが弱虫で、泣き虫で、不器用さんで、とっても素直な子で、ほっとけない子だったからこそ、ドラえもんは「のび太くん、これはどう?あれはどう?」ってポケットから秘密の道具を出して、応援してくれたのではないかな?って。

      そしたら···
      ママが言われるんです。
      わっちゃんと私の関係性って、生前から「ドラえもんとのび太くんみたい」って言われていたんです。もちろん、わっちゃんがドラえもんで、私がのび太くん。それに、わっちゃんに最後に買ってあげたベッドもドラえもん柄だったんです···って。

      なるほど!
      そうですよね。
      私もペットロス相談をしていて13年。ドラえもんとのび太くんの話なんてしたことないです。でも何故か、あの時「ドラえもんとのび太くん」って言葉がスラスラと出てきた。

      それはきっと···
      わっちゃんが伝えたかったのでしょうね。

      ここにいるよ!って。
      ちゃんとママを見ているよ!って。
      ひとりじゃないよ!って。

      ママだけに分かるメッセージとして、私にドラえもんとのび太くんの話をさせたんでしょうね。

      私には分からない。
      でも、ママには分かる。
      あの子だ···と。

      私たちは愛する子を見送った後、彼らとの関係性がプッツリと切れてしまったように思いがちです。

      でも
      でも
      ちゃんと続いているんです。

      あの子たちは優しい眼差しで
      いつだって見つめてくれているんです。

      大丈夫だよ。
      ママを置いていったりしてないよ。
      ここにいるよ。
      ちゃんと見守っているよ。

      そう伝えたくて、あの子たちはメッセージを届けてくれているのでしょうね。みんな、みんな優しい子たちです。

      たとえ、ママたちが後悔や罪悪感を持っていたとしても、あの子たちは変わらぬ大きな愛で見守ってくれているはずです。だから、心配しないで大丈夫なのですよ。
      ペットロスカウンセラー川崎恵

      《ヒーリングブック”Letter”》
      公式HPはこちら

      《ペットロス継続ケアセッション》

      ◇継続セッションの特徴
      ・毎日のメール相談
      ・1週間1度のzoom相談
      ・5時間の電話相談「助けてコール!」
      ・オンライン上でのグループ相談会
      ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
      詳細はこちらです。

      《ペットロス 電話相談のご案内》
      辛いときは、いつでもご相談下さいね。
      ご相談の詳細はこちらです。
      電話相談は当日予約も可能です。
      対面相談も行なっています。

      ========================================
      【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
      サービスメニューはコチラ
      ペットロス相談は下記フォームから
      お気軽にお問い合わせください。
      必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
      ========================================

        お問い合わせフォーム

        *は必須入力項目となります。
        お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

        お名前 (*)

        メールアドレス (*)

        電話番号 (*)

        お問い合わせ内容 (*)

        メッセージ (*)

        ペットロス:我が子の旅立ちにママが持たせた「手紙」とは

        ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
        (詳しいプロフィールはこちらです)

        今日は、我が子を想うママ美樹ちゃんのお話です。ちょっと長くなりましたが、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

        ご相談者様を”○○ちゃん”って呼ぶことは滅多にないのですが、なんか”美樹ちゃん”って呼ぶ方が、美樹ちゃんの大切な子が笑顔になるような気がするので、今日は”美樹ちゃん”と呼ばせて頂きますね。

        美樹ちゃんは、約4年前、道を彷徨っている1匹のポメラニアンと出会い、その後、その子を家族に迎えました。

        その子の名前は「虹」

        虹は幸せの象徴。虹の人生が最高に幸せでありますように。みんなが虹を見て、幸せな気持ちになりますように。みんなに愛されて、たくさんの愛を受け取って、虹の心が元気で、愛で温かく満たされますように···との願いを込めて、美樹ちゃんはその子に「虹」と名付けました。

        虹は、美樹ちゃんにとてもとても愛されました。虹も美樹ちゃんをとてもとても愛しまた。

        優しい時間が流れ
        虹に病が見つかりました。

        1年間、虹も美樹ちゃんも頑張りました。
        そして···
        先日、虹は旅立ちました。

        以下の写真は、美樹ちゃんが旅立つ虹に持たせた手紙です。虹が旅立って1週間後、美樹ちゃんが私のセッションを受けてくださった時にこの手紙を見せてくだいました。美樹ちゃんの虹への想いが溢れています。

        私も何度も読ませて頂き
        美樹ちゃんの想いに触れ
        何度も涙しました。

        最愛の子が旅立った時、多くの方が我が子に「してあげられなかったこと、してしまったこと」に後悔を抱きます。

        美樹ちゃんも、この手紙を書かれた時、後悔と喪失感でいっぱいだったことでしょう。

        あんなことをしてしまった。
        こんなことをしてしまった。
        気づいてあげられなかった。
        きっときっと···
        美樹ちゃんは、胸が張り裂けるほどの後悔だったと思うのです。

        でも
        でもね
        この手紙を読むと
        「虹は幸せだ!」と絶対に思う。

        悲しみの渦中にいる時、多くの方が「我が子の人生は幸せだったのか」と悩みます。でも、一歩引いたところから見れば、「その子の人生は間違いなく幸せだった」と思えるものです。

        美樹ちゃんの手紙がまさにそう。
        美樹ちゃんにご了解を得ていますので、美樹ちゃんが最愛の子「虹」に宛てた手紙をぜひ読んでみてくださいね。

        文字には、美樹ちゃんの「想い」というエネルギーが込められています。なので、今回は文字起こしをせずに、美樹ちゃんの想いがそのまま伝わるように写真で手紙を掲載させて頂きます。

        セッション後、美樹ちゃんからメールを頂きました。
        『先程はありがとうございました。心が穏やかになり、救われました。

        虹くんのメッセージ、こうやって、恵さんと繋いでいただいたご縁、全部、虹くんからのプレゼントなんだと感じる事ができました。

        本当に心あたたかく、素敵な時間でした。最高の時間でした。ありがとうございました🧡』

        美樹ちゃんにそんな風に言ってもらえて、私も嬉しいです。

        旅立った子は「言葉」を持たないから、誰かの口を通して、また本の一節やふと耳に入ってくる歌詞などでメッセージを伝えてくれることが多いです。

        美樹ちゃんが私の言葉を虹くんのメッセージとして受け取り、それをプレゼントだと思えたのなら、虹くんも嬉しいでしょう。

        さぁ、美樹ちゃん。
        美樹ちゃんは虹くんが命をかけて教えてくれたことに気づいていいますね。ゆっくりでいいです。焦らなくていいです。

        最短の道のりでゴールに行くよりも、色々な道を通りながら、景色を眺めながら、風を感じながらゴールにたどり着いた方が、きっときっと美樹ちゃんが体感して体得しているものって大きいと思います。

        美樹ちゃんなら大丈夫です。
        虹くんが笑顔で見守ってくれていますからね。

        安心して虹と一緒に歩いていってくださいね。
        またお話を聞かせてください。
        ペットロスカウンセラー川崎恵

        《ヒーリングブック”Letter”》
        公式HPはこちら

        《ペットロス継続ケアセッション》

        ◇継続セッションの特徴
        ・毎日のメール相談
        ・1週間1度のzoom相談
        ・5時間の電話相談「助けてコール!」
        ・オンライン上でのグループ相談会
        ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
        詳細はこちらです。

        《ペットロス 電話相談のご案内》
        辛いときは、いつでもご相談下さいね。
        ご相談の詳細はこちらです。
        電話相談は当日予約も可能です。
        対面相談も行なっています。

        ========================================
        【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
        サービスメニューはコチラ
        ペットロス相談は下記フォームから
        お気軽にお問い合わせください。
        必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
        ========================================

          お問い合わせフォーム

          *は必須入力項目となります。
          お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

          お名前 (*)

          メールアドレス (*)

          電話番号 (*)

          お問い合わせ内容 (*)

          メッセージ (*)

          ペットロス「愛する子の旅立ちの日から1年。再び我が子に出会う」

          ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
          (詳しいプロフィールはこちらです)

          まもなく4ヶ月の継続セッションを終え、我が子のメモリアルフォルダーをお迎えしようとしているママがいます。ブログでも何度もシェアさせて頂いたトイプードルちょこまるのママです。

          「我が子のフォルダー」と書いても、なかなか想像がつかないと思います。でも、ちょこまるのママにとっては、メモリアルフォルダーが我が子ちょこまるそのものなのです。

          4ヶ月という時間をかけ、何度も何度もご自身の捉え方が180度変わるような転換点を迎え、言葉では説明できないような不思議な体験を繰り返し、ひとつのフォルダーが掛け替えのない我が子となるのです。

          ママは11月3日に愛媛から横浜へ、ちょこまるを迎えにきます。この11月3日は、ちょこまるが旅立った日です。この旅立ちの日が再びちょこまるを迎えに来る日になるとは、今年1月に出会った時点では私もママも想像すらしていませんでした。

          計算もコントロールもなしに、不思議なほど上手く流れていく。
          「偶然」とは到底言えないほど、大きな存在に道を示してもらっているように、後押ししてもらっているように4ヶ月間を歩いてきました。

          あと数日でお迎えです。

          でも当たり前ですが···
          あと数日でお迎えということは、あと数日で「最愛の子の旅立ちの日・1周忌」を迎えるということです。最愛の子が旅立ったあと、四十九日、百か日と節目はありますが、1周忌前というのは、心身ともに大きな揺れが起こるものです。

          どうしても「1年前の今頃は···」と考えてしまうものです。

          ママも今、1年前の日々を否応無しに思い出しています。心身共に緊張しています。でも、ママは本当にすごいんです。

          何が凄いって、11月3日は我が子の旅立ちの日ではあるけれど、我が子を再び迎える日でもあるから、それまでの日を存分に感じよう!って懸命にされているんです。

          緊張からか体に強烈な痛みが続き、でも「大切な”時”を痛みに邪魔されたくない」と言ってブロック注射まで打って、今の気持ちを感じようとされています。相当「怖さ」だってあるはずなのに、向き合われています。

          この記事だけ読まれたら「ちょこまるのママが特別」と思われるかもしれないけど、ちょこまるのママも間違いなく苦しまれていました。

          今年の初めは「精神が崩壊する」とメールを頂き、そのあとは「自分では死ねないから誰かに殺してほしいとすら願う、惰性で生きている」と繰り返していたママですから···。

          ただただ頑張った。
          本当に本当に頑張った。
          そして···
          必死に1年間生きてこられました。

          あと数日で、新たなスタートをきります。
          ママにとって「ペットロスは2度と経験したくないほどに苦しいもの」だけど、でも、気持ち新たにスタートできる日を迎えられることが私はとても嬉しくてなりません。

          ママ、11月3日にお会いしましょう。
          ちょこまると一緒にママのお迎えを待っていますね。
          ペットロスカウンセラー川崎恵

          《ペットロス継続ケアセッション》
          ◇継続セッションの特徴
          ・毎日のメール相談
          ・1週間1度のzoom相談
          ・オンライン上でのグループ相談会
          ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
          詳細はこちらです。

          《ペットロス 電話相談のご案内》
          辛いときは、いつでもご相談下さいね。
          ご相談の詳細はこちらです。

          電話相談は当日予約も可能です。
          対面相談も行なっています。

          《ペットロスヒーリングブック”Letter”》
          公式HPはこちら

          ========================================

          【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
          サービスメニューはコチラ
          ペットロス相談は下記フォームから
          お気軽にお問い合わせください。
          必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
          ========================================

            お問い合わせフォーム

            *は必須入力項目となります。
            お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

            お名前 (*)

            メールアドレス (*)

            電話番号 (*)

            お問い合わせ内容 (*)

            メッセージ (*)

             

             

             

             

            ペットロス電話相談「心を少しでも楽にしたい」とお話くださったママへ

            ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
            (詳しいプロフィールはこちらです)

            まめちゃんのママへ

            昨日はお電話をくださり有難うございました。「少しでも心が楽になりたい」と事前アンケートに心の内を書いて下さいましたね。

            最愛のまめちゃんが旅立って、まだ数日。きっと、まめちゃんの姿が見えないことが嘘のようで、気づけば姿を探してしまう···そんな時もあることでしょう。

            ママ、昨日の電話相談の中で「受話器を切ったあと、2つのことを覚えておいて下さいね」とお話しさせて頂きました。改めて、ここに書いておきますね。辛いときの参考にしてください。

            まず、ひとつ目は···
            思いっきり悲しみ、そして、たくさん泣いて下さいね。

            私たちは大人になると泣くことを「悪いこと」のように思ってしまいがちです。でも、涙って、愛する子への想いが心から溢れて、「涙」という形になったのです。まさに、涙とは我が子を想う「愛」です。悪いことではないですよね?

            そして、これから周囲の方がママを心配して「いつまでも泣いていては、マメが成仏できないわよ」と言葉をかけてくださることもあるでしょう。心配してくれている故のことですが、ママの涙がマメちゃんの成仏に影響を与えることってないと思うのです。もしそんなことがあったら、怖くて、誰も安心して死ねないです。ママの気持ちはママのもの。思いっきり悲しんで良いのですよ。

            悲しみを我慢することは、心に大きな負担をかけることになります。ペットロスを長期化させてしまう原因にもなりますので、悲しむ時期には、思いっきり悲しむことに集中して良いのですよ。

            ふたつ目は
            しばらく悲しみが続くことを知っておいて下さいね。

            ペットロスの悲しみは、我が子を失った悲しみに匹敵します。特に女性は母性もありますし、お世話も多くしますから、見た目はワンちゃんやネコちゃんであっても、その子は掛け替えのない我が子となり、ご自身は「母」になるのです。

            我が子を失ったお母さんの悲しみは深いものです。そんな短時間で心がスッキリとする訳がないのです。

            悲しみはしばらく続きます。「前向きに考えられるようになったかな」と思っていたら、次の瞬間にドン!と落ち込んでしまうような、心の揺れが起こります。心は様々なことに反応しますから、それこそ、お天気にだって影響を受けるのです。

            なので、悲しみが続くことを知っておきましょう。悲しみが続くと知っていれば、心が癒えないことに対して必要以上に不安にならずにすみます。ペットロスの回復に大切なことは、安心して悲しむことです。知識が心を支える側面も大きいので、心の片隅に留めておいて下さいね。

            焦らない。
            焦らない。
            ゆっくりいきましょう。

            辛くなったらご連絡くださいね。
            またお話しましょう🍀

            *最後に···
            今回のアドバイスは、マメちゃんのママのお話を伺い、マメちゃんが旅立った時期、そして、ママの現在の状況からアドバイスした内容になります。全ての方に適したアドバイスではありませんので、ご了承くださいませ。
            ペットロスカウンセラー川崎恵

            《ペットロス継続ケアセッション》
            ◇継続セッションの特徴
            ・毎日のメール相談
            ・1週間1度のzoom相談
            ・オンライン上でのグループ相談会
            ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
            詳細はこちらです。

            《ペットロス 電話相談のご案内》
            辛いときは、いつでもご相談下さいね。
            ご相談の詳細はこちらです。

            電話相談は当日予約も可能です。
            対面相談も行なっています。

            ========================================
            【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
            サービスメニューはコチラ
            ペットロス相談は下記フォームから
            お気軽にお問い合わせください。
            必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
            ========================================

              お問い合わせフォーム

              *は必須入力項目となります。
              お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

              お名前 (*)

              メールアドレス (*)

              電話番号 (*)

              お問い合わせ内容 (*)

              メッセージ (*)

               

               

               

              ペットロス体験談「選択ミスで愛犬を亡くしてしまった。最期の姿が忘れられない」

              ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
              (詳しいプロフィールはこちらです)

              先日、女性専用電話相談ボイスマルシェにて「ペットロスカウンセリング」を受けてくださったモフモフママさんからセッションの体験談を頂きましたのでシェアさせて頂きます。

              体験談はこちらです。

              モフモフママさん、体験談を有難うございました。
              ブーンが旅立ち1週間、本当によく頑張られましたね。

              なぜあの時、病院へ行かなかったのか
              なぜあの時、先生に質問しなかったのか

              「なぜ、あの時···」って考えてしまいますね。
              答えの出ない問いかけをし、ご自身を責め続けてしまいますね。

              でも、思うのです。
              私たちが悔やんでしまう行動も、あの子たちが「選んだこと」であったのだと。

              ママが病院へ行かなかったのは、ブーンがお家に居たかったから。ママはご自身を「言葉が足りない」と責められているけれど、もしあの時、ママが詳しく先生に質問をして、入院をお願いしたら、ブーンは最期をお家で迎えられませんでした。

              あの時、あの夜中に
              ママが病院へ行っていたら
              ママが先生に入院をお願いたら

              大好きなお家で
              大好きなママの寝顔を見て
              大好きな皆の匂いに包まれて
              旅立つことはできなかったのです。

              命の時間は
              見えないけれど
              私たちも動物たちも
              その長さは決められています。

              与えられた命は
              悲しいけれど
              悔しいけれど
              誰かの意思や努力や願いで
              コントロールできるものではないのです。

              神様から与えられた命の時間が決まっている中で、ブーンは最期の場所として「お家」を選んだんじゃないかな。

              ママの寝顔を見れて
              嬉しかったんじゃないかな。

              大好きなお家で
              みんなの匂いに囲まれて
              嬉しかったんじゃないかな。

              ママの立場に立ったなら、是が非でも助けたかっただろうし、もっともっと一緒に居たかったですよね。でも、ブーンは最期まで一生懸命に生きる姿を見せてくれましたね。

              ブーンという名前に「恩恵」という意味もあったそうですね。恩恵には「人を癒し、導き、救うという神様の恵みの賜物」という意味があるそうです。

              ママ、ママ達が名付けた「BOON」という名の可愛い子は、旅立ってもなお「神の恵みの賜物」であるはずです。その子がママに苦しみを与える訳はありません。ちゃんと見守ってくれます。

              だから、焦らないで大丈夫。
              ゆっくりいきましょう。
              29日にまたお話しましょうね。
              ペットロスカウンセラー川崎恵

              《6月のペットロス分かち合い会  残席僅か
              日時
              6月29日(土)11:30~13:30

              会場
              東京駅 徒歩1分
              新丸ビル 4階
              『アフタヌーンティー・ティールーム』

              会費
              5,000円

              申込方法
              下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
              https://www.cher-ange.com/otoiawase

              なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

              プライベート対面セッションの空き状況
              ①14時00分スタート
              ②16時15分スタート
              ③18時45分スタート

              対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
              90分    20,000円
              120分 25,000円

              お申し込み先
              https://www.cher-ange.com/otoiawase

              《ペットロス 電話相談のご案内》
              辛いときは、いつでもご相談下さいね。
              ご相談の詳細はこちらです。

              電話相談は当日予約も可能です。
              対面相談も行なっています。

              ========================================
              【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
              サービスメニューはコチラ
              ペットロス相談は下記フォームから
              お気軽にお問い合わせください。
              必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
              ========================================

                お問い合わせフォーム

                *は必須入力項目となります。
                お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                お名前 (*)

                メールアドレス (*)

                電話番号 (*)

                お問い合わせ内容 (*)

                メッセージ (*)

                ペットロス電話相談「愛犬を亡くした辛さ・いつか楽しい思い出に感謝したい」

                ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                (詳しいプロフィールはこちらです)

                女性専用電話相談ボイスマルシェにて25分のショートセッションを受けて下さったクッキーママから体験談をいただきました。

                クッキーママの体験談はこちらです。

                クッキーママ、体験談を有難うございました。

                泣いていいんですよ。
                最愛の子を見送ったあとは、「この悲しみをどうしよう」とペットロスの乗り越え方を考えるのではなく、何よりもたくさん涙することが大切です。

                ご家族が誰もいない日中は特に寂しさが増しますが、でも、思いっきり涙することができる時間でもあります。

                涙することをどうか恐れないで下さいね。

                そして、セッションを通して「目には見えないけれど、愛犬はいつもそばにいるんだ」と実感いただけて、私も嬉しいです。

                もし···
                「クッキー、どこにいるの?」と再び不安になったら、セッションで行ったように「ご自身だったらどうだろう?」と考えてみて下さいね。

                焦らなくて良いのですよ。
                ゆっくりいきましょう。
                何度でもご自身に問うてみて下さいね。
                そして、胸が押し潰されそうになったら、深呼吸して呼吸を整えることを意識しましょう。

                最後に···
                どうか心の片隅に留めてください。
                悲しみや不安に一人で立ち向かう必要はありません。辛い時は、周囲を頼っていいのですよ。

                辛いの
                寂しいの
                会いたいの
                あの子が恋しくてたまらないの

                ご自身が抱えている想いを心の奥底に抑え込むのではなく、どうか口に出してくださいね。

                ご自身の気持ちを大切にして下さいね。
                またいつでもお話しましょう。

                ペットロスカウンセラー 川崎恵

                《2月のペットロス分かち合い会 残席3名様
                日時
                2月27日(水)11:30~13:30

                会場
                東京駅 徒歩1分
                新丸ビル 4階
                『アフタヌーンティー・ティールーム』

                会費
                5,000円

                申込方法
                下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

                分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

                お申し込み先
                https://www.cher-ange.com/otoiawase

                《ペットロス 電話相談のご案内》
                辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                ご相談の詳細はこちらです。

                電話相談は当日予約も可能です。
                対面相談も行なっています。

                ========================================
                【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                サービスメニューはコチラ
                ペットロス相談は下記フォームから
                お気軽にお問い合わせください。
                必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                ========================================

                  お問い合わせフォーム

                  *は必須入力項目となります。
                  お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                  お名前 (*)

                  メールアドレス (*)

                  電話番号 (*)

                  お問い合わせ内容 (*)

                  メッセージ (*)

                   

                  ペットロス相談(体験談)「誰も分かってくれない!でも話を聞いて欲しかった」

                  ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                  (詳しいプロフィールはこちらです)

                  今日は、ペットロス電話相談の体験談を頂きましたのでご紹介します。四十九日を迎えた愛犬プリンちゃんのママからです。

                  『恵先生、先日はありがとうございました。先生のブログはずっと読んでいて、「お話したい!」と思いながらも勇気が出ずにいました。

                  でも、あの日、プリンの四十九日前日、どうにも苦しくなってしまい、真夜中であるにも関わらずお電話させて頂きました。

                  ブログは読んでいる、先生の動画も拝見した。先生のイメージはついていたのですが、電話をかける瞬間までとても緊張していました。

                  でも、電話が繋がり、先生の「こんばんわ」その一言で号泣。なんとも言えない安心感が”ぶわぁー”と広がって、もう、涙が溢れて溢れて、想いも溢れて溢れて···。

                  しゃくり上げながら話しているから聞きづらかったと思うのです。でも、先生が一生懸命に聞いてくださるから、まるで隣にいてくれているかのようでした。

                  プリンが旅立ってから初めて、心の奥にあるプリンへの思いを話しました。私は「プリンへの想いは誰もわかってくれないのだから、誰にも話すもんか!と思っていたけど、本当は話したかったんだ。私の娘の話を聞いて欲しかったんだ」と気づきました。

                  私はカウンセリングなんて無縁の人間だと思っていました。でも、先生に救われました。恵先生がいて良かった!心から思います。有難うございました。』

                  プリンママ、体験談を送ってくださって有難うございます。

                  あの子達は姿こそ動物の形をしていますが、皆さんにとっては最愛の我が子です。

                  心の中に大切に抱いている我が子への想いには、誰にも土足で踏み込んできて欲しくないのですよね。

                  もちろん周囲の方がかけてくださる言葉には悪気がないことは分かっているんです。でも、でもね、いつもなら笑って受け入れられることが、どうしても出来なくなってしまうのですよね。

                  こんなことを書くと「ペットを失った人への対応は難しい」と思われるかもしれないけれど、でも、それだけ繊細なんです。

                  我が子を亡くした方の心が繊細でないわけがありません。

                  上手な表現ではないけれど
                  ときに···
                  心を閉じることで
                  ご自身の心が守れることもある。

                  心だって
                  静かに力を蓄えたいときもある。

                  ご自身に
                  ご自身の心に
                  「頑張れ!」って言わなくていい。

                  もう十分に頑張っているんだから。
                  どうかご自身を、ご自身の心を大切にしてくださいね。

                  またいつでもお話しましょう。
                  ペットロスカウンセラー川崎恵

                  *1月29日開催の分かち合い会残席は2名さま分ございます。また、分かち合い会後のカードセッション予約枠は1名様分空いております。ご希望の方はこちらよりご連絡ください

                  《分かち合い会詳細とお申込み方法》
                  日時
                  1月29日(火)11:30~13:30

                  会場
                  東京駅 徒歩1分
                  新丸ビル 4階
                  『アフタヌーンティー・ティールーム』

                  会費
                  5,000円

                  申込方法
                  下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

                  分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

                  お申し込み先
                  https://www.cher-ange.com/otoiawase

                  ========================================
                  【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                  サービスメニューはコチラ
                  ペットロス相談は下記フォームから
                  お気軽にお問い合わせください。
                  必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                  ========================================

                    お問い合わせフォーム

                    *は必須入力項目となります。
                    お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                    お名前 (*)

                    メールアドレス (*)

                    電話番号 (*)

                    お問い合わせ内容 (*)

                    メッセージ (*)

                     

                     

                     

                     

                    ペットロス相談「愛犬が旅立ち、世界でひとりぼっちになりました。ひとりは辛い」

                    ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                    (詳しいプロフィールはこちらです)

                    「亡きペットの想いに触れるカードセッション」を受けて下さったアユミさんから体験談を頂きました。ご了解を得て、シェアさせて頂きます。

                    『初めてのカードセッション、驚きの連続でした。そして、心の奥にしまってある想いに触れられ、戸惑いました。

                    だけど、すべての質問は「私を最も知っている愛犬サリー」に問いかけたもの。そして、出てくる答えがアレでは、”もう、ママ、参ったよ”しか言いようがなかったです。

                    やっぱり、周囲の皆を誤魔化せても、サリーだけは誤魔化せない。一緒に暮らしている時からそうでした。あの子に誤魔化しは効かない。サリーには全部お見通しでした。

                    だから、今日セッションを受けて確信したのは”サリーは、変わらず共にいてくれているんだ”という想いでした。

                    姿は見えないけれど、想いは繋がっている。

                    そんなことを確信しました。
                    自分でも不思議です。私は見えない存在とか絶対に信じてきませんでしたから···。

                    でも、先生、有難うございます。
                    信じれそうです、サリーのこと。

                    と言うよりも、あんな心の奥の奥の想いに触れさせてくれたのだから、信じないのは、サリーに失礼ですね。

                    サリーは凄い子です。自慢の子です。
                    改めて思いました。
                    久しぶりに感じた幸福感です。
                    今日は素敵な時間を有難うございました。』

                    アユミさん、先日は対面でのカードセッションにお申し込み下さり、また早速にご感想をお送り下さり有難うございました。

                    アユミさんが開口一番に言われたのは「あの子が亡くなり、私は世界でひとりぼっちになりました」という言葉。

                    でも、その後に引いたカードは、アユミさんが誰にも話したことのない想いへの答えでした。

                    ひとり静かにカードを眺められているアユミさんの表情が段々と変わられていき、小さな声で呟かれました。

                    「やっぱりサリーは、凄い子です」と。

                    その姿は1時間前に「世界でひとりぼっちになった」と話してくれた方と同じ人とは到底思いない、とても凛とした表情をされていました。

                    セッション終了時に「私は、ひとりぼっちになった···そう思って絶望していたけど、でも、それは私の勘違いでした。今日、サリーがそう教えてくれました」とアユミさんから言葉を頂き、私もとても嬉しかったです。

                    カードセッションはとてもシンプルです。
                    ご自身が引かれたカードに心が響く。
                    今、最も必要としている答えがそこにあるのでしょう。

                    最愛の我が子を失い、見えなくなった心を優しく解す糸口がカードセッションにはあります。

                    対面セッションのみで行っています。
                    ご興味がございます方はお問い合わせください。

                    なお、10月2日の「ペットロス分かち合い会Nikukyuカフェ」の後にも個人セッションを行います。初の地方開催のため、特別価格にてご提供させて頂きます。ご希望の方はご連絡くださいませ。

                    分かち合い会inNAGOYA詳細はこちらです。
                    お問い合わせ先はこちらです。

                    ペットロスカウンセラー川崎恵

                    《ペットロス相談について》
                    辛い時は、お一人で頑張らずに
                    いつでもご相談ください。
                    悲しみ、後悔、罪悪感でギュッとなった心を
                    少しでも緩めるお話をしましょう。

                    電話相談、対面相談の詳細はこちらす。

                    ご予約はお問い合わせより、ご希望の日時を第3候補までお教えください。

                    なお、入力していただくメールアドレス、電話番号お間違いないようにお願い致します。

                    《今後の開催予定イベント》
                    9月9日
                    次の子相談会
                    次のペットを迎えることに悩まれている方の為の相談会

                    9月22日
                    うちの子カフェ
                    うちの子と今日を100倍幸せにしていく為のお話会

                    9月29日
                    ペットロス 分かち合い会Nikukyuカフェ
                    ペットロスの悲しみを癒す分かち合い会

                    10月2日
                    名古屋 ペットロス分かち合い会Nikukyuカフェ

                    ========================================
                    【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                    サービスメニューはコチラ
                    ペットロス相談は下記フォームから
                    お気軽にお問い合わせください。
                    必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                    ========================================

                      お問い合わせフォーム

                      *は必須入力項目となります。
                      お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                      お名前 (*)

                      メールアドレス (*)

                      電話番号 (*)

                      お問い合わせ内容 (*)

                      メッセージ (*)