ペットロス電話相談「心を少しでも楽にしたい」とお話くださったママへ

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

まめちゃんのママへ

昨日はお電話をくださり有難うございました。「少しでも心が楽になりたい」と事前アンケートに心の内を書いて下さいましたね。

最愛のまめちゃんが旅立って、まだ数日。きっと、まめちゃんの姿が見えないことが嘘のようで、気づけば姿を探してしまう···そんな時もあることでしょう。

ママ、昨日の電話相談の中で「受話器を切ったあと、2つのことを覚えておいて下さいね」とお話しさせて頂きました。改めて、ここに書いておきますね。辛いときの参考にしてください。

まず、ひとつ目は···
思いっきり悲しみ、そして、たくさん泣いて下さいね。

私たちは大人になると泣くことを「悪いこと」のように思ってしまいがちです。でも、涙って、愛する子への想いが心から溢れて、「涙」という形になったのです。まさに、涙とは我が子を想う「愛」です。悪いことではないですよね?

そして、これから周囲の方がママを心配して「いつまでも泣いていては、マメが成仏できないわよ」と言葉をかけてくださることもあるでしょう。心配してくれている故のことですが、ママの涙がマメちゃんの成仏に影響を与えることってないと思うのです。もしそんなことがあったら、怖くて、誰も安心して死ねないです。ママの気持ちはママのもの。思いっきり悲しんで良いのですよ。

悲しみを我慢することは、心に大きな負担をかけることになります。ペットロスを長期化させてしまう原因にもなりますので、悲しむ時期には、思いっきり悲しむことに集中して良いのですよ。

ふたつ目は
しばらく悲しみが続くことを知っておいて下さいね。

ペットロスの悲しみは、我が子を失った悲しみに匹敵します。特に女性は母性もありますし、お世話も多くしますから、見た目はワンちゃんやネコちゃんであっても、その子は掛け替えのない我が子となり、ご自身は「母」になるのです。

我が子を失ったお母さんの悲しみは深いものです。そんな短時間で心がスッキリとする訳がないのです。

悲しみはしばらく続きます。「前向きに考えられるようになったかな」と思っていたら、次の瞬間にドン!と落ち込んでしまうような、心の揺れが起こります。心は様々なことに反応しますから、それこそ、お天気にだって影響を受けるのです。

なので、悲しみが続くことを知っておきましょう。悲しみが続くと知っていれば、心が癒えないことに対して必要以上に不安にならずにすみます。ペットロスの回復に大切なことは、安心して悲しむことです。知識が心を支える側面も大きいので、心の片隅に留めておいて下さいね。

焦らない。
焦らない。
ゆっくりいきましょう。

辛くなったらご連絡くださいね。
またお話しましょう🍀

*最後に···
今回のアドバイスは、マメちゃんのママのお話を伺い、マメちゃんが旅立った時期、そして、ママの現在の状況からアドバイスした内容になります。全ての方に適したアドバイスではありませんので、ご了承くださいませ。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)