ペットロスに向き合う上で大切なこと!息切れせずにペットロスを乗り越える為に

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今月も4ヶ月の継続ケアセッションが始まりました。愛犬ショコラちゃんを見送られたママと一緒に日々を歩ませて頂いています。

先日のZoom相談時にママが言われました。
『私、何事もやるならトコトンしなければいけない!と思ってしまいがちなんです。ショコラのギフトも取りこぼすことなく受け取ってあげなくては!と思ってしまうんです』と。

それを伺って
心から納得!

ママは本当に真面目なんです。そして、このペットロスのケアセッションに対しても一生懸命に向き合ってくださるのが、よく伝わってきます。

だから···
私、あえてお伝えしました。
トコトンではなくボチボチ行こう!」と。

頑張ることは悪いことではありません。
頑張れるって、凄いことです。

ただ···
最愛の子を亡くされたばかりの方は、心身共に相当な衝撃を受けています。そして、とても疲弊しています。

朝、目が覚めて、最愛の子の姿が見えない現実をまざまざと見せられ、それを懸命に受け入れようとしながら、喪失感や後悔に押し潰されないように必死に耐えている。そんな時間が、どうしても多いはず。

息をして
生きているだけで
十分に頑張っているんです。

そのような状況の中で、さらに頑張ってしまったら、それこそ息が切れてしまいます。そもそもエネルギーが蓄積されていない状況なので、枯渇してしまいます。

ペットロスって長丁場です。
だからこそ、向き合うペースが大切。
息切れしてしまったら元も子もないですものね。

焦らない
焦らない
焦らない

トコトンではなく
ボチボチ行こう!

ボチボチでいい。

ボチボチ歩む過程の中で、だんだんと心に緩みが生じてきて、だんだんとエネルギーが蓄積されてくるから。そしたら、歩みだって自然と加速する。

必ず転換点が訪れる
だから大丈夫。

ショコラちゃんのママには「4ヶ月間、私は伴走者になって共には歩みますからね」とお伝えしています。伴走者はペットロスからの回復というゴールだけを目指すのではなく、何よりもママの日々の心身のコンディションを整えていくことが大切です。歩みのペースもそのひとつ。

ママとは「ボチボチ」が合言葉。

きっときっと変わっていく。
その変化した世界が今のママに想像できなくても、必ず変わっていくから、さぁ、ボチボチやっていきましょう。

もし···
最愛の子が旅立った後のペットロスに、伴走者が必要になったら、いつでもお声をかけてください。一緒に歩みましょう。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス継続ケアセッション》
◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)