ペットロス相談「獣医師を親を自分自身を許せず、怒りの気持ちがおさまらない」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

台風19号は過ぎ去りましたが、今回も甚大な被害となってしまいました。皆様の地域に1日でも早く穏やかな日々が戻りますように祈っております。

今日のブログは···
最愛の子が旅立った後の「怒り」についてお話したいと思います。

最近、湧き上がる「怒り」についてのご相談がとても多く、昨日も柴犬トイ君を見送られたママからペットロス相談がありました。ご了解を得て、相談内容の一部をシェアさせて頂きます。

ママからのご相談内容
『トイが旅立って、まもなく1年です。この1年、私はずっとトイの担当獣医師を許せず、憎んできました。

しかし先日、妹に「お姉ちゃんが、先生に対していつまでも怒りを持っていたら、トイが可哀想。トイが15年も診てもらっていた先生なのに。トイが大好きな先生なのに。

お姉ちゃんの怒りは、トイを苦しめているよ。亡くなったトイが悲しむことをいつまでもしているの!」となじられました。

私がトイの死について話せるのは妹だけだったのに、妹にまで”お姉ちゃんは、トイを苦しめたいの?”と言われるなんて···。

私だって、いつまでも鬼のような形相で人を憎むことはしたくないのです。でも、どうすることも出来ません。』

トイ君のママだけでなく、ペットロス相談で「怒り」について悩まれている方は「怒ってはいけない。それは、分かっている。でも、出来ない!」と言われます。

怒っていいのですよ。

怒りは大切なご自身の気持ちです。
心を構成しているピースのひとつです。

だから、無視しちゃいけないのです。
湧き上がる気持ちを無視するって
ご自身をぞんざいに扱うこと同じです。

どうか心に留めておいて下さい。
最愛の子を見送った後のペットロスを癒すには、ご自身の心に対して丁寧に向き合うことが大切です。

想像してみてください。
あなたの目の前に烈火の如く怒っている子供がいるとして、その子を見て見ぬ振りすることは、丁寧な対応と言えるでしょうか?

怒っている子供に対して、頭ごなし”怒るんじゃない!!”と怒鳴りつけることが、癒しに繋がる対応と言えるでしょうか?

みなさんは、どう思われましたか?

怒りって自然な感情です。
自然に湧き上がる想いを理性でグイッて押さえつけたら、押さえつけられる側も押さえつける側も嫌なエネルギーが出ると思いませんか?

怒りたいときは
怒ったら良いのです。

周囲から「亡きペットの為にも怒るな!」と言われたら、亡き子に対して穏やかな気持ちになる為に、ペットロスを克服する為に「怒りに丁寧に向き合う必要がる」と思ったら良いのです。

怒りたいだけ怒ったら
怒りのエネルギーは落ち着きます。

怒りの先に
穏やかな気持ちがありますから
どうか「怒りの感情」を大切にして下さいね。

怒りって
最愛の子が旅立った後のペットロスで
必ず湧き上がる感情なのです。
だから、怒るご自身を責めなくて良いのですよ。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《10月の分かち合い会 のご案内》
日時
10月29日(火)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)