ペットロス相談「ペットロスが苦しすぎて次の子を迎えたい」との想い

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

最近、「次の子」についてご相談を頂くことが非常に多いです。先日のご相談者様も開口一番に言われました。

『ペットロスが苦しすぎるので、次の子を迎えようと思うのですが、大丈夫でしょうか?』と。

う〜ん···
「大丈夫でしょうか?」と聞かれても、正直、困るのです。当たり前ですが、大丈夫か、大丈夫ではないか、私には分からないからです。

次の子についてご相談くださる多くの方が言われます。『寂しすぎて、ペットロスが苦しすぎて、どうにもならなくて···。次の子を迎えることがペットロスの回復に一番良いと聞くので···』と。

確かに出会いとはご縁です。結ばれる時期が、迎える時期となるのでしょう。なので、安易に迎えることを否定はしませんが、ただ、ペットロスカウンセラーとしては、「よく考えていただきたい」と思うのです。

ペットロスが苦しいということは、別れに対して整理が付いていないということ。悲しみや後悔、罪悪感に苦しまれているいうこと。その状況で次の子を迎えることは、ある意味、目の前にある痛みを「次の子」にすり替え、苦しみを感じないようにしているとも言えます。これって、実はとても危険なことなのです。

「次の子」って響きは、夢もあって良いのですが、でも、「良い部分」だけじゃない現実をお伝えするのも、皆さんからのご相談を受けているペットロスカウンセラーの役目のひとつだと思っています。どうか心の片隅に留めておいて頂きたいなと思います。

例えば···
次の子を迎えても愛せないことがあります。新しく迎えた子に対して「私が愛している子はあなたじゃない。なぜ、あの子がいなくて、あなたがいるの?」と真剣に思う時があります。

また、ペットロスでの後悔や罪悪感に蓋をして次の子を迎えた場合、抑えている想いが恐怖となって現れることがあります。それは、次の子が病気になった時や命に危機が訪れた時に溢れ出ることが多いです。

よく「次の子を迎えるとペットロスから立ち直れる」と耳にされることが多いと思います。ペットロスの乗り越え方を模索している方には希望となる言葉ですが、間違えやすい言葉でもあるので注意が必要です

それは「迎える=ペットロスから立ち直れる」ではなく、その過程があるということ。つまり「次の子を迎えることで否応無しに様々な葛藤と向き合わなくてはいけなくなる」為に結果的に立ち直れるのです。ものすごくエネルギーがいることなのです。

なので、ペットロスが苦しいから「次の子」を···と考えられている方にはより苦しい現実になる可能性があることを心に留めておいて頂きたいと思います。

少し夢のないお話になってしまいましたね。でも、とっても大切なことだと思っています。

ペットロスは本当に苦しいです。でも、ペットロスの日々は亡き子との絆が再び深まり、そして、多くの愛を受け取れる貴重な時間でもありますから、どうか恐れないで下さいね。

最後に···
次の子を迎えるということは、素晴らしいことです。亡き子から学んだことを活かせ、日々をより豊かにすることができるでしょう。愛するということ、愛されるということを深く深く感じられるようになるでしょう。だからこそ、迎える時期は、しっかりと考えたいですね。

苦しい時は一緒にお話しましょう。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《8月の分かち合い会 のご案内》
日時
8月29日(木)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)