ペットロス相談「亡きペットの骨壷に触れることができない苦しみと罪悪感」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

先日のブログでは「旅立った子の骨壷を抱き続けている方のお話」をご紹介しました。ご家族に”いい加減にしてくれ”と言われるけれど、抱かずにはいられないお悩みでした。

今日は、全くその反対で「骨壷を抱けないお悩み」についてお話したいと思います。

私に寄せられるペットロス相談では「あの子の骨壷に触れることができない」と心の内を話してくださる方が多いです。先日も悲痛な想いを話して下さいました。ご相談者様のご了解を得て、相談内容を一部シェアさせて頂きます。

『私は愛犬の骨壷を目にすることも、触れることも出来ません。骨壷に触れれば、あの子が旅立った現実を否が応でも感じることになります。一番認めたくない現実を認めなくてはいけません。だから、できません。

でも、分かっているんです。
認めなくてはいけないことを。
私がこのままでは、あの子も浮かばれません。供養すらできない最低なママで心底申し訳ないと思うのです。

だけど、どうしても出来ないんです。
あんなに可愛かった子が、この小さな骨壷の中に収まっているなんて···。この現実が私は恐ろしくてたまらないんです』と。

お話を伺いながら、私も”ある日のこと”が蘇りました。

過去のブログ記事でもお話していますが、私の愛犬ショコラが旅立って随分と経ったある日の朝の出来事です。

枕元にあるショコラの骨壷を目にした時、ふと私の口から漏れた言葉。

それが
こんな姿になって···」でした。

私は自分の言葉に驚きました。ショコラが旅立った現実も受け入れているつもりでしたし、骨壷も抱けていましたから、今更そんな言葉が出てくるなんて···想像もしていなかったからです。

でも、やっぱりね、頭でどれだけ理解しているようでも、心まではなかなか追いつかないものですね。

だから、もし今、骨壷に触れることができなくても無理しなくて良いのです。現実を受け入れることが出来なくても、それはそれで仕方のないことなのです。

心から現実を受け入れるって、時間が必要です。簡単なことではありません。だから、焦らなくて良いのですよ。

ただ、2年、3年、4年と、ずっと現実を受け入れることに拒否し続けることは、それはそれで苦しいことです。「絶対に絶対に受け入れたくない!」と訴えている心の奥にある想いを少しでも癒せたら良いですね。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《6月のペットロス分かち合い会  残席2名
日時
6月29日(土)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)