ペットロス相談「亡き愛犬の骨壷を抱く私に主人が放った言葉が許せない」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

昨日のペットロス相談は「骨壷を抱き続けること」へのお悩みでした。ご相談者様のご了解を得て、セッションの事前相談をシェアさせて頂きます。

『17歳の愛犬が旅立ち、明後日で四十九日を迎えます。私は毎日毎日、愛犬の骨壷を抱いて過ごしています。こんな私に主人は呆れ顔です。”いい加減にしてくれ”と言います。

そして、今日は”少しおかしいぞ。薄気持ち悪い”と言われました。薄気持ち悪いって何でしょう?

旅立った愛犬は私たち夫婦の子供だったはずなのに。私は、主人の言葉がショックすぎて、呆然としています。彼の言葉が許せません』と。

骨壷、抱いちゃいますよね。
と言うより、抱いていたいんですよね。

最愛の子の姿が見えなくなって、大きく環境が変わってしまった中で、唯一、愛する子を今まで通り自らの腕に抱けるのが骨壷ですものね。

私もリスのマロンが旅立った際、随分と長い間、骨壷を抱いていました。両親からも「いい加減にしなさい」と言われていた時、私は友人の一言で救われました。「マロンの骨壷、何よりも大切なんだよね」の一言に。

そう、大切なんです。
他人にどう思われようが、大切なんです。「大切なものを大切にする」って自然なことです。

旅立った子を腕に抱きたい。感じたい。離したくない!と思うこともまた自然なことです。

「離したくない!」と心が叫んでいる時、無理に離す必要なんてないんですよ。

いいんです、抱いていたら。
堂々と骨壷を抱いていたら良いんですよ。

抱きたい時は、心ゆくまで抱く。
泣きたい時は、思いっきり泣く。

遠慮しないでいいの。
周囲の目を気にして変に遠慮をするれば、傷ついた心は一向に癒されません。

傷ついているのはご自身です。
どうかご自身の気持ちを大切にして下さいね。

亡き子への想い、ペットロスへの向き合い方、周囲との悲しみの温度差に悩んだら、いつでもお話しましょう。今月の分かち合い会、残席2名様です。ゆるゆるとお話しましょう。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《6月のペットロス分かち合い会  残席2名
日時
6月29日(土)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)