ペットロス相談「愛犬を看取り、死にたいほど辛い。どうしたら良いか分からない」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです。

昨日のペットロス相談は、愛犬のクルミちゃんを見送られたママが胸の内を話してくれました。ご了解を得て、シェアさせて頂きますね。

『クルミが旅立って1週間。亡くした当初は不思議なほど心のざわつきもなく、今にして思えば過ごしやすかったです。でも今は、苦しくてたまりません。こんなに苦しいのなら、ずっとずっと心も麻痺していたかった。死んでしまいたいほどに辛いです。どうしたら良いのでしょう』と。

本当に ···。
最愛の子が旅立った後、時間の経過と共に、悲しみが深く深く押し寄せてきますね。こんなに辛いのなら心を失くしてしまいたい。何も感じなくなったら、どんなに楽だろう···と思いますね。

寂しくて
恋しくて
会いたくて

苦しくて
苦しくて
どうにもならなくって
もう消えてしまいたい···
そう思うこともありますね。

「消えたい」と思うことも「亡き子に迎えに来て欲しい」と思うことも、最愛の子が旅立ったあとは、自然に湧き上がる気持ちです。

もし、「自らの死」を望むような気持ちが湧き上がっても、頭ごなしに否定するのではなく「そんな風に考える程、辛いんだよね」と自らの心に寄り添ってあげて下さいね。

心だって
否定されるよりも
寄り添われる方が
ホッとするはずです。

優しく寄り添われて
寄り添われて
やっと傷は癒えるものです。

少し想像してみて下さい。

”そんなことを考えてはダメ!”
”いい大人が何を考えているの!”
”いい加減に現実を見て!”
そんな風に声をかけられたら、どうでしょう?

心はキツくないですか?
”優しくない人だな”と思いませんか?

でも···
意外と、自分で自分の心に、強い言葉を投げかけているものです。心を押さえつけているものです。

一番身近な存在であるご自身が
ご自身の一番の味方になってあげて下さいね。

寄り添うことが難しいと思う方は、分かち合い会や電話相談で質問して下さい。一緒に練習しましょう。練習したら、できるようになりますからね。

また、クルミちゃんのママが言われたように「こんなに辛いなら、心が麻痺したままでありたい」と思われる方も多いです。

ペットロスとは尋常なく苦しいですから、「麻痺していたい」と思うことも自然なことです。でも、どうか忘れないで下さい。心の麻痺が緩んだ先に、亡き子からの大きなプレゼントがあることを。

死にたいほどに辛いことだけがペットロスではありません。そんな苦しみだけを亡き子は残したりしません。

我が子の大きな愛を信じてあげて下さいね。
ペットロスカウンセラー川崎恵

《6月のペットロス分かち合い会  残席2名
日時
6月29日(土)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)