ペットロス相談「生前よりペットの葬儀準備をした後悔と罪悪感について」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

ペットロス相談では「生前より葬儀の準備をしたこと」への後悔と罪悪感について心の内を話して下さる方が多いです。

『あの子が生きている時から葬儀会社を調べたから、私の想いを察して、あの子は旅立ってしまったのではないでしょうか?あの子は生きようとしていたはずなのに、そんなあの子の気持ちを私は削いでしまったのではないでしょうか?』と。

ここで少し私の話をさせて下さい。

私はリスのマロンが旅立った時、当時はインターネットが身近にない時代でしたから電話帳で調べた葬儀屋さんでマロンを火葬しました。しかし、この火葬が私に後悔と罪悪感を残しました。

まるでプレハブのような簡素な施設で見送ってしまったことが、私に「最後の最後にこんな場所で旅立たせてしまって、ごめんね」との想いを残しました。

だから、次に迎えた愛犬ショコラの時は、ショコラが元気な時から、私は見送り方は考えていました。

どんな見送り方をしたいか、お坊さんは誰にお願いするか、心を整える為に葬儀までどれくらいの日数が必要か、ショコラに何を持たせてあげるか、私以外の家族は参加できる形になっているか、いろんなことを考えました。

考えていたお陰で、ショコラはなんの前触れもなく突然に旅立ちましたが、結果的に納得できるお見送りができました。マロンへの後悔と罪悪感がショコラに活かしてあげることができました。

これは私個人の考えではありますが···
生前よりお見送りの準備をすることは、決して悪いことではないと思っています。むしろ、私たち飼い主が最後の最後、あの子たちを送り出す為にセッティングしてあげられるものが葬儀です。想いを込めて準備をしてあげて良いのだと思います。

準備って「愛」だと思うのです。
我が子を想う愛。

準備を「我が子への愛」と捉えられたら、後悔や罪悪感を抱く必要はありませんね。

そして、これも私が勝手に思っていることですが、私たちがどれだけ「見送りの準備」をしても、それにより尊い命をあの子たちが短くするようなことはないと思うのです。

命って、そんな軽いものではないですよね?命をどうこうできる権限は、きっと、神様以外持っていないと思うのです。私達もペット達も与えられた命の時間を生きる、生ききることしかできないと思うのです。

だから···
我が子のためにお見送り準備をしたご自身をどうか責めないで欲しいと私は思います🍀
ペットロスカウンセラー川崎恵

《6月のペットロス分かち合い会 》
日時
6月29日(土)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)