ペットロス質問箱「愛犬が旅立ち、一番好きだった春がくるのが怖い」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

Twitter質問箱にご質問を頂きました。

『2月15日、我が家の犬が16歳で亡くなりました。ショックが強すぎたのか殆ど涙が出てこなかったのに、今になり涙が溢れ、止まりません。

天気予報では「暖かくなってくる」と言っていて、それを見ると胸が苦しくなります。あの子と一緒に春を迎えたかった。

季節は春が一番好きだったのに、あの子と過ごせない春なんて私には辛いだけです。 これから暖かくなり、春が来るのがとても怖いです。私はどうすればいいのでしょうか。』

Twitter質問箱をご利用下さり有難うございます。

最愛の子を見送った後、「春」って本当に辛く感じるんです。クリスマスを迎える前と同じくらいに辛く感じます。

その理由はいくつかあるのですが、今日は3つご紹介します。

その1
人も街も華やぎ、ご自身の心(内側の世界)と外側の世界のギャップが大き過ぎて辛く感じるのです。

その2
春は、我が子達との楽しい思い出もたくさんある季節だからこそ、2度と「あの日々」を過ごせないかと思うと辛く感じるのです。

その3
ワンちゃんと暮らされている方は「春になったら、お散歩に行こうね。桜を見に行こうね」と約束をされていた方も多く、冬から春に季節は巡るけれど、待ちに待った春に大切な我が子がいないことが辛く感じるのです。

そして、今回のご相談は「春がくるのがとても怖い。どうしたら良いでしょう」という内容でした。

直接お話していないので分かりませんが、今回のご相談者様は、ワンちゃんを見送られて、まだ日も浅いです。確かに、春を迎えるのが怖い気持ちも大きいと思いますが、本当は、もっともっと心にたくさんの想いを抱えられているのではないかな···とも思います。

会いたい気持ち
寂しい気持ち
置いていかないで!という気持ち
後悔している気持ち
ごめんね···という気持ち

色々あると思うのです。
もちろん、「春が怖い」との想いもそのひとつ。

いま大切にして頂きたいことは、気持ちをコントロールしようとすることではなく、むしろ、ご自身の想いを「そうだよね、そう思うよね」と丁寧に受け止めていくこと。そして、たくさん涙することです。まず、その2つを意識してみて下さいね。

そして、もしよろければ、分かち合い会電話相談で詳しくお話を聞かせて下さい。一緒に「今できること」を考えていきましょう🍀

ペットロスカウンセラー 川崎恵

《2月のペットロス分かち合い会 残席3名様
日時
2月27日(水)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)