ペットロス「自分だけが生きていることへの罪悪感」を緩めるための質問

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日は、最愛のペット達が旅立ったあと「自分だけが生きていることへの罪悪感」について綴りたいと思います。

ペットロス相談では、誰にも言えずにいる想いをお話下さる方が多いです。先日も猫の大吉ママがこんなお話をして下さいました。

『毎日、あの子に言っているんです。
ママだけが生きていてごめんね···と』

私だけがご飯を食べる
私だけが暖かい布団で眠る
私だけが楽しい想いをする
私だけが生きている
あの子は出来ないのに ···

実はこのようにお話下さる方が多いです。

昨日、セッションを終えて
ふと思いました。

私だったら
母に
大切な人たちに
どう思ってもらいたいかな?と。

そして、思ったんです。

笑っていて欲しい!と。

『めぐちゃんね···
ペットロス!ペットロス!と言ってたわね。
優しい世界を創る!なんて大きなことを。
ちょっとおバカなのよね。

あの子、鶏ばっかり食べていたわね。
朝、一番最初に口に入れるのは餡子なのよ。
エビとチキンと餡子を出せば
「パーティーだ♪」と喜ぶ単純な子だったわね。

あの子、寝言が治らなかったわね。
子供の時から寝てても喋る子だった。

あまり成長しない子だったわね♪』

どんな内容でもいい。
私を想い
優しく笑っていてくれたら
本当に嬉しいな!と思いました。

皆さんはどうですか?
皆さんが旅立ったとして
大切な人にどんな風に思い出して欲しいですか?

普段はどうしても見送った側の視点で考えてしまいます。「ママだけが生きていてごめんね···」との想いも見送った側の視点です。

どんなことも見る視点を変えることで、見える景色が変わるものです。また、「自分ごと」として考えることでも、見える景色は変わります。

是非「私だったら、どんな風に思い出して欲しいだろう?」と想いを馳せてみて下さいね。

最後に、ここで大切なこと🍀
どんな想いが湧き上がっても、ご自身を責める必要はないことを覚えておいて下さいね。湧き上がる想いは、「今、この瞬間の大切なキモチ」です。優しく受け止めてあげて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
今だけセッション終了後、メールにてフォローセッションをさせていただきます。

《12月分かち合い会詳細とお申込み方法》
日時
12月19日(火)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。
https://www.cher-ange.com/contact

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)