ペットロスの悲しみを癒すメモリアルフォルダーセッションのご感想(ルカ君ママ)

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日は「ペットロスの悲しみを癒すペンダントを作る:メモリアルフォルダーセッション」を受けて下さっていたルカ君のママから嬉しいご報告を頂きましたのでシェアさせて戴きます。

『先生、ルカと一緒に新しい家に引っ越しできましたことをご報告します。

半年前に家の引っ越しが決まって、私は旅立ったルカをあの家に置いてきてしまうのではないか、怖くて怖くてたまりませんでした。あの時の私は半狂乱のようでしたね。

でも、メモリアルフォルダーづくりに取り組んだ3か月のお陰で、自分ではどうにも出来ないほどコントロール不可能なきもちが自然と落ち着きました。

先生と交わしたメールのお陰ですね。毎回長文メールを送ってごめんなさい。でも、どんな想いを書いても受け止めてくれる先生の存在に本当に救われていました。

いま、胸にルカがいます。
ずっと抱きたいと思っていたルカを優しく包むことができます。こんな日が来るとは思わなかった…。

新しい家にもルカが大好きなお花をたくさん植えようと思っています。先生、いつか遊びに来てくださいね。そして、ルカに会ってあげて下さいね。』

ルカ君ママ、嬉しいご報告を有難うございます。ルカ君と一緒にお引っ越しができて本当によかったですね。

初めてご連絡を頂いた時、ママは言われましたね。「解体する家にルカを置き去りにしてしまうのではないかと心配でなりません。そんな恐ろしいことは絶対に出来ません!先生、私は気がおかしくなりそうです」と。

あの日から3カ月、私たちはルカ君の話しをたくさんしながら、世界で一つだけのメモリアルフォルダーを作りました。

ママは、この3ヶ月の間ずっと言われていました。「あの子と一緒に生きたいんです。あの子に恥じない生き方をしたいんです。ここからもう一度、あの子と生きていく為に、私はこのメモリアルフォルダーを妥協なく作りたいんです。」と。

ママ、本当に一生懸命に向き合いましたね。きっと、普通に「ペットロスを克服しよう」と目標を決めても、ここまでの向き合い方は出来ないでしょう。

ママの「ルカと共にここから生きる!」との想いが、メモリアルフォルダー作りに集中させたのでしょうね。

メモリアルフォルダーを作る過程がペットロスに向き合う過程だと気づいたママが、柔らかくて微笑まれ「先生、私、向き合えているね・・・あんなにペットロスに向きあうことが恐ろしかったのに、私、ちゃんと出来ているね」と言われた日を私は忘れません。

そして、出来あがったフォルダーをお渡しした日、涙いっぱいに「お帰りに!」と言われたこと。「ここからルカと生きます」と笑顔で言われたその日を私は忘れません。

ママ、一緒にルカ君のメモリアルフォルダーを作らせて頂きましたこと、心より感謝しています。

またお話しましょう!ママとルカ君とで丹精込めて作られたお庭に遊びにいかせて頂きますね。その日を楽しみにしています。

ペットロスカウンセラー川崎恵

メモリアルフォルダーセッションの詳細はこちらです。

*4月29日ペットロス分かち合い会 残席1名様
詳細とお申込みはこちらです。

*4月16日22時「ペットロスカウンセラー川崎恵」LINELIVE配信
チャンネル設定と詳細はこちらです。

*我が子の旅立ち、あなたの想いをペットロス体験談にお寄せください。ペットロスカウンセラーの私からブログにてお返事させて頂きます。心の回復に是非ご利用ください。体験談フォームはこちらです。

*誰にも聞けないペットロスへの不安、疑問を気軽にTwitter質問箱にお寄せください。Twitter、ブログにてお返事致します。質問フォームはこちらです

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 ========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
匿名の電話相談はコチラ
サービスメニューはコチラ
上記以外について、下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)