Twitter質問箱「亡きペットが煩わしかった。でも、今は後ろめたさで辛い」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

Twitter質問箱に以下のご質問を頂きました。

『ひとつだけ 記事を読んでみた者です。

実は介護をすることもなく、突然異変に気づいて、わずかでペットが旅立ちました。そのときに思い出しました。

わたしはこの子がいなくなってくれたらいいなぁとか煩わしいとかです。私の場合 ペットロスではない、ネガティブさではないでしょうか?

そのいなくなればいいと思っていたことは、ペットロスとは言わないですよね。

かといって嬉しくもないです。
ただ後ろめたさが辛いです』

Twitter質問箱をご利用下さり有難うござまいます。

ご相談者様とペットちゃんとの関係性、また、どのような時に「この子がいなくなってくれたら良いなぁ」とか「煩わしいな」と感じたかが分からないので、適切なご回答はできませんが、それでも、人は「老い」や「死」に対して恐怖を感じるものです。

愛する者の「死」を前にした状況は、とても苦しく、心に大きなストレスがかかります。

このような究極な状況時「ここから解放されたい」と思ってしまうことは自然なことだと私は思います。

解放されたいほどに、愛する子の死に恐怖を感じ、追い詰められている状況だと思うからです。

でも、実際に旅立ってしまった後は、ご自身の抱いた想いに対して後悔や罪悪感、後ろめたさを感じます。

ご相談者様と直接お話をしていないので分かりませんが、今、後ろめたさで辛いのならば、それは最愛の子を失った後の ペットロス なのではないでしょうか。

ひとりと一匹が出会うには意味があると思います。意味のない出会いはないと思います。

また逆も然りです。
意味のない別れはありません。あの子たちは必ず別れの中にも大きな学びを残してくれているはずです。

残された私たちは、時間をかけながら彼らが残してくれた学びに気づき、今後の人生に活かしていきたいですね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス相談について》
辛い時は、お一人で頑張らずに
いつでもご相談ください。
悲しみ、後悔、罪悪感でギュッとなった心を
少しでも緩めるお話をしましょう。

電話相談、対面相談の詳細はこちらす。

ご予約はお問い合わせより、ご希望の日時を第3候補までお教えください。

なお、入力していただくメールアドレス、電話番号お間違いないようにお願い致します。

《今後の開催予定イベント》
9月9日
次の子相談会
次のペットを迎えることに悩まれている方の為の相談会

9月22日
うちの子カフェ
うちの子と今日を100倍幸せにしていく為のお話会

9月29日
ペットロス 分かち合い会Nikukyuカフェ
ペットロスの悲しみを癒す分かち合い会

10月2日
「名古屋 ペットロス分かち合い会Nikukyuカフェ」

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)