「ペットロスカウンセラーがペットロスになる」カテゴリーアーカイブ

保護犬ゆめに出会い4年「幸せにする」覚悟の空回り

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日は全く個人的なお話です。
もし宜しければ、お付き合いください。

私にとって、今日2月16日は特別な日です。4年前の2017年2月16日、私は愛犬結愛に出会いました。

先住犬のショコラを見送った私は、いつの日か保護犬から次の子を迎えると決めていました。でも、それはずっと先のことと思っていたので、あえて里親募集サイトなどは見ないでいました。でも、なぜかなぜか開いてしまった保護団体さんのブログ。

そこに掲載されていたのが
”ゆめ”という名の女の子。

この子に会いたい!と思いました。
理由なんて分からないけど
心がこの子に釘ずけになりました。

そして、ただ会いたくて
3日後に行われた譲渡会に参加しました。

”はじめまして”と挨拶して
1回だけ抱っこして
1枚だけ写真を撮らせてもらい
清々しい気持ちになって
名古屋から横浜に帰りました。

あの日から4年。
何度も譲渡会のことを思い出すんです。譲渡会会場では私と同じように結愛に会いたくて、たくさんの方が結愛の周りにいました。「結愛を家族に迎えたい」と希望された方がたくさんいらっしゃいました。

結愛が我が家に来てくれることになった時、私は勝手に、本当に勝手に、その方達の想いの分も「結愛を幸せにしよう」と誓ったんです。「動物達を家族に迎えたい!」と真剣に思う人たち、そこにある大きな覚悟を知っているからです。

だけど···
いや「だから」かな。
時々思うのです。
時々じゃない、結構思うのです。
「私は結愛を幸せにできているかな?」って。

繁殖犬だった結愛は、今でもとても怖がりで、私以外の家族と深い信頼関係が築けていない状態です。お散歩も、そんなに好きじゃなくて、外よりも家でマッタリ、私の膝の上ばかりにいる子。

楽しめているかな、結愛?
幸せかな、結愛?

彼女の姿を見ながら
そんな風に思うことが多いんです。

でも···
今日ふと思ったんです。

動物達を家族に迎える時
「幸せにする」覚悟って
もちろん大切だけど
絶対に大切だけど

だけど
幸せって
本人(本犬)が感じるもの。

私がどれだけ「結愛を幸せにするんだ!」と行動しても、それを結愛が「幸せ」と感じるかどうかは、結愛の選択。

ということは···
私は、ただただ彼女を愛することしかできないんじゃないかと思ったんです。

真剣に愛する
それでいいと思いました。

もちろん「幸せ」に感じてくれたら心から嬉しいけど、そこは結愛にお任せ。

ひとりと1匹が出会い
共に生きる。
そこでの日々はイメージ通りにいかないことも多々ある。

全てが想像の範囲内だったら
学びは少ないものね。

そんなことを考えながら引いたカード。
メッセージはとても優しかったです。

「完璧でないから出逢えたんだよ」

ホントそうだね。
完璧を求めがちだけど
そもそも
完璧ではないからこそ
出会えたのかもしれない。

ならば···
ひとりと1匹で
築き上げたらいいね。
幸せって
共に築いていくものだものね。

そして
幸せの形は
ひとりと1匹
そのペアの数だけある。

出逢いから
4年目の朝に
そんなことを感じました。


ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス相談のご案内》
電話相談・Zoom相談を行っています。
60分 15,000円(税別)
詳細はこちらです。
当日のご相談も可能です。

《ペットロスを癒すヒーリングブック”Letter”》
公式HPはこちら

《ペットロス継続ケアセッション》

◇継続セッションの特徴
・毎日のメール相談
・1週間1度のzoom相談
・5時間の電話相談「助けてコール!」
・オンライン上でのグループ相談会
・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
詳細はこちらです。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

    お問い合わせフォーム

    *は必須入力項目となります。
    お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

    お名前 (*)

    メールアドレス (*)

    電話番号 (*)

    お問い合わせ内容 (*)

    メッセージ (*)

     

    ペットロスを経験したからこそ弱い自分を優しく抱きしめる朝がある

    ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
    (詳しいプロフィールはこちらです)

    今日は全く個人的なお話です。
    もしよかったらお付き合いくださいね。

    昨夜から私
    ずっとソワソワしています。
    眠ることもあまり出来ず
    目が覚める。

    きっと、緊張しているんだろうな···と。
    どうにも出来ない
    そんな気持ちと向き合うために
    今、ブログを書いています。

    今日、愛犬結愛が炎症の原因となっている歯を抜くために麻酔をかけます。全身麻酔ということも私を不安にさせていますが、最低8本と言われている部分にも心が締め付けられています。

    結愛は元々保護犬で、彼女を迎えてから歯のお手入れは毎日行っていても、どうにもならない戦いのような感じでここまできて、今日、処置を行うのですが、わたし不安なんです。

    何が不安って···
    先代の愛犬ショコラは病院で亡くなりました。突然死でした。お爪切りをしてなくなりました。

    もう何年も前のことですが
    でも、私は病院が怖いんです。

    結愛を迎えた当初は、病院へ行く際に、「今日は結愛にとっても、私にとっても良い日であるか」なんて数秘で調べてから行っていた程に、実は病院が怖くなっていたんです。

    最近は落ち着きましたが、やはり根本には恐怖があるので、心と体が反応するんですね。

    体に意識を向けると
    湧き上がる恐怖を感じたくなくて
    ものすごく力が入っている状態。

    どうしたった恐怖という感情は心地よくないものです。だから無意識的に排除しようとします。「そんな状態···」と冷静に受け止めて、あえて、私はその恐怖と一体になろうとしています。

    一体になるとは
    その恐怖に飲み込まれるのではなく
    意志を持って
    恐怖と共にあろうとすること。

    ちょっと勇気のいることだけど
    恐怖も大元は愛なので
    恐怖を抱きしめるように感じていると
    体の中で異物化していた恐怖が
    ゆっくりと私に融合されます。

    丁寧な呼吸を繰り返しながら
    「怖い」と感じている心を抱きしめます。

    すると
    心がちょっと落ち着きます。

    この「意志を持って一体化する」って
    なかなか良いものです。

    弱い自分
    傷ついている自分
    そのまま抱きしめる
    そんな方法です。

    この方法は、ショコラが旅立ち、悲しみに暮れていた時に身につけました。悲しみも根本は愛ですから。

    思うまま
    感じるまま
    つらつらと書きました。

    もし今、不安や恐怖、悲しみに心を締め付けられている方がいらっしゃったなら、どうかその想いを排除せずに、優しく抱きしめてあげて下さいね。きっと、心は、その想いを優しく包んで欲しいはずですから···。

    ペットロスカウンセラー川崎恵

    《ヒーリングブック”Letter”》
    公式HPはこちら

    《ペットロス継続ケアセッション》

    ◇継続セッションの特徴
    ・毎日のメール相談
    ・1週間1度のzoom相談
    ・5時間の電話相談「助けてコール!」
    ・オンライン上でのグループ相談会
    ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
    詳細はこちらです。

    《ペットロス 電話相談のご案内》
    辛いときは、いつでもご相談下さいね。
    ご相談の詳細はこちらです。
    電話相談は当日予約も可能です。
    対面相談も行なっています。

    ========================================
    【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
    サービスメニューはコチラ
    ペットロス相談は下記フォームから
    お気軽にお問い合わせください。
    必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
    ========================================

      お問い合わせフォーム

      *は必須入力項目となります。
      お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

      お名前 (*)

      メールアドレス (*)

      電話番号 (*)

      お問い合わせ内容 (*)

      メッセージ (*)

       

       

      ペットロスカウンセラーが我が子の死に思う「悪夢は悪夢として大切に携えて生きていく」

      ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
      (詳しいプロフィールはこちらです)

      今日は私の独り言です。
      もしよかったら、お付き合い下さい。

      なぜだろう?
      ふと、先住犬ショコラが旅立った日のことを思い出したんです。

      あの日は···
      とても風の強い日でしたが
      ”ごくごく普通の日”のはずでした。
      ”なんてことのない日”のはずでした。

      でも、悪夢は突然起こって
      まるで強い風が
      あの子を連れ去るかのように
      私の目の前から急に旅立ってしまいました。

      あの瞬間は
      自分がまるでドラマでも見ているような
      現実でありながら
      現実ではない···感じ。

      発狂しながらも
      どこか冷静で
      遠い世界を見ているような···感じ。

      でも、その後
      私が見ていた景色は
      リアリティを持った悪夢のように
      私にフラッシュバックしてきました。
      何度も何度も···。

      いま思い出しても
      筆舌しがたいしんどさです。

      だけど、思うんです。
      悪夢に襲われている渦中は
      あまりに苦しくて
      「なんとかしたい!!」と思うけど
      でも出来ないんですよね。

      悪夢はどの角度から見ても悪夢です。

      捉え方を変えてみよう!とか
      ポジティブに考えよう!とか
      そんなこと私には出来ませんでした。
      今でも無理。

      悪夢は悪夢

      だけどね···
      悪夢は悪夢なんだけど
      あの瞬間の悪夢を
      私は排除しようとは思わないんです。

      恐ろしき悪夢ではあるけれど
      最愛の子の旅立ちの瞬間でもあるから
      私はその悪夢を
      私の中で大切にしていきたいと思っています。

      ”なんてことのない日”のはずが
      ”ごくごく普通の日”のはずが
      ”悪夢の日”になっちゃったけど
      私はその悪夢の日を大切に携えて
      生きていきたいと思っています。

      なぜ急にこんなことを思ったのか?
      分からない。

      でもね···
      不思議とショコラに「ママちゃん、有難う」と言われているような気がしています。こちらこそ、いつも有難うね、ショコラ。
      ペットロスカウンセラー川崎恵

      《ヒーリングブック”Letter”》
      公式HPはこちら

      《ペットロス継続ケアセッション》

      ◇継続セッションの特徴
      ・毎日のメール相談
      ・1週間1度のzoom相談
      ・5時間の電話相談「助けてコール!」
      ・オンライン上でのグループ相談会
      ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
      詳細はこちらです。

      《ペットロス 電話相談のご案内》
      辛いときは、いつでもご相談下さいね。
      ご相談の詳細はこちらです。
      電話相談は当日予約も可能です。
      対面相談も行なっています。

      ========================================
      【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
      サービスメニューはコチラ
      ペットロス相談は下記フォームから
      お気軽にお問い合わせください。
      必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
      ========================================

        お問い合わせフォーム

        *は必須入力項目となります。
        お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

        お名前 (*)

        メールアドレス (*)

        電話番号 (*)

        お問い合わせ内容 (*)

        メッセージ (*)

        ペットロスカウンセラーがペットの命と向き合い、心を癒すために作ったヒーリングブック発売

        ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
        (詳しいプロフィールはこちらです)

        すでにご案内しておりますヒーリングブック『Letter』が9月16日に販売開始となります。とっても優しい絵本に仕上がりました。

        ペットロスカウンセラーとしてずっと思っていました。「ペットロス」という言葉は多くの方に認知されつつあるのですが、残念ながらペットロスの方に寄り添う優しい社会はまだ出来上がっていません。

        だから、どうしても愛する子を失った方は孤独を感じることが多くなってしまいます。これって、本当に苦しいことですね。

        では、どうすればその苦しみを弱めることができるのだろう?何があれば救いとなるのだろう?

        私は、愛する存在を失った心には「支え」が必要だと思っています。どんな形であっても何かひとつでも心の支えがあれば、心は極限の状態から救われます。

        そして、その救いを求めているのは、実は私も同じです。どれだけペットロスの知識があっても、何度最愛の子を失う経験をしても、別れの苦しみは慣れるものではないからです。

        今、私の目の前に愛する子がいます。この子を失うであろう日を想像すれば、やっぱり恐怖でしかありません。なので、今回制作したヒーリングブック『Letter』は、いつの日か必ず愛する子と別れるであろう未来のわたしを救うつもりで臨みました。

        自らの心に何度も何度も問い続けて。
        どうしたら心が和らぐのか?
        これなら気持ちがホッとするのか?
        これなら呼吸がしやすくなるのか?
        これなら少しの希望を見いだせるのか?
        これなら私は生きていけるか?と。

        絶望一色になっている未来のわたしに一点の曇りもない優しい世界を見せてあげたい。その一心で作りました。

        また、この作品には多くの方のお力をお借りしています。その方々のお陰で優しい『Letter』という世界が誕生しました。

        はばかりなく堂々と言います。
        私にとって『Letter』は
        自信作です!

        最愛の子を見送った方だけでなく、今この瞬間、愛する子と共に暮らされている方にも是非触れて頂きたいです。

        きっと、きっと···
        愛する子と出会ったことへの感謝、いま共にあることへの感謝で心がフワッとあたたかくなるのではないかな···と思っています。

        本当はもっと軽やかに紹介したいのに、『Letter』への想いが大きすぎて、なんだか重くなってしまいました💦

        『Letter』はダックスフンドのダッくんと小さな女の子メイちゃんの物語です。どこまでも優しい世界が広がっています。どうか安心して『Letter』の世界に触れてみてくださいね。
        ペットロスカウンセラー川崎恵

        《ペットロス継続ケアセッション》

        ◇継続セッションの特徴
        ・毎日のメール相談
        ・1週間1度のzoom相談
        ・オンライン上でのグループ相談会
        ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
        詳細はこちらです。

        《ペットロス 電話相談のご案内》
        辛いときは、いつでもご相談下さいね。
        ご相談の詳細はこちらです。

        電話相談は当日予約も可能です。
        対面相談も行なっています。

        ========================================
        【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
        サービスメニューはコチラ
        ペットロス相談は下記フォームから
        お気軽にお問い合わせください。
        必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
        ========================================

          お問い合わせフォーム

          *は必須入力項目となります。
          お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

          お名前 (*)

          メールアドレス (*)

          電話番号 (*)

          お問い合わせ内容 (*)

          メッセージ (*)

          ペットロスに向き合ったパパママへ「我が子とギフトのキャッチボールをしよう」

          ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
          (詳しいプロフィールはこちらです)

          今日のブログをこの内容で書こうか、3日間悩みました。でも、書くことにしました。もしよかったら、お付き合いください。

          ことの発端は、先日「ペットロスカウンセラーがペットロスになって4年越しにもらった考えもしないギフト」という、なんとも長いタイトルのブログを書きまして、その後、継続セッションを受けてくださっているシーズーショコラママから、こんなメールを貰ったんです。

          『川崎さんのブログ読みました。

          誰をも恨む事なく、これは川崎さんのショコラからのほんとに大切なギフトなんですね

          私とはまた違う苦しみがあったお別れで。それでも今、前を向いて生きている。それが最大のギフトなんだろうなーって、読みながら思いました』と。

          ママからのメッセージを読んで、ふと、こんなイメージが浮かんだんです。

          キャッチボール。
          ギフトのキャッチボール。

          私はママにこんなお返事をしました。

          『ブログを読んでくださり、有難うございました。私、啓子さんのメールを読んで気づきました。

          啓子さんのショコラも、私のショコラも私たちが前を向いて生きれるよう、日々たくさんのギフトをくれていますね。

          私たちがあの子達のギフトを受け取って、そして、前向きに生きること、それが「私たちにできるあの子たちへのギフト返しなんだ」と私は啓子さんのメールから気づきました。

          私たちが我が子のギフトに喜んでいるように、2匹のショコラも私たちが笑顔で前を向いている姿を見て、私たちからのギフト返しを喜んでくれているでしょうね』と。

          なぜ、この内容をブログに掲載するか迷ったかというと、私のブログを読んで下さっている方の中には我が子との別れに悲しみ、決して前を向ける状態にない方が多くいらっしゃるからです。

          きっと、絶望の中にいらっしゃる方にとって、「前向き」なんて言葉は息苦しさを感じるでしょうし、「前向きに生きることがギフト返し」なんてフレーズはご自身を責めてしまう要因になってしまうかも··と思ったからです。

          でも、私は、ブログに掲載することにしました。それは、私のブログを読んでくださる方は「ペットロスの渦中にいらっしゃる方」だけでなく、「共にペットロスに向き合い、亡き子との関係性を築くために歩いた方々」がいらっしゃるからです。

          私は、頑張って頑張ってペットロスに向き合った方達にエールを贈りたい!と思いました。また、ショコラママが昨日、以下のメールを送って下さって、ママの変化に改めて私は感動し、ママに「3ヶ月、頑張ったね」の想いと共に、なんか「有難う」も伝えたくなって、この内容をブログにアップすることにしました。

          ショコラママからのメール↓
          『昨日の川崎さんからのメール、仕事の休憩中に読んで、ウルウルしました。

          ギフトのキャッチボール、心にスーッと入ってきました!とても温かい言葉です。そして、これを私も川崎さんもしているのだと思うと心がジーンとしました。

          ショコラからのギフトを受け取り、それを大切に大切に感じて、笑顔で生きる。それが今度はショコラへのギフトとなって、ショコラに贈られ、ショコラが受け取ってくれて、虹になったり、雲になったり、風になったりして、存在アピールしてくれる。そんなキャッチボール、とてもステキだなと思いました。

          「ショコラ、見てるよね?聞いてるよね?ショコラ、ありがとう!ショコラ、一緒に生きて行こうね!ショコラからのギフトを受け取ってお母さんは、笑顔で生きてるよ!ショコラも嬉しい?」って、たくさんたくさんお話してから仕事にむかっています!ショコラと一緒に!』と。

          ショコラママ、そして、今までご縁をいただき共にペットロスに向き合ったママパパ達、これからも最愛の我が子とギフトのキャッチボールしていきましょうね。皆さんなら出来ますからね。

          我が子との絆、ますます深めていきましょう。これからもずっと応援していますね🍀
          ペットロスカウンセラー川崎恵

          《ペットロス継続ケアセッション》

          ◇継続セッションの特徴
          ・毎日のメール相談
          ・1週間1度のzoom相談
          ・オンライン上でのグループ相談会
          ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
          詳細はこちらです。

          《ペットロス 電話相談のご案内》
          辛いときは、いつでもご相談下さいね。
          ご相談の詳細はこちらです。

          電話相談は当日予約も可能です。
          対面相談も行なっています。

          ========================================
          【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
          サービスメニューはコチラ
          ペットロス相談は下記フォームから
          お気軽にお問い合わせください。
          必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
          ========================================

            お問い合わせフォーム

            *は必須入力項目となります。
            お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

            お名前 (*)

            メールアドレス (*)

            電話番号 (*)

            お問い合わせ内容 (*)

            メッセージ (*)

             

            ペットロスカウンセラーがペットロスになった/4年越しにもらった考えもしないギフト

            ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
            (詳しいプロフィールはこちらです)

            今日は全く個人的なお話です。
            いわゆる不思議なお話です。
            もし良かったら、お付き合い下さい。

            みなさんも旅立った子に何気なく話しかけることってあると思うのですが、私も先日、ふと···愛犬ショコラに話しかけました。

            「ショコラ、あなたは突然に旅立ってしまったけど、あなたは私に誰も恨ませることはなかったね。私に後悔という想いを教えてくれたけど、私は私以外の誰をも恨まなかった。

            きっと、私は「誰かのせいで」あなたを失うことになったら、その憎悪は、私自身をも滅ぼしただろうと思う。ショコラ、本当にありがとうね」と。

            そしたら···
            こんな言葉が胸に広がりました。

            「ママちゃん、それは違うよ」と。

            「”恨ませなかった”のではなく、ママちゃんが”恨まなかった”んだよ。えらかったね、ママちゃん」と。

            ストン····と
            胸の深いところに落ちました。

            まるで深い深い井戸の底に
            一滴の水がスッと落ち
            波紋が広がっていく感じ。

            ショコラは、その日はじめて行った病院で旅立ちました。健康診断でどこも異常がないと伺った数分後に旅立ちました。お爪を切ってもらおうとしたときに、何の前触れなく旅立ちました。

            恨もうと思ったら、恨めるポイントはたくさんあったのかもしれない。でも、そんな気持ちは全くなかったんです。だから、私は何年もショコラに「ありがとう」と言い続けてきました。

            ショコラが旅立って4年。
            こんな言葉をもらえるなんて想像もしてなくて、心から驚きました。ショコラ、優しいギフトをありがとう。あなたをいつまでも愛しているよ🍀
            ペットロスカウンセラー川崎恵

            《ペットロスオンラインサロン》
            9月から毎週月曜日にZoomを通して
            オンラインサロンを始めます。
            詳細はこちらです。

            《ペットロス継続ケアセッション》
            ◇継続セッションの特徴
            ・毎日のメール相談
            ・1週間1度のzoom相談
            ・オンライン上でのグループ相談会
            ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
            詳細はこちらです。

            《ペットロス 電話相談のご案内》
            辛いときは、いつでもご相談下さいね。
            ご相談の詳細はこちらです。

            電話相談は当日予約も可能です。
            対面相談も行なっています。

            ========================================
            【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
            サービスメニューはコチラ
            ペットロス相談は下記フォームから
            お気軽にお問い合わせください。
            必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
            ========================================

              お問い合わせフォーム

              *は必須入力項目となります。
              お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

              お名前 (*)

              メールアドレス (*)

              電話番号 (*)

              お問い合わせ内容 (*)

              メッセージ (*)

              ペットロス・亡き愛犬の誕生日に「今」の私が「未来」の私にできること

              ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
              (詳しいプロフィールはこちらです)

              昨日は、愛犬ショコラの誕生日でした。
              おめでとう、ショコラ。
              あなたを愛しているよ。

              ショコラと共に過ごしている時
              私は彼女が愛しくて愛しくて
              まさに溺愛していました。

              そして、ある日
              突然、旅立ちました。
              ホントに突然に···。

              そしてペットロスになりました。
              ペットロスの専門知識がどれだけあっても、今まで多くの子を見送っていても、やはりペットロスになるのです。

              別れって
              ”死”って
              何度経験しても
              慣れるものではありません。

              ただ···
              本当に毎回、亡き子からはたくさんのことを教えてもらっています。命をかけて教えてもらっています。感謝でしかないのです。

              そして今、私は元保護犬の結愛と暮らしています。私にとって結愛は、とても大切な存在です。ショコラと同じく愛しくてたまりません。

              でも、必ず彼女とも別れる日は訪れます。

              是が非でも避けたいけれど
              それが出来ないことも
              よく分かっています。

              だから···
              私は今この場から
              傷ついているであろう
              未来の私を救いたくて
              ヒーリングブック『Letter』を作りました。

              本当はショコラのお誕生日には『Letter』をお披露目したかったのですが、システム調整にもう少し時間がかかるので、今日は私が『Letter』に込めた想いを動画にまとめました。

              文字ではなく、声で想いをお伝えしたかったので、もし良かったら聴いてください。

              ペットロスカウンセラー川崎恵

              《ペットロスオンラインサロン》
              9月から毎週月曜日にZoomを通して
              オンラインサロンを始めます。
              詳細はこちらです。

              《ペットロス継続ケアセッション》
              ◇継続セッションの特徴
              ・毎日のメール相談
              ・1週間1度のzoom相談
              ・オンライン上でのグループ相談会
              ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
              詳細はこちらです。

              《ペットロス 電話相談のご案内》
              辛いときは、いつでもご相談下さいね。
              ご相談の詳細はこちらです。

              電話相談は当日予約も可能です。
              対面相談も行なっています。

              ========================================
              【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
              サービスメニューはコチラ
              ペットロス相談は下記フォームから
              お気軽にお問い合わせください。
              必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
              ========================================

                お問い合わせフォーム

                *は必須入力項目となります。
                お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                お名前 (*)

                メールアドレス (*)

                電話番号 (*)

                お問い合わせ内容 (*)

                メッセージ (*)

                 

                 

                ペットロス:19回目の命日に亡きペットから受け継いだ志を改めて胸に刻み直す

                ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                (詳しいプロフィールはこちらです)

                先日、リスのマロンの命日がありました。今年で19回目の命日です。来年で20回目。もう20年が経つなんて、なんだか不思議な気分です。

                マロンは、私が親元を離れて初めて一人暮らしをした時に迎えました。なぜ、リスを迎えたか···と言えば、子供の頃に観ていた世界名作劇場の主人公が肩にリスやおサルを乗せていたから。憧れていたんです、とっても。

                子供の頃に抱いた夢を随分と時間をかけて叶えたのですが、マロンとは本当に色々な体験をしました。

                横浜と京都を何度も新幹線で往復し、阪神大震災も二人で体験し、脱走事件を起こして換気口から救出したり、商店街の大通りで車を止めて救出したり···ホントに色々ありました。

                とっても可愛い子でした。
                本当に大切な子でした。

                でも、マロンと私の関係は、リスとママではありませんでした。友であったように思います。遠い昔、”再び逢おう!”と約束したような友。二人で過ごす時間が長かった為か、そんな風に思っています。

                あの子が私をペットロスにしてくれました。あの子が私にペットロスカウンセラーの必要性を教えてくれました。そして、あの子が私をペットロスカウンセラーの道に導いてくれました。

                命の灯火が消えてしまう恐怖も
                してあげられなかった後悔も
                骨壷を抱き続けるほどの喪失感も
                全部あの子が私に教えてくれました。

                マロンがいなかったら
                それらを知る由もなかったし
                今の私は存在していないでしょう。

                あの子が私にくれた志。しっかりと胸に刻んで、これからを生きていきたいと改めて思った19回目の命日でした。

                旅立った動物達は姿こそ見えませんが、でも、いまこの瞬間も私たちを常に導き、大きな愛で包んでくれているのでしょうね。受け取っていきたいですね、彼らの愛を🍀
                ペットロスカウンセラー川崎恵

                《ペットロス継続ケアセッション》
                ◇継続セッションの特徴
                ・毎日のメール相談
                ・1週間1度のzoom相談
                ・オンライン上でのグループ相談会
                ・世界でひとつのメモリアルフォルダー作り
                詳細はこちらです。

                《ペットロス 電話相談のご案内》
                辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                ご相談の詳細はこちらです。

                電話相談は当日予約も可能です。
                対面相談も行なっています。

                ========================================
                【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                サービスメニューはコチラ
                ペットロス相談は下記フォームから
                お気軽にお問い合わせください。
                必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                ========================================

                  お問い合わせフォーム

                  *は必須入力項目となります。
                  お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                  お名前 (*)

                  メールアドレス (*)

                  電話番号 (*)

                  お問い合わせ内容 (*)

                  メッセージ (*)

                   

                  ペットロス「愛する子への想いを言葉で表現できないもどかしさを感じた時はぜひ···」

                  ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                  (詳しいプロフィールはこちらです)

                  今、4ヶ月の「ペットロス継続ケアセッション」では週に1回Zoomにて直接お顔を見ながらのセッションをしています。その中でケビンとアンちゃんのママがこんな質問をしてくださいました。

                  『川崎さんは、ショコラちゃんのメモリアルフォルダーをどうして作ろうと思ったのですか?』と。

                  この質問は他の方にも何度となく聞かれてきたし、自分でもHPやブログで話している内容なのです。でも先日は何故か、この問いに対してとても言葉を探し、選び、セッション中ではありましたが、目の前に飾っているショコラの写真を眺めながら、まるでショコラに語りかけるように話している私がいました。

                  ショコラのメモリアルフォルダーをどうして作りたかったのか···そこにはたくさんの想いがあったんです。

                  例えば
                  あの子を感じたかった
                  生きる勇気が欲しかった
                  ショコラを私の手で抱きたかった

                  でもね、こんな綺麗な言葉では収まり切らない想いもあって、既製品もたくさん探したけど、キーホルダーに分骨とか考えられなかったし、私の全ての想いを込めて作りたかった···と、当時を思い返してポツポツと話しました。

                  本当にポツポツと···。
                  どんな言葉ならその当時の想いが表現できるか、ショコラへの想いを言葉にすることができるか、深く深く探すように話していました。

                  でも話しながら、とても感じたんです。私にとってショコラがどれほど掛け替えのない存在であるかを。強く感じたんです。不思議な感覚となる時間でした。

                  そして、Zoomの後、ママからこんなメールをもらいました。

                  『ショコラちゃんとの大切な絆について話して下さり、ありがとうございました。ショコラちゃんが川崎さんにとってどんな存在なのか、言葉が見つからない気持ちもとても伝わってきて、そういうことなんだと納得も出来ました。

                  私にとってケビンとアンちゃんも言葉では表せない絆があるのですが、このなんとも言えない表現しにくい感じを周囲に対してどう言ったら分かってもらえるんだろう、とずっと思っていました。

                  でも昨日のzoomの時に、どうしてショコラちゃんのメモリアルフォルダーを作ろうと思ったんですか?とお聞きしましたら、川崎さんはとても言葉を選ばれていましたよね。その様子を見ていましたら、そうか、ケビンとアンちゃんとの絆は言葉などで表現出来ないことがあると素直に納得出来たんです。話を聞けて本当に良かったです』と。

                  ホントそうなんです!

                  あの子達への想いって、どんな言葉を使っても陳腐に思えてしまうほど、大きな大きなもの。

                  ときに適切な言葉で表現できないことにもどかしさを感じてしまうこともあるけれど、でも、それはそれで良いんです。それだけ深い想いがあるのだから。

                  もし皆さんも「我が子への想いを言葉にできないな」と感じたら、それだけ「想いが深いんだ」と受けとめてみてください。そうすると、改めて彼らの愛をドーン!と感じることができたりします。ぜひやってみて下さいね。

                  やっぱり顔を見て話せるって、互いに気づきがあるなぁ···と改めて感じたセッションでした。
                  ペットロスカウンセラー川崎恵

                  《ペットロス 電話相談のご案内》
                  辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                  ご相談の詳細はこちらです。

                  電話相談は当日予約も可能です。
                  対面相談も行なっています。

                  ========================================
                  【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                  サービスメニューはコチラ
                  ペットロス相談は下記フォームから
                  お気軽にお問い合わせください。
                  必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                  ========================================

                    お問い合わせフォーム

                    *は必須入力項目となります。
                    お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                    お名前 (*)

                    メールアドレス (*)

                    電話番号 (*)

                    お問い合わせ内容 (*)

                    メッセージ (*)

                     

                    愛犬ショコラの命日:その時、私が感じたこと(悪夢は悪夢として)

                    ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
                    (詳しいプロフィールはこちらです)

                    だいぶ更新が空いてしまいました。
                    みなさん、コロナウィルスがなかなか終息せず、不安な想いに駆られることも多いかと思います。どうかご自愛くださいね。

                    昨日は愛犬ショコラの命日でした。暖かなメッセージをくださった皆さんにこころより感謝申し上げます。私や家族以外に、ショコラを想って下さる方がいらっしゃること、それも旅立って数年経つのになおメッセージを頂きましたことに感動しました。嬉しかったです。有難うございます。

                    ここ数日、ずっと思っていたのです。
                    今年は何回目の命日かな?と。

                    私、ショコラが旅立って何年が経過したか分からなくなっていました。この事実に少し驚いたのですが、でもまぁ、毎日ショコラと話しているから、あまり旅立ち感がないのかな···とも感じたんです。

                    そして、命日当日はと言えば···
                    いつも以上に胸にあるメモリアルフォルダーを握っている回数が多かったことと、よく喋っていました。ショコラと。経過年数は分からないけれど、「4月29日」という日は、忘れられない日として刻まれています。

                    寂しくないのか?と聞かれれば···
                    寂しくはないんです。
                    ショコラは共にあると思っているので。

                    ただ···
                    旅立った時刻となると、心は波立つものです。どれだけ時間が経過しても、4月29日のあの瞬間は悪夢以外ありません。悪夢は悪夢として残っています。

                    決して消えることはないでしょう。

                    でも、いいんです。
                    悪夢は悪夢で。

                    私はその「悪夢」を刻んで生きていこうと思います。愛する子が生き切った最後の瞬間だから。

                    私の体に
                    私の心に
                    刻まれているのだから
                    無理にどうこうせず
                    その悪夢と共に生きていこうと思うのです。

                    そうそう!
                    夜にお経を読もうと思ったんです。
                    そしたら「お経はいい」と言われました。
                    だよね···。
                    心が通じていれば、それでいいね。

                    うん。
                    繋がっていることを知っているのだから
                    それで十分。
                    これからも共に歩いていこう!と誓った4月29日でした。

                    ペットロスカウンセラー川崎恵

                    《ペットロス 電話相談のご案内》
                    辛いときは、いつでもご相談下さいね。
                    ご相談の詳細はこちらです。

                    電話相談は当日予約も可能です。
                    対面相談も行なっています。

                    ========================================
                    【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
                    サービスメニューはコチラ
                    ペットロス相談は下記フォームから
                    お気軽にお問い合わせください。
                    必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
                    ========================================

                      お問い合わせフォーム

                      *は必須入力項目となります。
                      お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

                      お名前 (*)

                      メールアドレス (*)

                      電話番号 (*)

                      お問い合わせ内容 (*)

                      メッセージ (*)