ペットロス「遺品整理」そんな言葉は使いたくない···と話してくれたパパのお話

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

4ヶ月前にスタートした「ペットロス継続ケアセッション」は、最後の1ヶ月を迎えています。メモリアルフォルダーを作る過程は全て終了しているので、ラスト1ヶ月は皆さん、いろんなことにプチ挑戦中です。

先日、猫のケビンとアンちゃんのパパがこんなお話をしてくれました。「あの子たちが使っていたものを少しだけ片付けはじめました」と。

でも···と前置きをして
『”遺品整理”という言葉は使いたくないんです。

僕は、こんな風に考えています。
「新しい生活への準備」と。

例えば、広い家から狭い家に引っ越しをする時、新しい家にはどの家具を持って行くか考えますね。2つある家具ならば、2つは入らないから1つ持っていこう···と「新しい生活への準備」として家具と向き合います。

あの子たちの品物も「新しい生活への準備」として向き合っています。正直、辛いです。涙もボロボロでました。でも、片付けることに罪悪感はないんです』と。

優しくて純粋で真っ直ぐでパパらしい向き合い方だなぁと思いました。

遺品整理···。
行動レベルでみたらそうなのかもしれないけれど、うん、やっぱり、そんな言葉は使いたくない。私もそう思う。

だから、パパが言われた「新しい生活への準備」って捉え方、私は好きだな···と思いました。

ゆっくりでいい。
ゆっくりで。

急がなくてはいけない理由なんて何もないんだから、パパのペースで、ゆっくりと、ケビンやアンちゃんと相談しながら、新しい生活への準備をしていって欲しいな···とパパの話を聴きながら思いました。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)