ペットロス体験談「愛猫になちゃんとねぇーちゃんの物語 心に受けた衝撃を思い出す」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

ペットロス体験談にになちゃんのねぇーちゃんからお声を寄せて頂きました。ご紹介させえて頂きますね。

『今日のブログにてご紹介されていた 、「ペットロスな日々:そんな日があっても大丈夫!」を拝読し涙が溢れてきました。

になちゃんの体調が一気に悪くなり、「誰でもいいから、になちゃんを助けて!お願い、誰か助けて!」と何度も何度も心底祈りました。

そして、あの日が来た時から時間が止まりました。になちゃんが亡くなった後、そんな私を見兼ねた、ご近所の方が「あなたみたいにならないように、うちは2匹飼ってるの。だから、あなたも次は2匹飼った方がいいよ」と言われました。

私は…
「じゃあ、あなたのネコちゃんでもよかったじゃない。どうしてうちのになちゃんが亡くならなければならなかったの?どうして、あなたのネコちゃんじゃないの?私には、になちゃんしかいないの。たったひとりのかけがえのない、うちの子なのにどうして?」と 憎しみでいっぱいになりました。

今でも、その方を見かける度に当時を思い出し、涙が出てわけのわからない感情が溢れてきます。それは、一周忌を終えても変わりません。』

実は私にも同じような経験があります。
大切に育てていたリスの命の時間が終わりを迎えようとしている時、やっとの思いで探した専門病院の医院長に「今度飼う時は、リスじゃなくて、犬か猫にしなさい」と言われました。

インターネットもない時代、必死に探して駆け付けた病院。気を抜いたら、自分の手から大切な子の命がこぼれ落ちてしまいそうで、怖くて、怖くて…。藁をもすがる思いで連れて行ったのに、リスを手に取ってもくれず、診察を終えられてしまいました。

私もあの言葉を一生忘れません。
あの時に受けた心の衝撃も忘れません。

でも…
私は、あの先生のお陰で「獣医さんは、動物の命は救っても人の心は救わない。ペットロスカウンセラーになろう」と決めました。

あの先生から受けた途轍もなく大きな衝撃が、私に「私の道」を教えてくれました。

そして、今では思うのです。
あの衝撃は最愛の子マロンが、あの先生を通して私に与えてくれたのかな?と。20年近く経って、いま思うのです。

になちゃんのねぇーちゃん。ご近所の方から受けた想いを今どうにかしようとしないで良いのですよ。

ただ…
止まった時を動かす力をもっているのはねぇーちゃんです。そして、ねぇーちゃんのそばでいつもになちゃんが応援してくれているでしょうね。になちゃんの応援を力に変えられるのはねぇーちゃんしかいないことを忘れないでいて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

*4月16 日22時「ペットロスカウンセラー川崎恵」LINELIVE配信
チャンネル設定と詳細はこちらです。

*我が子の旅立ち、あなたの想いをペットロス体験談にお寄せください。ペットロスカウンセラーの私からブログにてお返事させて頂きます。心の回復に是非ご利用ください。体験談フォームはこちらです。

*誰にも聞けないペットロスへの不安、疑問を気軽にTwitter質問箱にお寄せください。Twitter、ブログにてお返事致します。質問フォームはこちらです

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 ========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
匿名の電話相談はコチラ
サービスメニューはコチラ
上記以外について、下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)