ペットロス相談「義母が原因で愛猫が亡くなった。義母への憎しみ。葛藤が苦しい」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日は「ペットが旅立った原因を作った人が憎い!との想い」についてお話したいと思います。

先日のペットロス相談は「義理のお母様が許せない」との想いをお話下さいました。ご了解を得て、事前相談の一部をシェアさせて頂きます。

『愛猫が旅立ちました。義母のうっかりミスが原因です。義母には若干の痴呆があります。

愛猫の死を知った人から”残念だけど、仕方なかったよね”と言われることが多いです。わたしは”仕方がない???冗談じゃない!”と思います。無性に腹が立ちます。

最近は、義母の顔を見るたびに心の中で”死んでくれ!”と思います。こんなことを思っている私を旅立ったあの子は幻滅するかもしれませんが、どうにもなりません。

私は悔しいです。血のつながりもない義母のせいで、愛する子を失わなければならなかったことが悔しいです。そして、何よりも相手が義母だけに、露骨に憎しみを出せないことも悔しいです。悔しくて、苦しくてたまりません』

近しい方が原因で最愛の子が旅立った場合、怒りの向け先、怒りの表現の仕方に葛藤を覚え、大きなストレスを感じることが多いです。

今回のご相談者様も、声にこそ出せないけれど、心の中では四六時中”死んでくれ!”と叫んでいました。でも、叫べば叫ぶほどに「こんなことを考えている自分は最低だ!ダメだ!あの子が悲しむ。あの子に幻滅される」とご自身を罰していました。

でも、思うのです。
怒りを向けている相手が誰にしろ、まず、思いのままに怒らずには気持ちが静まらないと。

怒っちゃダメ!
怒っちゃダメ!

途轍もなく大きな怒りを押さえつけていては、余計にストレスがかかります。それは、物凄い負荷でご自身の気持ちをギューって押し込めているようなものですから。息もできない程に苦しくなるのはその為です。

そんな時は、「怒りを抱いているご自身」を認めてあげましょう。たとえ、”死んでくれ”と通常ならば考えもしない想いであっても、それを思わずにはいられない現実なのですから、まずは、そう思うご自身をヨシとしてあげましょう。

そんな風に思うのも自然だよね···と。

ご自身の想いを認めてあげることから全ては始まります。怒りも憎しみも、悔しさも、湧き上がる気持ちは全てご自身の大切な想いです。どうか「そう思うのも自然だよね」とまずは、ご自身の想いに寄り添ってあげて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《6月のペットロス分かち合い会  残席2名
日時
6月29日(土)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/otoiawase

なお、分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。空き状況は以下の通りです。

プライベート対面セッションの空き状況
①14時00分スタート
②16時15分スタート
③18時45分スタート

対面セッションの時間とお値段は以下の通りです。
90分    20,000円
120分 25,000円

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)