ウサギのちぃとかあちゃん・新しい形で2人一緒に歩いていく日々⑥

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

最愛のペット達が旅立った後「あまりに悲しくて、苦しくて、真っ暗闇のトンネルの中にひとり置き去りにされたように感じます」とお話し下さる方が多いです。

今日お話するウサギのちぃのかあちゃんもそうでした。初めてお会いした時、「出口の見えない真っ暗闇のトンネルにひとりいるようです」とお話し下さいました。

もし今···
皆さんが、真っ暗闇のトンネルの中にいると思われているのなら、少しだけ周囲を見渡してみませんか?

もしかしたら、真っ暗闇ではないかもしれないし、3日後、1週間後、1ヶ月後、亡き子と共にご自身の人生を歩くうちに見える景色は変わってくるかもしれません。

いえ···
きっと、変わると思うのです。
ただ、意識していないと見過ごしてしまうかもしれません。

ちぃのかあちゃんとのセッションでは、見過ごしがちな小さな変化を丁寧にケアしています。例えば「かあちゃん、今、トンネルの中はどんな状態ですか?」と伺うように。

小さな変化に気づくことはとても大切なことです。なぜなら、ご自身の変化が生きる勇気に繋がるからです。

今日は、ちぃのかあちゃんがセッション開始時「真っ暗闇のトンネルにいる」と言われていた状態が、今、どのように変化しているか、リアルな変化を見ていただきたいと思います。トンネルが変わっていること(心に変化が起きていること)をご理解いただけると思います。

以下は、かあちゃんとのメールセッションの一部です。かあちゃんが「トンネル」について語っている部分を抜粋しています。

1月13日
「出口が全く見えない真っ暗闇のトンネルの中にひとりいます。光が全く見えなくて、どう歩いて良いかも分からないです」

1月28日
「ちぃの姿が見えなくなってから、かあちゃんは長いトンネルの中を歩いているみたいです。ちっとも視野が開かなくて、心にかかった黒い霧も晴れません。頑張って歩いても、ちっとも出れなくて、疲れて、しんどくて下を向いてしまいます。

でも、ちぃもノエも、かあちゃんが下を向いた目線の先にいる子達です。ちぃは、先を走っては止まり、かあちゃんのことをじっと見つめて待っていてくれて、ノエはかあちゃんの歩みに付いてきてくれて···そしたら、どれくらい時間がかかるか分からないけれど、いつの間にかトンネルなんて抜けていて、あったかい場所を歩いているのかもしれませんね」

1月29日
「ちぃとノエと先生と、一緒にゆっくりゆっくり歩くトンネルなら、足元はきっと、硬い地面じゃなくて、柔らかない四つ葉のクローバーの道だと思います。クローバーはちぃとノエの足裏にも優しいし、お腹が空いたら食べられます。かあちゃんの涙もクローバーの養分になりますね」

2月8日
「ちぃと見上げるトンネルの天井は、今はコンクリートではなくなりました。コンクリートが透けて、星空が浮かんでいる気がします。深い紺色の空と無数の星です。月はありません。今はまだ夜で、星が綺麗で、とても静かです。ちぃが歯を小さく鳴らす音だけが伝わってきます。居心地は良いけれど少し寒いから、早くお日様が出ればいいなぁと思います」

2月18日
「今のトンネルの様子を思い浮かべてみました。道は真っ直ぐで、出口は見えません。足元はふかふかの土と、柔らかな四葉のクローバーが続いています

時々セーブポイントみたいに、すずらんとか、露草とか、小さなお花が咲いています。白とか青色で小さな、儚い感じのお花です。かあちゃんが好きなピンクや赤のガーベラは、まだ出現していません。

トンネルの天井はガラス張りで、外はやっぱり夜で一面の星空です。灯りが無くても、クローバーの葉に付いた雫だとか、すずらんや露草の小さな花たちが、間接照明みたいにほんわりと淡くて、優しい光を纏っていて、真っ暗ではないです。

かあちゃんは手に鬼灯を持っています。それもきっと提灯代わりなのだと思います。かあちゃんはちぃの玉と並んで、トンネルを歩いています。トンネルの中に柔らかく響くのは、きっと先生の歌だと思います。何でもないときは静かに優しく響いてくれて、かあちゃんが急に不安になって歩けなくなったりした時には、力強く奏でてくれる歌です。

かあちゃんのポケットの中には、ちぃが大好きなおやつが入っています。今は、ちぃとニコニコ笑い合いながら、静かなトンネルの中を歩くのが心地良いです。明るい場所に出るのは、まだ、かあちゃんが怖いと思っているのかも知れません。

ちぃは夜の星空の薄暗いトンネルの中だと、凄くはっきりと見えるので、明るい場所だと薄れてしまうんじゃないかと、心のどこかにまだ不安があるのだと思います。今はまだもう少し、ちぃとふたりきり、笑い合いながら、夜道をゆっくり歩いていたいです。

ノエ君は、かあちゃんとちぃが休憩してクローバーの上には座り込むと、かあちゃんの背負っているリュックから現れます。チビギャング君は、かあちゃんとちぃの周りをくるくる走り回ったり、葉っぱをもりもり食べたりして存分に遊ぶと、白い腹毛を見せてぐぅぐぅと眠ってしまいます。眠ったノエを抱き上げて、ふわふわのタオルが敷いてあるリュックの中に仕舞って、またちぃと歩き始めます。

今、トンネルの中は穏やかでほわほわとあったかいんです」

3月8日
「今のトンネルの中です。ちぃと歩いている時はリュックで寝ていたノエですが、今はリュックから顔を出して、かあちゃんの肩に手を置いて、耳を立ててキョロキョロするようになりました。

ちぃは元気です。
時々ベイマックス型になってみたり、ふわふわと宙に浮いてぽんぽんと空気を蹴りながら跳ねてみたり、とっても元気です。
病気だったことが嘘みたいで、かあちゃんは泣くほど嬉しいです。まるでかあちゃんのことを喜ばせよう、笑わせようとしてるみたいです。

透明のトンネルから透けて見える空はやっぱり星空で、きっとそれはいきなり晴れたりするものではないような気がするので、星空は星空で、かあちゃん家らしくていいかなと、思い始めました。先生がいつもお声がけくださるみたいに、焦らずに、ゆっくりと。

ちぃが笑わせようとしてくれる所為か、トンネルの壁のあちこちに花が咲くようになりました。今まで、ちぃに似合うと思って飾った色んなピンクのガーベラや、ちぃの魔法がかかったアネモネや、いろんな方からちぃの為にといただいたお花たちです。

ちぃとノエの体温で、かあちゃんはとってもあったかです。かあちゃんのポッケにはりんごが入っていて、休憩の時にちぃとノエとかあちゃんで分けて食べます。食べたあとはみんなで眠ります。かあちゃん家、ちゃんとトリオになれてるでしょうか…?」

3月11日
「ちぃの姿が見えなくなってから、かあちゃんは誰といても、ノエといても、どこかひとりぼっちで···でも、ちゃんと1人でも倒れないように真っ直ぐに立たなきゃ!って思っていました。

今、感じるのは、ちぃは姿が見えなくなってからずっと”かあちゃん、ちぃに寄りかかっていいよ”って言い続けてくれていたんじゃないかな?ということです。

トンネルがお花で明るくなってくると、ちぃが亡くなったときにどんなに暗くて冷たい場所に独りぼっちで居たのか、俯いて足元しか見えていなくて、たった一歩を進むにもどれだけ大変だったのか、分かります。」

これはリアルなかあちゃんの想いの変化です。変化の途中です。

よく継続セッション「メモリアルフォルダーセッション」の途中経過をブログでご紹介すると「この方達は特別な力があるのでしょうか?ものすごく賢いのでしょうか?平凡で何もできない私には無理なような気がします」とご連絡を下さる方がいらっしゃいます。

例えば、今までブログで紹介してきたおこげママ、チュンママ、そして、ちぃのかあちゃん、みんな、特別な能力なんてありません。

それぞれのママたちに「特別な能力ある?」と聞いたら、きっと笑って「ない!ない!」と答えるでしょう。

ないのです。
向き合うことに特別な能力などありません。

ただ、我が子をひたすらに愛して、我が子とこれからも共に歩きたい、我が子の志を胸に宿して生きていきたい!との想いで、必死に向き合われた結果があるだけだと思うのです。

みんな、一緒です。
だから「私にはできない」なんて思わなくて良いのですよ。

みんな、出来るのです。
諦めない気持ちがあったら大丈夫なのですよ。

もし良かったら、一緒に向き合いましょう。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《3月のペットロス分かち合い会 》
日時
3月29日(金)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)