ペットロス『獣医さん、ご家族、ご自身に対する”怒り”の対処法』

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

先日のペットロス分かち合い会Nikukyuカフェで「怒りをどのようにコントロールしたら良いですか?」とご質問を頂きました。

今日は「怒りへの向き合い方」についてお話したいと思います。

ペットロスの過程の中では「怒りの感情」が湧き上がることが多々あります。その矛先となるのは、獣医さんであったり、ご家族であったり、他の動物達であったり、ご自身であったり、様々です。

「怒り」とは、とてもエネルギーを使うので、疲弊感が半端なく大きいです。また、そんな感情を抱く自分自身に対しても罪悪感を覚え、とても後味の悪い感情です。

それゆえに「この怒りを何とかしたい!」と思うことが多いです。

今日は「怒りへの対処法」をお伝えします。
たった2つのステップを意識して頂くだけで、怒りを緩やかに鎮めることができます。

ステップ1 
怒っているご自身に気づくこと

ステップ2
そうだよね!と認めてあげること

「最近、ずっと怒ってイライラしている」と思った時、この2つのステップを試してみて下さいね。

では、補足でご説明します。
まず「怒っているご自身に気づく」ことについてお話しますね。例えば、怒りが爆発している時って、頭の先からつま先まで怒りに満ちていませんか?

この状態は、怒りとご自身が一体になっている状態です。言い方を変えれば、ご自身が怒りに覆われて、身動きが取れない状態。だから、まずこの状態に気づくことが大切なのです。怒りを客観的に捉えることがステップ1のゴールです。

次は、「客観視できた怒りにどう向き合うか」ということですが、これは「そうだよね!」と認めてあげることが大切です。

ご自身の心は物凄く怒っているのですから、それを無理に抑えようとしたら余計に怒りは強くなります。怒り狂います。

認めてあげることが大切なのです。
そうだよね···と。
怒るのも無理ないよね···と。

怒りは力づくで抑えるのではなく、想いを受け止め、認めることが大切なのです。

この2つのステップを丁寧に繰り返すことにより、怒りは段々とおさまります。どうかご自身の心に優しく寄り添ってあげて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)