ペットロス相談「近所のワンちゃんが亡くなり心が痛い。私に出来る事とは?」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

先日「ご近所のワンちゃんが亡くなり、心が痛い」とのご相談を頂きました。

「心が痛い」と感じたのは、ご自身も同じように最愛の存在を失った経験があり、きっと、そのワンちゃんを見送られたご家族の心の痛みが分かるからなのでしょう。

ご相談者様は言われました。
『私はあなたの家族じゃないけど、あなたのこと一生忘れないよ。今までかわいい姿を毎日見せてくれて、私たち家族に幸せをお裾分けしてくれて本当にありがとう・・・と心の中で伝えることしかできません』と。

私は、この言葉を伺い、「一生忘れないよ」と言ってもらえるワンちゃんは幸せだなと思いました。また、「一生忘れない」との言葉が出るほどの時間を過ごせたご相談者様もまた幸せだなと感じました。

ご相談者様は「私に出来ることは、心の中で”ありがとう”と伝えることだけ」と言われていました。でも、「感謝の想い」を伝える行為って、とても素敵だと思うのです。

ワンちゃんにもらっていた「幸せのおすそ分け」を自分の中だけに留めるのではなく「ありがとう」との感謝の想いで伝え返す。受け取った愛をちゃんと循環しています。これって、とても素敵なことです。

それに···
「ありがとう」と伝えている時、是非ご自身の心を意識してみてください。間違いなくホッコリと暖かな心持ちになっていると思います。「ありがとう」を伝える側も暖かな想いで満たされるんです。感謝の想いを伝えるって、まさに「愛」を贈ることなんだと実感できると思います。

また、ご相談者様には最後に、こんなこともお伝えしました。

『最愛のペット達を見送られた方は、途轍もなく大きな悲しみの中にいます。そのような時は、どんなに優しい言葉をかけられても受け止められないこともあります。でも、タイミングを見て、ご自身の想いを伝えられても良いかもしれません。

ワンちゃんのご家族は、自分の子が「誰かの心に幸せを届けていた」と知れたら、嬉しいと思うのです。誰かの心の中に自分の子が存在していると知れたら、嬉しいと思うのです。

「私は一生忘れません」と言ってもらえたら、嬉しいと思うのです。

もちろん、伝えるタイミングはお相手の様子を見なければなりません。

でももし、「ワンちゃんへの感謝をご家族にお伝えしたい」との想いがあるのなら、その想いを伝えてあげることも、今までワンちゃんに幸せをもらっていたあなただからできることなのかもしれませんね』と。

難しく考えすぎると言葉が出なくなることもあります。でも、言葉が出なくなることを恐れないで下さい。

相手を想っている姿というのは、言葉以上に伝わるものです。上手に話す必要なんて全くなくて、むしろ、想いを伝えようとしている姿に人は真実を感じるものです。

あなたの優しさをそのまま伝えてあげて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。

《12月分かち合い会詳細とお申込み方法》
日時
12月19日(水)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。
https://www.cher-ange.com/contact

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)