ペットロスカウンセラーお勧め!こころが落ち着く「怒り」の対処法3ステップ

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

ペットロスの過程で湧き上がる「怒り」の感情について昨日のブログで書きました。

「愛猫を亡くした気持ち・怒りも愛に変わることを体験したペットロス体験記」

「ペットロス相談・ペットを亡くしてから怒りがおさまらない自分が情けない」

ブログを読んで下さっている方から以下の質問を頂きました。

『私は愛犬を亡くしてから、無闇矢鱈と怒りを感じています。

こんな自分がホトホト嫌になります。
でも、どうにもなりません。

怒りを認めることが大切なのは分かりました。
だけど、認めても、怒りがおさまりません。
恵先生は、実際、ショコラちゃんが旅立った時、どのように怒りを対処してきましたか?』と。

今日は、私がショコラを亡くした時、「湧き上がる怒りにどう向き合ったか」お話ししたいと思います。

私は、次の3つのステップを大切にしていました。

ステップ1
怒りは抑えない。溜め込まない。

ステップ2
自分が何に怒りを感じているのか考える。
なぜ怒りを感じているのか考える。

ステップ3
どんな怒りであっても、怒る自分を認め続ける。

詳細に説明する、こんな感じです↓

「怒ってはいけない!」と怒りを抑えることは、怒りを溜めることになります。溜めた怒りは、いつかは爆発するでしょう。爆発をしては自分も周囲も痛みを伴います。なので、怒りは溜めないことが大切です。

でも、だからと言って、無闇矢鱈と怒っていたら、怒りはものすごいエネルギーを使うので、疲労困憊になってしまいます。

そもそも、怒り心頭の状態は、自分が「何に」怒りを感じているかすら分からなくなっています。これでは、解決どころか大切な自分のエネルギーを無駄に放出しているようなものです。

そこで!
私は必ず「何に怒っているのかな?なぜ怒っているのかな?」と考えるようしていました。頭を使って考えることで、少し冷静になれるのです。

怒りの対象と理由がわかったら
最後はこれです!

どんな怒りであっても「私はあの子を愛しているのだから、怒りを感じるのは仕方ないよね」とひたすら怒る自分を認め続ける。

ここがポイントです!


ひたすら認め続けること

怒りは、大きなエネルギーです。一度、このステップを行っても再び怒りは湧き上がります。だからくじけないことが大切です。

怒りが湧き上がるたびに認め続けてあげて下さいね。

あの子を愛しているから、怒りを感じるのは仕方ないよね···と

すると段々と怒りの感情は収まります。
そして、どんな怒りが湧き上がっても「愛しているから仕方ないよね」と怒る自分を認められるようになります。

不思議な話ですが、怒る自分を認められるようになると、怒りのエネルギーは落ち着きます。

忍耐力が必要に思われるかもしれませんが、この方法は、亡き子への愛も強く感じるし、自らに優しく寄り添う方法でもあります。

とてもお勧めです。
「怒り」の火種を見つけた時に試してみて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《8月の分かち合い会のご案内 残席2名様》

日時
8月29日(水)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/contact

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 ========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
匿名の電話相談はコチラ
サービスメニューはコチラ
上記以外について、下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)