ペットロス「ペットが亡くなり四十九日に悲しみと苦しみが増す理由」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日は、四十九日を迎える方に向けてブログを書きたいと思います。

最愛の子が旅立って、四十九日を迎える頃、個人差はありますが「この頃が一番苦しい」とお話し下さる方が多いです。

私自身の経験を振り返ってみても、やはり四十九日はとても苦しかったです。

では、どうして四十九日に苦しみが増すのか、その大きな理由をいくつかご紹介したいと思います。

理由1
「夢じゃないんだ」と頭が理解できるようになるからです。旅立ったばかりの頃は、現実のこととしても認識することができません。しかし、1ヶ月を過ぎた頃から「夢じゃないんだ。現実なんだ」と頭で理解できるようになるからこそ、逃げることができない現実が目の前に迫り、苦しみが増します。

理由2
頭の理解に心の理解が追いつかないからです。
頭では理解できるようになりますが、心は必死に抵抗している時期です。頭では「もう亡くなったんだ。受け止めなくては···」と諦めに近い心境になる一方、心は「亡くなったなんて認めたくない」と抵抗します。頭と心にギャップが生まれ、苦しみが増します。

理由3
「亡き者の魂は四十九日に浄土に旅立つ」との仏教の教えに少なからず影響を受けるからです。四十九日までは、目には見えないけれど、身近に存在していてくれる。でも、四十九日を過ぎると浄土に旅立ち、永遠に手の届かない場所に行ってしまう。その悲しみが、苦しみを大きくします。

理由4
周囲の方の反応に変化が表れ、拠り所を失くすからです。
旅立った直後は「大丈夫?」と気遣ってくれていた人からも「あの子の為にも、そろそろ元気になりなさい」との言葉をかけられるようになります。「まだまだ悲しくて、辛い!」と素直な想いを話せる人がいなくなる孤独感、孤立感により苦しみが増します。

理由は、おひとりおひとり違いますが、それでも、何も分からずに苦しみが増すと「ペットロスが悪化したのでは」と不安になります。

理由がわからず悲しみが増すことほど、恐ろしいものはありません。理由が分かることで、心に少しのゆとりが生まれます。

ペットロスは究極の悲しみだからこそ、少しでも心にゆとりを持つことが大切です。

『四十九日には悲しみが増す』
どうか心の引き出しにしまっておいて下さいね。

辛い時は、おひとりで抱え込まずに、いつでも声をかけてください。ゆっくりとお話ししましょう。

明日は「四十九日を迎えるあなたへ・亡きペットが喜ぶ供養法」についてお話ししますね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

≪8月の分かち合い会のご案内≫

日時
8月29日(水)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。
https://www.cher-ange.com/contact

何かご不明なことがありましたら
遠慮なく問い合わせて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

*8月6日22時「ペットロスカウンセラー川崎恵」LINELIVE配信
チャンネル設定と詳細はこちらです。

*我が子の旅立ち、あなたの想いをペットロス体験談にお寄せください。
ペットロスカウンセラーの私からブログにてお返事させて頂きます。心の回復に是非ご利用ください。体験談フォームはこちらです。

*誰にも聞けないペットロスへの不安、疑問を気軽にTwitter質問箱にお寄せください。Twitter、ブログにてお返事致します。質問フォームはこちらです

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 ========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
匿名の電話相談はコチラ
サービスメニューはコチラ
上記以外について、下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)