ペットロスTwitter質問箱「愛猫が亡くなり、辛く辛くどうしようもできない。助けてください」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

Twitter質問箱に以下のご質問を頂きました。

『昨日の夜11時半頃、飼っていた猫6歳が亡くなりました。老衰です。

だいぶ前から元気はなかったのですが、昨日は弱々しく私の昼寝の横に来て寝ていました。その後、私は仕事のため出かけたのですが、夜帰った主人が最後を看取ったようです。

私は間に合いませんでした。
弱っていく我が息子を見ながら何も出来ず、好きだった餌を与えることしかできませんでした。

亡くなってから、ずっとそばにいて一睡もできません。 眠りたくないのです。どこか、ひょっこり目を覚まして歩き出すのではと期待してるのかもしれません。

主人は朝早く仕事に行くため寝ていて話せません。 ですので、このような掲示板に書き込むことで気を紛らわしています。もう私も寝なくては行けないのですが、辛く辛くどうしようもできないのです。助けてください。』

Twitter質問箱をご利用下さり有難うございます。

きっと、今にも目を覚まして歩き出しそうな程に穏やかなお顔で眠っているのでしょうね。

愛する子は目の前にいるのに、起き上がってくれなくて、可愛い声で泣いてくれなくて、辛くて、苦しくてたまらなくなりますね。

お見送りの準備はできましたか?

私自身の経験でもそうですが、最期のお見送りで後悔が残ってしまうのは苦しいものです。後悔のないお見送りをしてあげてくださいね。

また、納骨のタイミングですが、どうか焦らないでくださいね。火葬してすぐに納骨すると、「生きた証が残っていないようで苦しい」と言われる方が多いです。ご自身の心が「もう大丈夫!」と感じたときに納骨して良いのですよ。

最愛の子が旅立った後のペットロスで、重たいペットロスにならないために大切なことは、「安心して悲しむ」ということです。

「安心して悲しむ」とは、まず第一に「悲しんでいいんだ」と悲しむことをご自身に許可してあげること。

そして、もう一つは、ペットロスの過程がどのようなものであるか知ることです。心と体にどんな影響が出るか知ることです。

道を歩くことをイメージしたら分かりやすいかもしれません。暗闇の中を歩くとき、事前にある程度の情報がある人と、ない人では、恐怖に雲泥の差が生まれます。また、ゴールに到着するまでの時間も異なってくるはずです。それと同じです。

詳細に見れば誰ひとりとして同じではないペットロスでも、大きな枠組みで捉えることは、とても重要です。それは、何よりも安心感を持つことができるからです。

ご自身に安心感を与えるため、苦しみを少しでも軽くするため、ひとりで悩まずにいつでもご相談ください。毎日深夜2時まで電話相談を受けています。

ペットロス相談の体験談はこちらです。
ペットロス相談の申し込みはこちらです。

ペットロスカウンセラー川崎恵

*ペットロス分かち合い会Nikukyuカフェ5月29日開催(残席2名様)

お申し込みと詳細はこちらです。
ご不安なことはページ下の問い合わせより遠慮なくご質問下さい。

*5月28日22時「ペットロスカウンセラー川崎恵」LINELIVE配信
チャンネル設定と詳細はこちらです。

*我が子の旅立ち、あなたの想いをペットロス体験談にお寄せください。
ペットロスカウンセラーの私からブログにてお返事させて頂きます。心の回復に是非ご利用ください。体験談フォームはこちらです。

*誰にも聞けないペットロスへの不安、疑問を気軽にTwitter質問箱にお寄せください。Twitter、ブログにてお返事致します。質問フォームはこちらです

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 ========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
匿名の電話相談はコチラ
サービスメニューはコチラ
上記以外について、下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)