ペットロスをいつもと違った角度から考えることが出来る本をご紹介

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

今日は、読んでいる本の一節がとても素敵でしたので、ご紹介をしたいと思います。

アメリカの精神科医エリザベス・キューブラー・ロスが書いた『天使のおともだち』という本です。

可愛いタイトルですね。
このタイトルに惹かれました♪

この本には、「ピーター」という名の男の子と「スージー」という名の女の子、そして2人の天使が登場します。

天使は、ピーターとスージーに言いました。
『こちらの世界に愛と平和が満ちていることを忘れないでね。他の人のことを悪く言ったり、決めつけたりしたらダメよ。誰もが皆、その人なりに勉強し、成長している途中なのだから』と。

目の前で起こっている全てに私たちは勉強している。そして、私たちは成長の途中にあるのだと天使は言っています。

勉強かぁ・・・。

今、最愛の我が子が旅立ち、ペットロスの過程にいる時、この現実を勉強と捉えることはできるかな・・・

勉強なんてしたくない。
成長なんてしないでいい。
そんなことどうでも良いから、「あの子に傍にいて欲しい!」「あの子に会いたい!」と望むのではないかな?

それが最愛の子を見送った方の正直な気持ちだと思うのです。ペットロスが勉強であり、自身の成長の過程とは受け取れないと思うのです。

それで良いのです。
今、受け取れなくていいのです。
でも、どうか心の引き出しにしまっておいて下さい。

全ての過程が学びであるということを。
ペットロスも例外ではなく。

むしろ、我が子だからこそ、痛いくらいに心に響き、教えられていることがあると思うのです。あの子達が命をかけて教えてくれたことがあると思うのです。

それは何かな?と紐解いた時、彼らからの贈り物に気づけるはずです。

そして、彼らからの贈り物に気づけた時、この世界はどんな時でも愛と平和に満ちている・・・と思えるのかもしれませんね。

あの子達は、どんな時も無償の愛を与えてくれる存在。改めて感じた本でした。

ペットロスカウンセラー川崎恵

*6月29日「ペットロス分かち合い会」開催
詳細と申し込みはこちらです

*6月11日22時「ペットロスカウンセラー川崎恵」LINELIVE配信
チャンネル設定と詳細はこちらです。

*我が子の旅立ち、あなたの想いをペットロス体験談にお寄せください。
ペットロスカウンセラーの私からブログにてお返事させて頂きます。心の回復に是非ご利用ください。体験談フォームはこちらです。

*誰にも聞けないペットロスへの不安、疑問を気軽にTwitter質問箱にお寄せください。Twitter、ブログにてお返事致します。質問フォームはこちらです

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 ========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
匿名の電話相談はコチラ
サービスメニューはコチラ
上記以外について、下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)