ペットロス「何もしてあげられなかった」とご自身を責める時に読んでほしい

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

先日の「ぺットロス分かち合い会N ikukyuカフェ」で愛猫サブちゃんのママがこんなお話をして下さいました。

『サブを介護している時、死神の足音が常に聞こえているようで苦しかったです。でも、サブを見送り、時間が経過したあとに思いました。

あの時期は本当に苦しかったけれど、でも、サブも苦しかったはずです。ならば、二人で苦しみを分かち合えたのかもしれない。サブが分かち合わせてくれたのかもしれない』と。

ペット達を介護する時、「これは彼らへの恩返し」と思いながらも、やっぱり苦しくなりますね。愛していますものね。決して別れたくない存在ですものね。だからこそ、気を抜いたら大切な子の命が手からこぼれ落ちそうで、怖くて、たまらなくなりますね。

でも、サブママの話を聞き、本当にそうだな···と思いました。今まで楽しい時間も幸せの時間も分かち合ったように、「看取り」という苦しい時間も分かち合った。その時間を彼らはくれた。

はんぶんこ。
はんぶんこしあったのかもしれませんね。

はんぶんこしあったから
見送る私たちも苦しいけれど
でも、旅立つ彼らの苦しみは半分になった。

最愛の子が旅立ったとき「私はあの子に何もしてあげられなかった」とご自身を責めてしまいがちですが、でも、ちゃんとしてあげられていたのです。無力ではなかったのです。

だって···
気持ちをはんぶんこしたのですから。
それは皆さんだからこそ出来たこと。

ひとりと1匹が出会い、人生を歩く。
楽しいこともはんぶんこ
嬉しいこともはんぶんこ
悲しいこともはんぶんこ
苦しいこともはんぶんこ

たとえ、どんな最期であったとしても、はんぶんこしあえた人生は、幸せなんじゃないかな···そんな風に思うのです。

皆さんは、どう思われますか?

ペットロスカウンセラー川崎恵

《3月のペットロス分かち合い会 》
日時
3月29日(金)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)