ペットロス質問箱「亡き子のいる場所・天国か家か?相反する想いに悩む」

ペットロスカウンセラーの川崎恵です。
(詳しいプロフィールはこちらです)

Twitter質問箱にご質問を頂きました。

『こんにちは。
2/8に約18年連れ添った愛猫を亡くしました。

亡くなる直前や火葬の時に何度も「天国に行ったら(既に亡くなっている)おばあちゃんに可愛がってもらうんだよ」、そっちに行けばもう身体も楽になって美味しいものをいっぱい食べて沢山遊べるよ」と話しかけていました。

その気持ちに嘘や誤魔化しはありません。 ですが、実際にいなくなってしまうと、家の中にまだいるんじゃないかと思ってしまい、写真に向かって話しかけたりお骨の入ったお守りに日向ぼっこをさせてしまいます。

天国で幸せに暮らしてほしいという思いと大好きなお家でいつも通り日向ぼっこを楽しんで欲しい気持ちが同じくらいあって、この矛盾した気持ちをどうしたらいちのか分かりません。

相反する2つの気持ちは持ち続けてもいいのでしょうか?それともお家にいるか天国にいるか、自分の中ではっきりさせたほうがいいのでしょうか?』

Twitter質問箱をご利用下さり有難うございます。

旅立った愛猫ちゃんに対しての想い。
「天国で幸せに暮らしてほしい」との想いと「大好きなお家にいつまでもいて欲しい」との想い。この相反する想いを持ち続けて良いのか、それとも、どちらかはっきり決めた方が良いか?とのとご質問ですが···

天国かお家か、二者択一のように、無理にどちらかに決める必要はないと思うのです。

あの子達は、神様からもらった命の時間を存分に生き切り、いま自由で軽やかな存在になりました。

天国とお家を自由に行き来しているかもしれません。もしかしたら、天国はご相談者様の心の中にあるのかもしれません。

「天国でもお家でも、あなたの好きなところにいてね!」と亡き子に託しても良いのかもしれませんね。

どこにいても、亡き子達は大好きなママを見守ってくれていると私は思います。

ただ、そうは言っても、「天国か家か、はっきりと決めた方が良いのかも」と思われている根本に、ご自身が亡き子の所在を定めないことで成仏を妨げてしまうのではないか···との不安があるのでしょうか?

直接、お話してはいないので、どのような深い想いを持たれているか分からないのですが、でも、何か不安がある時は、上部だけで納得せずに、心の声に耳を傾けてあげて下さいね。

ペットロスカウンセラー川崎恵

《2月のペットロス分かち合い会 残席4名様
日時
2月27日(水)11:30~13:30

会場
東京駅 徒歩1分
新丸ビル 4階
『アフタヌーンティー・ティールーム』

会費
5,000円

申込方法
下記のアドレスにお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。こちらから詳細をご連絡させて頂きます。

分かち合い会後に「出会いの意味を知るセッション」または「亡き子の想いに触れるカードセッション」をご希望の方は、併せてお教え下さい。

お申し込み先
https://www.cher-ange.com/otoiawase

《ペットロス 電話相談のご案内》
辛いときは、いつでもご相談下さいね。
ご相談の詳細はこちらです。

電話相談は当日予約も可能です。
対面相談も行なっています。

========================================
【ペットロス相談のお問い合わせ・お申込み】
サービスメニューはコチラ
ペットロス相談は下記フォームから
お気軽にお問い合わせください。
必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。
========================================

お問い合わせフォーム

*は必須入力項目となります。
お手数ですが各項目に入力をお願いいたします。

お名前 (*)

メールアドレス (*)

電話番号 (*)

お問い合わせ内容 (*)

メッセージ (*)